うりちゃんのおうち



Q&A  体験談  統計  掲示板  リンク  ご案内  Reset

■ 統計
妊娠中絶に関し、一般公表されているデータです。
年代別の中絶件数と割合・避妊・緊急避妊法についてまとめてあります。

    01. 年代別 人工妊娠中絶件数
    02. 年代別 人工妊娠中絶実施率
    03. 既婚女性の避妊法
    04. 相手は避妊について協力的か
    05. 妊娠時の避妊法
    06. 緊急避妊法を使用した理由


※ 作成参考サイト
 リプロヘルス情報センター (http://homepage3.nifty.com/m-suga/)
 アサヒ・コム (http://www.asahi.com/)
 厚生省統計情報 (http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/03/)


※ このホームページは更新を停止しています。
現状とは違う部分もあると考えられますので、ご利用は参考程度に留めて下さい。


→ このサイトでアンケートを行った調査の結果を載せている『 投票結果 』はこちら


1.年代別 人工妊娠中絶件数(厚生省 : 母体保護統計 , 平成15年度)
 意外に広い年齢にわたって中絶を経験しているのが分かります。「避妊についての知識が無いから妊娠した」わけではなさそうです。

年 齢 (総数:319,831 不詳:149)
19歳以下  40,475
20〜24歳  77,469
25〜29歳  66,297
30〜34歳  63,923
35〜39歳  48,687
40歳以上  22,831

2.年代別 人工妊娠中絶実施率(厚生省 : 母体保護統計 , 平成15年度)
 実施率とは、その年代における女子1000人に対する数字。下のグラフで言うと、20歳未満の1000人中11.9人が手術を経験している、という意味です。

年 齢 (年齢階級別女子人口千対)
19歳以下  11.9
20〜24歳  20.2
25〜29歳  14.8
30〜34歳  13.3
35〜39歳  11.6
40〜44歳  5.4

3.既婚女性の避妊法(毎日新聞社 : 第25回全国家族計画世論調査 , 平成12年)
 念のため、膣外射精 ・ 基礎体温 ・ オギノ式は“避妊法”ではありません。
 現在は低容量ピルの割合がもう少し増えていると思われます。妊娠するのは女性なのだから、もっと女性主体の避妊が主流になって欲しいですね。

方 法 (併用の場合は二種類まで選択可)
コンドーム  75.3%
膣外射精  26.6%
IUD  2.7%
ピル  1.5%
殺精子剤  0.5%
オギノ式  6.5%
基礎体温  9.8%
避妊手術♀  5.6%
避妊手術♂  1.1%

4.相手は避妊について協力的か
(都内S病院における中絶実施女性の意識調査,木村好秀ほか,平成10年)
 中絶手術を受けた方の8割近くが、相手と共に避妊をしていたのに望まない妊娠をしています。正しい避妊知識と、失敗したときの対処法を身につけておくべきだと思います。

未婚・既婚含む , (%)
年 齢 は い いいえ 無回答
10代(n=16) 56.3 25.0 18.8
20代(n=200) 67.0 17.0 16.0
30代(n=301) 65.8 13.3 20.9
40代(n=93) 75.3 11.8 12.9

 下のグラフは、上の表から無回答を除いた“はい”の割合、つまり“二人で避妊しているにも関わらず妊娠した”人の割合です。
年 齢  
10代(n=13)  69.2%
20代(n=168)  79.8%
30代(n=238)  82.3%
40代(n=81)  86.4%

5.妊娠時の避妊方法
(都内S病院における中絶実施女性の意識調査,木村好秀ほか,平成10年)
 コンドームは単独で使用せず、他の避妊法と併用することをおすすめします。
 オギノ式は避妊法ではないですが、安全日を避妊に応用したのでしょう。いかに信用できないかが分かると思います。

未婚・既婚含む , (%)
避妊法 年 齢
10代(n=16) 20代(n=200) 30代(n=301) 40代(n=93)
コンドーム 25.0 47.5 48.2 59.1
膣外射精 31.3 32.5 19.9 17.2
オギノ式 0.0 15.5 23.6 28.0
殺精子剤 6.3 5.0 16.6 3.2
ペッサリー 0.0 0.5 0.0 0.0
ピル 0.0 0.0 0.0 0.0
IUD 0.0 2.0 5.3 2.2
無避妊 6.3 2.5 2.0 3.2
その他 6.3 4.0 6.6 5.4
無回答 37.5 14.5 11.6 6.5

6.緊急避妊法を使用した理由(日本家族計画協会クリニック調べ , 対象約350人)
 緊急避妊薬の失敗率は2.6%。あくまでも緊急に使用するとお考え下さい。
 服用の理由にコンドームでの失敗が多いです。必ず基礎体温やピルと併用しましょう。

 副作用を感じたのは全体の半数程度。
 症状は、悪心・おう吐・腹痛・下痢・不正出血など様々のようです。

理 由  
コンドーム破損  52.1%
避妊せず  20.6%
コンドーム脱落  12.1%
コンドーム膣内残留  7.0%
膣外射精  4.8%
レイプ  3.4%

△ ページ上部へ


データや文章の使用 ・ 転載は一切禁止
Copyright (c) 1999-2008 Motti All Rights Reserverd.