整骨院は柔道整復師、整体院は整体師が経営している
 整骨院は柔道整復師資格という資格を取得した人が経営する治療院のことであり、整体院は整体の資格を取得した人が経営する療術院です。一般的に接骨院・治療院・治療所・ほねつぎ等の名前がついているところは柔道整復師などの資格取得者の経営するところであり、療術院・中医整骨等の名前がついているところは整体師の経営するところです。
保険が利くのは整骨院、整体院は保険は利かない
 整骨院は柔道整復士の国家資格取得者が経営しています。この国家資格は医療行為と法律で定められているために、保険制度が適応されます。これに対し整体院は民間資格である整体の技術を学んだ人が経営するところで、この民間資格は法律で医療行為とは認められていません(医療類似行為にあたる)。そのため保険が適応されないのです。
整骨院は骨や関節が対象、整体院は全身が対象
 整骨院では、主に骨・関節・筋・腱・靭帯等の損傷に対する施術を行います。これに対し整体院は、そういった損傷というよりは骨のズレや全身のバランス異常を観るところです。また、整体院では腹痛や胃痛などの内臓異常や血液循環の活性化などを行っているという点で整骨院とは区別されます。
現代医療に基づく整骨院と民間療法に近い整体院
 整骨院の治療技法は日本古来からの医学の他に現代西洋医学にも基づいています。治療の方法などを見ても理論的な部分で基本的には西洋医学です。これに対し整体院は民間療法の要素が強い技術です。西洋的な構造医学・解剖学的な理論にのみ基づいた整体をしているところもありますが、大体は東洋医学的な身体観を含む改善技法です。
>>>ちょっと大目のワンポイント<<<
 整体が医療行為と認められていないことには歴史的な背景があります。明治維新以降日本が欧米の文化を積極的に流入してきたことはよく知られるところですが、そのときに医学の形態も大きく変わりました。これまで民間で伝承されてきた整体などの技術から現代のような西洋医学へと変化していったのです。確かにその時代において西洋医学は非常に画期的な技術だったのですが、このときにそれまで作り上げられてきた日本伝統の医学や東洋医学が一斉に否定されてしまったのです。中国などでは西洋医学を取り入れる一方で中国に昔からある伝統医学も大事にされてきています。しかし日本ではそれまでの実績を無視してしまったのです。
 最近になって民間療法や東洋医学がやっと見なおされ始めています。アメリカでカイロプラクター(カイロプラクティックをしている人)が医者と同等であるように、また、中国で気功師や整体師が社会的に非常に高い評価を受けているように、整体も技術的には非常に素晴らしいものです。しかし現在、日本の整体には国家資格が無いため整体師の実力もピンからキリまで様々です。そのためにいろいろと誤解を受ける部分もあると思いますが、本質的には整体は素晴らしい技術です。

TOPへ戻る