浦和のい壁
崩壊の歴史?

■浦和レッズのセンターバック変遷■

【前口上】
唐突ですが、レッズサポーターの皆さん!
率直に言って、ウチって、センターバック足りてると思いますか? 育成にせよ移籍にせよ、ちゃんとそのポジションが補強できていると思いますか? ソコんところが私はどうにも気に入らないんで、ちょっと記憶をひも解いてみました・・・。
森GMかく語りきと合わせてどうぞ。

崩壊の萌芽 1996年

話は1996年に溯る。

当時の浦和は、元ドイツ代表のギド・ブッフバルト、元フランス代表のバジール・ボリ、そして田口禎則の3バックが、Jリーグ随一の『赤い壁』を形成していた。ドイツ人監督オジェックによるシンプルなディシプリンをベースにした強固な守備と高速カウンターは、浦和の代名詞だった。浦和が、優勝が手に届きそうなところにまで到達していた時期だ。

しかしながら、30歳を越えたこの3人のディフェンダーは、年齢による衰えと故障で、常に万全というわけではなかった。層が厚いとは言えない陣容で、場合によってはサイドバックの山田暢久をストッパーに、守備的MFの広瀬治をリベロに起用する事もあった程だ。
さらに、ブッフバルトは96年シーズンいっぱいで浦和を去る事が既定事実になっており、今思うと、レギュラー格に続くセンターバックの獲得・育成が急務となっていたのが実状だったと思われる。

主なセンターバック出場選手
※出場時間は公式出場記録からの手元集計です。リーグ戦・ナビスコ・天皇杯を含みます。『実際にセンターバックのポジションだったかどうか』ではありません。あくまでも目安って事で。

96年(総試合時間4,493分)
ブッフバルト3,637分
田口3,303分
ボリ2,840分
西野115分
池田太0分
広瀬(※MFとしての出場含む)3,370分


なんちゃって世代交代 1997年

ブッフバルトが一転、浦和残留を決めて臨んだ97年シーズン、センターバックのポジションには一挙3人のルーキーを獲得した。日大の渡辺敦夫、向上高校の三本菅崇、西武台高校の田畑昭宏である。センターバックは総勢7名体制となり、数は確保した。ルーキーの3人のうち、一人でも目処が立てば、97年シーズンを乗り切る事は可能に思われた。

しかし、前年から抱える問題は、根本的には解決されていない。2人の高校生は、少なくとも即レギュラー級というわけにはいかない。試合経験を積めば数年後に主力になり得るが、レギュラーポジションを奪い取って試合出場を果たすには、ブッフバルトとボリは、あまりにも大きな存在であった。
それでも、田畑には大きなチャンスが巡ってきた。田口の故障を契機に、西野を押しのけて開幕戦に先発出場し、レギュラーの一角に食い込んだのだ。しかしその田畑は、存在がクローズアップされてきた途端に故障。ボリも膝の故障で出場機会が減っていった。そして、新監督ケッペルが用いた浦和の新しいフォーメーションであるゾーンの3バックやラインの4バックの元では、ブッフバルトのスピードの衰えは明らかだった。

このような状況下で、フロントはアルフレッド・ネイハイスを獲得。結局、この年の浦和は、ブッフバルトを1列前に上げ、西野・田畑・ネイハイスの陣容で中央を固める事が多かった。ブッフバルトの後継に田畑。ボリに代わりネイハイス。質量とも帳尻があった97年シーズンは、世代交代がうまくいったように見えたが、この体制は長続きしない。新人の渡辺と三本菅は、ベンチ入りの機会すら与えられず、シーズン最終盤の天皇杯でセンターバックを勤めていたのは守備のユーティリティ・土橋だったように記憶している。

97年(総試合時間3,865分)
ブッフバルト(※MFとしての出場含む)3,452分
西野2,618分
田畑(※新加入)2,187分
ネイハイス(※シーズン途中に加入)1,831分
ボリ(※シーズン途中に帰国)1,025分
田口0分
渡辺(※新加入)0分
三本菅(※新加入)0分


好結果 そして思い違い 1998年

ブッフバルトとボリが去った98年シーズンに浦和に加わったのは、亜細亜大の小島徹。原監督が取った布陣は4バック。定員2名のセンターバックには、前年のレギュラー格3人に、実戦から遠ざかっているベテランの田口と、トップでの出場経験のない渡辺・三本菅、ルーキーの小島という構成である。減ったポジションに、数の上では前年同の7名。人員がだぶついていると言っても過言ではない陣容かもしれない。

センターバックのポジションにはネイハイスと田畑のコンビが起用され、田畑が故障すると西野にチェンジ。2年目の渡辺は、センターバックよりもサイドの交代要員として投入される事が多かった。
シーズン途中には、センターバックの柱だったネイハイスが帰国し、代わってイタリア人のジュゼッペ・ザッペッラが加入。実力が疑問視されていたザッペッラだが、2ndステージは西野とのコンビで守備の安定に貢献。シーズン終盤には田畑が復帰し、三本菅がベンチ入りする機会も増えた。この年だけに限れば、世代交代の面からも、残した結果も、何も問題はなかったのだ。

この年の好成績は、このメンバーのポテンシャルから想像し得る最高の結果であった。悪くなる事はあっても、これ以上良くなる事はない。そんな事は、誰も想いもしなかった。移籍市場に出回っていた数人のセンターバックを、浦和は獲ろうとすらしなかった。
その代償は、翌99年シーズンに払わされる事になる。

98年(総試合時間3,819分)
西野3,219分
ザッペッラ(※シーズン途中に加入)2,148分
ネイハイス(※シーズン途中に帰国)1,419分
渡辺570分
田畑351分
田口27分
三本菅0分
小島(※新加入)0分


音を立てて崩落 1999年

この年の新加入は清水商の池田学。田口が引退し、遂に『赤い壁』のメンバーはいなくなった。
チームは前年通りの4バックで、西野・田畑・ザッペッラの主力級に、渡辺・三本菅・小島・池田。しかし、田畑は故障で1年を棒に振る事になり、計算できるセンターバックは、前年のレギュラーである西野・ザッペッラの2枚だけ。96年に比べると、いかにも小粒な印象である。
嬉しい誤算は、開幕から飛び出した池田の存在である。97年の田畑と同じように、この年の池田は西野をベンチに追いやり開幕先発の座を勝ち取っている。逆の見方をすれば、浦和のレギュラーセンターバックは、高卒ルーキーにその座を奪われるようなレベルである、という事なのかもしれない。

しかし、池田もまた故障がちだった。ザッペッラは信じられないファウルを頻発した。西野も故障し、シーズン後半はベンチ入りすら果たせなかった。98年後半には全てがうまく回っていたが、この年は全てが悪循環だった。控え陣の奮起が望まれたが、渡辺は依然としてサブの域を出ず、三本菅と小島は話題にも上らなかった。そして、気が付くと守備は完全に崩壊していた。

1stステージの不振に、チームはディフェンダーを大量補強した。まず、守備的なポジションならどこでもできる中村忠と、左サイドバックの路木龍次をレンタルで獲得。急遽就任したア・デモスは、守備的MFをディフェンスラインに紛れ込ませる変則的な守備システムの中核に中村を指名し、路木を最初は左サイドで、次いで池田に代わって中央に起用した。さらに、雑なプレーが目立つようになったザッペッラを(契約延長直後に!)解雇し、元ウルグアイ代表のフェルナンド・ピクンを呼ぶ。レギュラーはレンタル移籍組が占め、守備は立て直しが図られたものの、結局チームはJ2に降格する事となる。

開幕前の目論見が、あまりにも甘すぎた。

99年(総試合時間3,463分)
路木(※シーズン途中に加入)1,939分
池田(※新加入)1,939分
ザッペッラ(※シーズン途中に帰国)1,889分
中村(※シーズン途中に加入)1,815分
西野826分
渡辺373分
ピクン(※シーズン途中に加入)344分
田畑0分
三本菅0分
小島0分


メンバー<戦術レス 2000年

ポスト・ブッフバルトを期待されながら、3年間でトップに定着できなかった渡辺と三本菅を解雇。中村は移籍で去った。その一方で、路木とピクンが完全移籍で残留。さらにチャンピオンシップに出場した実績もある室井市衛が鹿島から加入し、西野・池田と合わせて計算できるセンターバックが5人。それに田畑と小島。前年と同じ7人体制だが、日程のきついJ2で戦う事を考えても、久しぶりに質量ともに充分という感覚を持てたのが00年シーズンの開幕前だった。実際、筆者も『J1でもトップレベルの陣容』と思った。

しかし、やはりその考えは甘かった。池田は故障で早々に離脱し、1年を棒に振った。田畑も相変わらずギプスとお友達の毎日。
状態が悪くなっていく一方の大原グラウンド、荒れたJ2のピッチ、フィジカルコーチの不在・・・要因はいくつも考えられるが、路木・ピクン・西野・室井は、いつも誰かが怪我をしていた。
そして、それ以前に決め事のない守備は、またも崩壊した。デコボコのなんちゃってライン4はスカスカ。ピンチにはラインを下げるだけで、ドリブル突破には滅法弱かった。

シーズン終盤には監督が交替し、97年以来の3バックが採用された。こういった状況で抜擢のチャンスが巡ってきた大卒3年目の小島は、練習試合でのコーチングミスで出場機会を逃し、天皇杯1回戦での公式戦初出場を最後に川崎にレンタル移籍。田畑は天皇杯にようやく間に合ったが、池田は出場機会ゼロ。チームは幸運にもJ1復帰を勝ち取ったが、降格した99年とこの00年は、将来に向けた新しい戦力を獲得せず、過去に採用した選手の駄目出しをしただけのようなシーズンだった。

00年(総試合時間4,315分)
西野2,898分
室井(※新加入)2,515分
ピクン2,561分
路木1,195分
田畑90分
小島90分
池田0分


気が付けば誰もいない 2001年

ピクンが去り、前年のレギュラー格は西野・室井・路木。ブランクのある池田と田畑。ここに日本代表最多キャップの井原正巳が磐田から加わり、チッタ監督の元で4バックに対し6名体制でスタートしたのが01年シーズン。
開幕からしばらくは西野と井原のセットで、故障や出場停止の際には池田もしくは路木が加わるというのが基本的な布陣だった。カバーリング系の選手が多く、誰が出ても後ずさりする最終ラインは前年と基本的に同じ性格を持っていた。コミュニケーション重視という理由で、日本人選手のみでディフェンスラインを組んだが、ゴールキーパーとの連携も最悪に近いものだった。

最初に監督の構想から外れたのが、浦和での選手生活の大半を骨折とリハビリに明け暮れながら、数年ぶりに故障なしで開幕を迎えた田畑。恐くて使えないという理由で市原にレンタル移籍で出され早速レギュラーを獲得。市原の大躍進に大いに貢献した。室井もC大阪に放出。彼もまた移籍先でレギュラーを確保した。飼い殺しにするよりはマシかもしれないが、戦力として通用する選手を二人放出してしまった事は、シーズン終盤に大きな問題となる。

二人を放出した(そしてまたセンターバックの補強を訴え続けていたとも言われている)当の本人がシーズン途中で職場放棄。代わったピッタ監督は明確な3バックにシフト。西野・井原・池田・路木に、ストッパーに完全にコンバートされた石井を加えた5人で最終ラインを回す事となった。ちなみに広島からレンタルで獲得した川島眞也は1分たりともトップの試合に出場せず、シーズン終了後に広島に戻っている。
そこから西野が骨折。慣れないポジションで時折ミスも見せた石井が、それでもリーグ戦・ナビスコとも完全出場と獅子奮迅の働きを見せたが、天皇杯には離脱。その天皇杯で池田が故障すると、遂に本職のプレイヤーでは3バックが組めなくなり、準々決勝では守備的MFの河合を起用するという苦肉の策。そうして01年シーズンは幕を閉じた。

01年(総試合時間3,811分)
石井3,451分
井原(※新加入)3,351分
路木1,781分
池田1,516分
西野1,164分
室井(※シーズン途中に移籍)91分
田畑(※シーズン途中に移籍)0分
川島(※シーズン途中に加入)0分


浦和センターバックの変遷 【2002年は?】

97年以降のセンターバックの補強状況をまとめたのが右の表である。なんの事はない。新人でモノになっているのは池田ただ一人である。降格の危機に瀕した99年途中からは、移籍による即戦力補強に切り替えている様子がみてとれる。

さてさて今年の話である。

地味に貢献しながらも目立つチョンボでサポーターの信頼を勝ち取れなかった西野が遂に引退。小島・田畑のレンタル勢は浦和を完全に離れ、室井は浦和復帰かどうかが判明していない(1/3現在)。
残ったのは、恐らくは02年シーズンが最後になるであろう井原と故障がちな池田に、『俺はやっぱりサイドの選手』を自認する路木。石井は上背とマンマークの甘さの点で本職ではあり得ず、練習では後ろを守る事の多い河合も実戦経験は皆無に等しい。守備的なポジションのユーティリティである土橋は、所詮はユーティリティ以上ではなく、山田は3バックでのストッパー経験はそこそこ、リベロは数えるほど。内舘は4バックの真ん中を緊急避難的にやった事がある程度・・・。他に誰かいましたっけ? 城定のコンバートですか?

・・・という惨澹たる状況の02年シーズンに向けてフロントが打った補強策は、実戦に即投入できるかどうかは未知数の、筑波大の平井と福岡大の坪井という二人の新人。大卒新人の獲得自体は別に悪くないし、二人とも過去のユニバ代表級(例えば小島)と比べると抜きんでた存在、という評価もあるようだ。自前で育てるという方針に戻ったという事が言えるのかもしれない。
問題は、このメンツで1年間をどう戦い抜くか、である。
W杯中断までは現有戦力で戦うらしいが、4バックと仮定すると、井原・池田・路木に加えて少なくとも平井・坪井のうちのどちらか一人が即戦力として使えないと話にならない。再びチッタのように『センターバックの補強をフロントに申し入れたが聞き入れてもらえず・・・』となる可能性は本当に皆無なのだろうか?

本当に?

絶対に?

嘘付いたら針千本飲ますよ森さん?

ホームに戻る