あつ花別館トップへもどる

 
−−− 花粉症 へぇ ニュース −−−
 

ナゾの「空気浄化機」(くたばれ三菱重工?)


 世の中には「空気浄化機」なるものが存在するといいます。たしかに、検索してみると、そういうネーミングで販売されているものもあります……というかなんというか、そんなこたぁ以前から知ってはいたんですが、GIGAZINという、そのスジの人にはよく知られるサイト(ブログ)が「空気清浄機よりすごい」とかなんとか言って取り上げるにいたって、黙っていられなくなりました。

 そのGIGAZINが取り上げているのはニプロという医療関係の用具を販売している会社が売っている(いた?)NS457というものですが、同じものが違うところからも出ています。
 アコルデという会社が出しているNS457というものがあります。TLCというところからも「超天空」の名まえで出ています、なんだかわからないけど、こんなところにも超天空は出ています。

 どれも高額で、20万とか21万とかの値段になっていますが、そんなにすごいものなのでしょうか。だって、空気清浄機なら、高くたって3万もあればいいものが購入できます。なぁ〜にが超天空だ、とか思いませんか? どう見たって高額であってもしかたがない「金属製ボディの堅牢な業務用清浄機」とかには見えないし。


 まずね、このNS457というのは、バイオヘパ(BIO HEPA)とかいうフィルターがウリのようですが、これね、ビーバーブランドで知られる三菱重工が出したCT455Dという空気清浄機に搭載されたのが世界初なんです。私が持っている平成14年8月現在のカタログから引用します。


 そのCT455Dというのは、こういう形をしています。


 後継機のCT456Dというのはこういう形をしています(おもしろいので下図は韓国サイトより)。


 でね、NS457というのはこういう形なわけ(ニプロのリリースより)。


 まず「似てる」と思わないといけません。そして「456」とか「457」とかいう型番も「似てる」と思わないといけないです。457は456の次でしょう、ふつうは。
 まあね、アコルデのサイトの情報をみると「三菱重工の技術力をもって初めて成しえた厚さ33mmのヘパ酵素フィルタ」云々という文言があるので、「ああ、三菱重工製なのか」と思わないといけないです。

 もっとお見せします。CT456Dのしくみの図です。


 NS457のしくみの図です。


 そうそう、ニプロじゃないほうのNS457はこういうものです(アコルデのサイトより)。



 それはいいんですけど、CT455Dの定価は52000円ですよ。安売り値段で15000円ぐらいでした。CT456Dも同じく定価52000円、安売り値段では……これはけっこうしましたけど。

 じゃ、かんじんの三菱のほうには情報がないのかというと……もうビーバー清浄機はやめちゃったんですね。サイトにも出てません。
 過去のニュースとかリリースとかには出ているんじゃないか、と思ったんで調べてみました。
 1997年度のニュースにはCT250Dが出ていますし、2000年度のニュースにはCT453Dが出ています。
 しかし、その後継機であるCT455Dが出ているべき2002年度のニュース一覧には「2002年 8月22日新型・ビーバー空気清浄機を発売開始 世界初の溶菌酵素フィルターを採用」の一文があるだけで、リリース全文が削除されています(でもウェブアーカイブには残ってますが)。同じく、CT456Dが出ているべき2003年度のニュース一覧にも、「2003年 9月11日新型・ビーバー空気清浄機を発売開始 酵素フィルターで強力に除菌!」とあるだけで、そのリリースは削除されています(でもウェブアーカイブには残ってますが)。

 どういうわけなんでしょう?
 だって、以前の機種のリリースは残ってるんだよ?

 これはあれですかね……想像をたくましくして、ひじょうに悪意に解釈してみると、超天空とかが三菱のCT456Dの後継機だ、あるいは同一機種だとかのことを知られることを恐れて情報を削除したのではないか、と考えられるわけです(ホントに想像をたくましくしてますね〜)。
 同じじゃん、定価で50000円ぐらいの清浄機じゃん、なんてことがばれたら、20万とかで売れなくなるもんね。

 まあね、三菱重工といっても、ここらへんを作ってた冷熱機材とかなんとかは、いろいろ組織の改変があって、いまは三菱重工空調システムとかになっているので、そのあおりでページがなくなっているだけなのかもしれないです(そうでなくとも、重工はいろいろサイトが変わったし)。

 でも、おもしろいので、悪意に解釈したままにしておきましょう。(^_^;)

 で、上で触れた「アコルデ」という会社なんですが、これ、URLに「legato」って入ってるサイトもあるんです。「レガート」ね。つまり、ついこの間まで「レガート」という会社だったわけ。
 このレガート、マルチの会社なんですよ。そういういやらしい会社だからリンクしなかったんですけどね(しかしまあ、ほとんどすべてを画像にして……つまりテキストをなくして検索にひっかからないようにするってのはいやらしい)。

 そうなりますと、マルチに加担してる

三菱重工、くたばれ!

ということになりますな、はい。
 しかも証拠隠滅もはかっているということで、

三菱重工、地獄へ落ちろ!

ということになりますな、自動的に。


 ところで、そのレガート(アコルデ)ですが、LN-660というのも扱っているんです。なんとびっくり42万円ですよ、42万円。
 どういうものかというと、こういうものです。


 これさ〜、三洋のABC-TM30じゃん、ということになるんですな、はい。


 こんなの……といったらわるいけど、旧型だからいまは安いところでは2万円切ってるよ。それが40万かよ!?
 そうすると、三菱重工だけじゃなく、三洋もマルチに加担している。だから、

くたばれ三洋!

ということになりますな。(^_^;)

 まあ、まるっきり同じものではなくて、日揮ユニバーサルというところが作っている酵素フィルターを特別に付属させているようですが。

 この酵素フィルターなんですが、これは三菱重工に卸しているんですな。つまり、上でふれた世界初とかいうバイオヘパとかも、ここのやつなんでしょう(共同開発といったほうがいいんでしょうかね。ちなみに同じく三菱重工が扱っている化学物質過敏症向けの清浄機エアイーサーにも、この日揮のフィルターが使われています)。
 いちばん最初に出したニプロのやつですが、日揮そのものがお知らせを出してますな。つか、NS457のカタログに出てますが(下図はそのカタログより)。


 う〜ん……これ、どちらにも日揮がからんでいるということは、もしかしたら日揮がいちばんの悪者なんでしょうか。黒幕というかなんというか。
 だとしたら、と仮定してみると、やっぱり

くたばれ、日揮

ということにもなっちゃうなぁ。


 まあ、それはともかく、ニプロのやつは医療機関向けとかの、いわゆる業務用だから高額になっている……こういうね、「仕事で使う」となると、ものすごく高くなったりすることはよくあります。「教育用」とかもね。「こんなものがン十万もするのかよ」とかいうことで、授業で使いたい教材を買ってもらえない先生はたくさんいます(権利がからんでいるものはしょうがないかもしれませんが)。

 しかし、そうはいっても、一般向けに出してたやつと同じ(であろう)空気清浄機を空気浄化機とか称してむちゃくちゃな値段で売るというのはどんなもんでしょう。しかも「本物の業務用」によくあるような30万だ50万だとかいう値段ではなく、20万という微妙に高い値段というのは、すごくいやらしい感じがします(実売はもっと安いんだろうけど、それもまたいかにも値引きしているようにみせかけてるだけなわけですよ)。
 まあ、どんな値段つけようとも自由ですし、そういう世界(業界)なんだといわれればそれまでですが……でかい金持ち病院とかならともかく、わりと小さなクリニックとかで、こんなのを無理してお金出して買ってしまって、悔しい思いをしているお医者さんとかはいないでしょうか(医療関係の会社だから、信用しちゃって気がつかないかな?)。GIGAZINのやつも、どうやら医者から勧められたようですが。
 でもさ、そういう「プロ用途」なら、実際にその機械を使ったときの効果が確認できないといけないんじゃないの? フィルター上で殺菌できても、そもそも、そのフィルターに菌やらウイルスやらが入っていかないといけないわけでしょう、違いますか? これを使って、どれだけ病院(内の空気)が清潔になるわけ? 他の清浄機とどれだけ違うの? 効果があるなんていうエビデンスはないんじゃないの?

 いっぽう、そういう業界を対象にしているのではない、一般を相手にしているマルチのほうの超天空、これはもう単純にゆるせないですな。

 というわけで、「空気浄化機、すごそうだ」とか思っても、みなさんは買ってはいけません。少なくともマルチとかにひっかかっちゃったりして言い値で買ってはいけません(オークションとかで安売りしてるやつならいいです……実際、LN-660のほうは、私は買う一歩手前まで行きました。だって世紀の珍清浄機、三洋のTM30ほしいもん)。(^_^;)


 ど〜してもこういうのがほしいということなら、日揮のやつでも買いなさい(まあ、これも高いと思うけど)。じゃなかったら、ダイキンの清浄機に別売りのバイオ抗体フィルターをつけなさい。抗菌フィルターとかを採用している清浄機はほかにもあるし。


 いや、でもさ〜、三菱を悪者にしてるけど、そうじゃなくて、その下請けの会社からOEMってことで買い付けてんじゃないの、とか思いますか?
 でもね、製造は三菱って出てるよ。下請けじゃなくて、ちゃんと三菱と取引してるんです。



 ま、そういうわけです。
 とりあえず、ひとを騙してカネを儲けようというやつはくたばれ!


へぇニュースメニューへもどる


あつ花別館トップへもどる


あつまれ!花粉症の仲間たち