ここでは靴の選び方などで少し書きましたが、足の3点アーチを取り戻すためのストレッチです。このアーチが崩れると色々な障害が起こってしまいます。

「足の3点アーチ」

足の親指の付け根、小指の付け根とカカトの三点を結ぶ三本の線が弧を描いてふくらむ立体的な骨格を形成している。アーチは足の長軸に一致して内側と外側の2つのアーチと、前足部の横軸のアーチの3つから成り立っている。これらのアーチがスプリングの役割を果たして、歩行時の衝撃を吸収すると同時に、荷重を分散させる役割がある。

「アーチ・崩れてる度チェック」

1. 足の裏の人指し指の付け根の部分が固くなっている
2. 内くるぶしの下の舟状骨がくるぶしよりも外側に出ている。
3. 足の指でジャンケンができない。

「3点アーチが崩れると・・・」

* 扁平足
三本のアーチのうち、縦のアーチが低下した状態。足に合っていない靴を履くことで、歩行の際に足の指でしっかりと地面を蹴って歩くことが出来ない。その為、後脛骨筋や足底筋膜の筋力が低下し、アーチが落ちてくることにより扁平足になる。
足の裏全体に一気に衝撃を受けている。これは地面からくる衝撃をもろに受けているということで、膝、腰、背中、首にまでその衝撃が影響する。
* 開張足
三本のアーチのうち、横のアーチが低下した状態。ヒールの高い靴などを履き、前足部に荷重をかけ続けることで、横のアーチが落ちてきて、開張足になる。開張足になると、歩行の際に足の人指し指の付け根の部分に地面から過多な衝撃を受けて、茶色の部分にタコができてしまう。 開張足の症状を治さないかぎり(横アーチの低下を補正する)タコはいくら削ってもまた出てきてしまう。
  * 膝への影響
三点アーチが崩れていると、スプリングの役割をしなくなり、地面からのショックを直接膝で受けようとするため、無理な負担がかかり、膝の軟骨がすり減ってしまう。
  * 骨盤・腰への影響
膝への負担が大きくなり過ぎると、骨盤にも負担がかかって股関節がすり減ったり、骨盤の歪みから姿勢が崩れ、椎間板にも歪みや変型が出来てくる。
 

「踵骨足底骨棘」

三点アーチが崩れることによって、足の裏の筋肉(足底筋膜)が伸びきった状態になる。この筋肉は踵の骨と繋がっていて、足底筋膜が無理に伸びると踵の骨が引っ張られた状態で成長してしまい、棘のような先の尖った骨がカカトの骨に出来てしまう。この骨は、足を地面に着地させる度に神経を刺激する。特に長時間足に体重をかけていなかった時(起床直後)の最初の一歩に『何か踏んずけたのでは?』というような痛みが走るのが特徴。
 

「さぁ〜おまたせ、アーチを取り戻そうストレッチ!」

後脛骨筋を鍛えること。後脛骨筋は足のふくらはぎの奥にある筋肉、この筋肉が三点アーチを引っ張り上げている。
1. 風呂の中で足指ジャンケンをする。
  指の関節が柔らかくなっている入浴中に、足の指でジャンケンをしてみる、指を動かすことによって後脛骨筋を鍛える運動になる。
2. つま先で階段を昇る。
  かかとを付けないで階段を昇ることにより、後脛骨筋を鍛える運動になる
3. シャクトリ虫歩きをする。
 

足の指をめいっぱい広げて、スポーツタオルを引寄せる。これを2回位

 

 
  靴をちゃんと選ぼうと思った方は → 正しい靴の選び方