Private fishing 2007

Fishing Diary.....

  Day Title Get Field Hit Lure
2007/4/8 渡良瀬川(マス釣り) 1 渡良瀬川 スプーン
2007/4/11 牛久で初バス 0 牛久沼
2007/4/21 丸沼釣行(マス釣り) 5 丸沼 スプーン
2007/5/4 フローターで春バス 4 小野川 センコー・ノーシンカー
         
計10

1998年の釣行紀 | 1999年の釣行紀 | 2000年の釣行記 | 2001年の釣行記  

2002年の釣行記 | 2003年の釣行記2004年の釣行記 | 2005年の釣行記

【対決コーナー】にジャンプした場合はブラウザの戻るボタンでこのページに戻ります。

 

2007/5/4 小野川で春バス!

GW前半、家族サービスに大活躍だった俺。後半は1日暇をもらい、大手を振ってバス釣りに出かけることにした。
大好きな小野川で春のフローターを目一杯楽しみました!

スタイル スリムセンコーでの葦打ち(フローター)
時間 7:00〜13:30
釣果 4匹(47cm、35cm、43cm、25cm)

毎年、GW期間というのはアフタースポーン、もしくは田植えの農薬の影響で渋い場合が多いので避けていた。
が、ここ最近は家庭の事情から、時期を選ぶなんて贅沢なことは言ってられない。
暇があればすぐ釣り、隙あらば”小野川”である。

今回は釣り友のT氏の新フローターの進水式も兼ねている。RF-72Vで俺と同じV型フローターである。

まずはスロープ横の実績ポイントから打ち始めるが、どうも水深が浅くなっていて勝手が違う。
このまま下流に流れにまかせて葦打ちを続け、最も実績のある『杭+ガマ+水深アリ』が続くオイシイポイントに差し掛かった。
杭の真横にセンコーをフォールさせ、着底後にシェイクを入れると・・・・・・・・・

 

きた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!(^0^)/~~<))><

 

ずっしりと重い感触から一気に走り出し、ドラグを鳴らしまくる。
お〜お〜引くぞ〜、しかもでけ〜。

いきなりの47cmをゲットだ!うひょひょ〜〜〜!

 

これで一安心、というか満足。先頭交代してT氏に先に流してもらうことにした。
しばらく、フローターでのフリッピング葦打ちのキモをT氏に伝授しながら進むと、T氏が

 

やったっ〜〜〜〜!!

と雄叫び。出っ張りガマ+杭の複合ポイントで43cmのこれまたビッグバスをゲット。
(以下、フローターでの初バスゲットの様子。)

 

 

その後は竹杭の乱立ポイントまで下るもあたり無し。
GWだけに、ボートでの先行者がものすごく多く、このエリアだけで10艘はボートが浮かんでいた。

戻りは対岸に移ってまた葦打ち。
これまで対岸側は水深が浅くてだめだと思っていたが、やってみると意外と水深があり、葦やガマが複雑に生えているいいポイントだということが分かった。

いかにもポイントにセンコーを次々と投入していくとすぐに反応があった。


フォール中にラインが走り、35cmをゲッ〜〜ト!


1ばらしをはさんで、倒れ葦の絡むポイントで43cmをゲッ〜〜ト!


さらに、葦の無い護岸ポイントでずる引き中にマメバスをゲッ〜〜ト!

  

 

な〜んだ、対岸ポイントのほうがバスがたくさんついてるじゃないか〜。

今回は丁度スポーニングにあたり、昼の12時でも簡単にバスが口を使ってくれた感じ。
GWは釣れないなんていう認識は改めなければならなそう。

それにしても、小野川ではこのスタイルの右に出るもの無しって感じです。

 

 

 

 

2007/4/8〜4/23 今年は釣りに行くぞ宣言!!

極楽ワーミストファン?の皆さん、ご無沙汰してます。
ここ最近他の趣味に没頭し、釣りのほうが疎かになっていましたが今年はガンガン行こうかと思います。

目標は年10回釣行ですぞ〜〜!

さて今年は既に数回の釣行をしてますのでそのレポです。
あっ、まだワームで釣ってない・・・

■ 4月8日(日) 渡良瀬川でマス釣り

スタイル オカッパリ(ウェーダー)
時間 8:00〜10:00
釣果 ヤマメ1匹

妻の実家に泊まりで遊びに行ったついでに、渡良瀬川の春の放流魚を狙いに行ってきた。
桐生の市民広場前で放流魚を狙い、前日に買った7gのスプーンで何とか1匹ゲット!
川での釣りはルアーが流されるため、目の前に魚が溜まっていても狙えず。
目の前で群れている魚は自分より上流から投げている人が根こそぎ釣られる始末。

10:00頃に釣りきられたのか、反応が無くなったので終了。
あ〜、ストレス溜まる。
でも、川での位置取りのいい教訓になったかな。

■ 4月11日(水) 牛久でバス釣り

スタイル ボート
時間 7:00〜12:00
釣果 ボウズ

月末の丸沼釣行に備えて、エレキのバッテリーを新調した。
前のバッテリーはエレキとセットで買ったんだけど、3年でダメになった。
1回放電しきった状態で放置したことがあったのが寿命を縮めた原因かと・・・

新しいバッテリーのテストを兼ねて・・・牛久で春バスを狙いに行ってきた。

タマヤボートに到着すると、相変わらず愛想のいいボート屋のおやじが出てきて
『おっ○○さん、久しぶりじゃないの!』
な〜んて、2年ぶりなのにしっかりと顔と名前を覚えられていた。(商売人の鑑ですな!)
駐車場で田んぼに脱輪して、おやじさんの軽トラで引っ張りあげてもらったこともある。
それ以来すっかりおやじさんに覚えられててしまったのかも。

今回は水がクリアすぎて、いまいちの状況であるとのこと。
実際ボートで出てみると、異常なほど澄んでいる牛久を見て仰天した。

牛久がクリアレイク化・・・これも異常気象の影響か!

葦の新芽が水面から20cmほど出てて、そろそろスポーニングバスがパラ葦に入っている頃。
今回は距離を取って遠目から攻めるしか無さそうである。

タマヤ対岸の下流方向を攻めたがノーバイト・・・・
住宅下や本湖では強風でバシャバシャ。釣りにならず。
西谷田川河口付近の風裏で粘るも反応なし。
時間が無いので12:00で終了。

後でタマヤおやじの掲示板を見ると、皆さん上流域で釣ってて、それほど状況も悪くなかったことが判明。
この時期はタマヤ対岸から上流がいいのをすっかり忘れてた。
言い訳はこれくらいで・・・すっかり腕が落ちてるのがホント・・・がっくり。

■ 4月21日(土) 丸沼でマス釣り

スタイル ボート
時間 6:00〜15:00
釣果 ニジマス5匹

毎年恒例の群馬の丸沼解禁釣行である。
昨年は50アップのマスがガンガン釣れたが、今年はいまいちの釣果であった。
宿の人の話ではまだ水温が上がっていないのが原因らしい。
今年は暖冬で金精峠が1週間早く開通したため、それに合わせて解禁も1週間早めたとのこと。

魚探で魚を探すと、実際25〜30mの深場でマスの魚影が多数見つかった。
大きめのスプーンをその深場に落としても反応が無いため、5gのアワビ張りスプーンを時間を掛けて沈め、深場のマスを直撃してみると、40オーバーのニジマスがヒット。
同じ縦のパターンでもう一匹追加。

すばらしい!魚探の力!

魚探がなければ釣れなかった魚である。
底べたの魚がはっきり「へ」の字に写るのを始めて見た気がする。
今後の魚探釣りに非常に役立ちそう。

その他、トローリングと中層でコバッチを3匹。
7gと10gのスプーンが一番反応良さそうなので、来年は買い揃えて行こう。

 

 

バス釣り釣行記 | 埼玉県の野池情報 | うっちーとの対決 | 今日のコラム | リンク集
エレキやってる? | ライブウェルの作り方 | ロッド&リール | 掲示板 | プロフィール

TOP