魂の叫び!
思ってる事、訴えたい事、叫びたい事
ここに書いてある事は、鮎個人の叫びであります。
強制したり、同意を求めたりしている訳ではゴザイマセン。。。


みなさんの叫びも募集中!


★☆ミホさんの叫び☆★


DM告白

2002年6月に入院した時の事です。
とある大好きな先輩(女性)に、お見舞いに来てくれたがてら
DMであることを告白しました。
と言うか、なんとも馬鹿馬鹿しいと思われるかもしれませんが

『 今回、IDDMになっちゃったんですよぉ〜!』

私の中の必死の言い訳?(笑)
今まで隠してきたとも言い出せず、初めてDMに触れたかのように話をしてしまいました(汗)。

何年も前にIDDM発症当時の記憶を奥深く思い出し、
本当に『今回、初めて』かの如くショックを受けてる振りをし、
『今回、初めて自己注射をするはめになった』かの如く語る
のです(^^;;
実に馬鹿馬鹿しいと、お思いでしょうが(汗)。

今まで誰にも告白できなかったアタシの秘密。
・・・ちがう。前に親友に告白して、一笑されて終わってしまった告白。
前のバイト先では、上司や数人の人に話して
ほぼ・・・9割方の人に『甘い物好きなのね〜』と言われ
6割の人には『贅沢しすぎで、食いすぎなんだよ』と笑われて
見事に失敗に終わり、結果、自分の精神を病む事になった告白(苦笑)

そりゃもう勇気が要りましたわ。
でも、今回の入院のタイミングを逃したら、きっと当分は告白できない。
まさしく苦肉の策ってやつです(苦笑)。
最近では言いたくて言いたくてウズウズしてた告白。

騙しているかのようで心苦しい点もあったのですが
やっぱり告白は成功だったと言えるでしょう。
先輩は、ちょっと難しいけれど笑ったりせずに話を聞いてくれ
真剣に私の目を見て話をしてくれました。

退院して職場復帰してからも、今まで通りに付き合ってくれ、
今まで通りに厳しくもあり、優しくもあり。
私が低血糖を起こしてそうな時、すぐに気付いてくれて、小さな声で
『早く甘い物、飲みなさい』『落ち着くまでジッっとしてなさい』って。
多分、先輩自身もとまどっていたのだとは思うけど・・・。

告白は、相手とタイミング。

それさえ間違えなければ、自分の治療意欲もかわってくる。
良い結果を生むこともあるし、最悪の結果に繋がる可能性もある。

わかっていそうで、わかってなかった そんな事を確認できたきがしました。
そして私は今、あの頃より少しだけ前向きにDMと向き合って闘っています(^^)               
 
       


寝よう!

   病院の帰りに本屋へ寄りました。
   何か面白そうな本はないかしら?

    『 寝ない女は 太る!糖尿病になる!鬱になる!』

    思いっきり私の目の中に飛び込んできた表紙。
    ・・・いえ、実はタイトルは全然覚えてないので、↑は副題だと思うのだけど(^^;

    まさしく そう!完璧に私に当てはまる!恐いくらいに当たってる!

    私は小さい頃から、恐ろしく宵っ張りでした。
    今でも「こんなに寝ない人は見た事がない」と言われるくらいに寝ないのです。
    寝るのが大抵早くて3時。
    起きるのが大体平日は6時。
    ・・・・・毎日平均3時間。よく体がもつと、我ながら感心してました(^^;
    ところがそれは、感心してる場合じゃなかったのです!

    「太る」これは・・・極端に太ってる方ではないとは思うのですが
    最近は丸々と肥えてきました(^^:
    しかも内臓の脂肪は恐らく人には負ける気がしません(爆)

    「糖尿病になる」これはまさしく「読んで字の如く」?
    恐らく、この本に出てくる「糖尿病」とは、間違いなくU型、NIDDMの事だとは思うので
    当てはまらないと言えば、当てはまらないのかも・・・とも思います。
    でも、私がもしIDDMになっていなかったとしても、将来NIDDMにならなかったか?
    と思うと、実はアッサリNIDDMになっていたような気がするのです。
    NIDDMになって、やっぱりこうして同じような事をしてるような気が・・・(^^;;;

    「鬱になる」と、これまた私の事じゃないですか!
    そうです、私は立派な鬱病患者なのですよ。
    小さな事ですぐに落ち込み、一度落ち込むと抜け出せず
    やがて下しか見なくなり、後ろ向きの性格に陥り、
    「さて、どうやって死のうか?」とか、すぐに考え出す始末・・・(爆)
    これでも最近は「それ」を自覚できるようになってきた分
    前よりは全然マシなのですけどね。

    と言う訳で、あの本が忘れられません。
    忘れられないのなら、買えばよかったのですけど
    あまりの衝撃に、買う事すら忘れて帰ってきてしまいました(^^;;;
    と言うか、恐らくアノ本の内容的には
    『寝ないと、夜モノを食べる習慣がついてしまったりして太るし、
    不摂生とか食習慣の悪さとかから糖尿病になる可能性が高くなって、
    おまけに夜、暗い中で物事を考えると前向きになれないから鬱になるよ?
    だから、夜は早く寝なさいね〜!』

    的内容ではないか?と、勝手ながら想像してしまったので買わなかったのですけど(笑)

    『やっぱり夜は早く寝よう!』
    
    そう心に誓ったのでした(^^)
    みなさんも、夜更かししないで早く寝ましょうね!               
        


被害者意識?!

   「NIDDM患者は暴飲暴食・運動不足・肥満が原因だから自業自得?」
   「IDDM患者はウイルス感染が多く、同じ『糖尿病』でも可哀想でしょ?」

    ちっがぁ〜う!!全然ちがうぅぅぅ〜〜〜!

    私の言いたいところは全然ちがう。
    よく言われるのが「IDDM患者は被害者意識が強すぎる」
    「NIDDMだって、なりたくてなった訳じゃないのに・・・・」

    そう・・・・病気なんて、誰だってなりたくてなった訳じゃないんですよね。

    数年前に『成人病』という名称から『生活習慣病』と言う風に呼び名が変わりました。
    これって余計にヒドクないですか?
    糖尿病は生活習慣を改めればなくなるのでしょうか?
    じゃあ、同じ生活習慣を送っている多くの人で、健康に毎日暢気に過ごしている人たちは?
    生活習慣って、そんなに極端に違うものなんでしょうか?
    例えば、夫婦であれば食生活は似たようなもんだし、親子だって同じです。
    それでも糖尿が出る人、血圧が上がる人、肝臓に脂肪がつく人、さまざまですよね。

    生活習慣、それだけで病気になったなんて決め付けないで欲しい!!
    欧米の生活、食生活に近づいてきた現代の日本で、和食ばかり毎日食べている人がいますか?
    一度きりの人生の中で、毎日低カロリーな食事・間食なし・定期的な運動・・・。
    もちろん素晴らしいとは思うけど、若いうちは結構、美味しいものを食べるのが楽しかったりしますよね?

    『生活習慣病』なんて名づけた人の生活を覗いてみたいですよ。

    『IDDMは被害者』『NIDDMは自業自得』・・・・そんな事は無いんです。
    病気になってしまった人、誰だってなりたくてなった訳じゃない。
    言ってみれば、みんなが被害者なんです。
    IDDMとNIDDMとは、前にも書いたように違う病気だとは思っています。
    ただ、どちらが可哀想とかって事じゃないんです。

    「IDDM患者は、被害者意識が強すぎる。」
    私はIDDM患者です。
    だから、IDDMの立場からしか物の見方ができないだけです。

    決して『NIDDMは自業自得』なんて思ったことはないです。
                   
        


病気にランクってあるの?看護婦さん!

    「ガンの患者さんよりマシでしょ?糖尿病でよかったじゃない!」

    内科外来の看護婦さん、私があんまり自己管理できないでいたのに見かねたみたい。
    診察後、呼び出しをくらって面談みたいの、やりました。

    「もう生きていたくない。一生病気を抱えて生きるなら、早く死んでしまいたい!」
    私がそんな泣き言を吐いてしまった言葉に対してのお答えでした。

    IDDMってガンよりマシなの?病気の辛さにランクがあるの?
    私は、病気ってどれも辛いものだと思います。
    ガンも、風邪も、クローン病も、腹痛も、白血病も、エイズも、IDDMも、NIDDMも。
    何よりも大切な健康を失ってしまったのは、どれもこれも辛いです。
    私は「ああ、ガンじゃなくてよかった」って思わなきゃイケナイの?

    私は一生、普通の生活は送れません。普通の食事もできません。遊びも仕事も。
    ちゃんと自己管理していけば、長生きもできるらしいですね。
    でも、いつ襲われるか分からない合併症を恐れながらの生活です。

    私は「糖尿病でよかったー♪」とは絶対に思えません。
    「癌じゃなくて、よかったー♪」とも絶対に思えません。
    もちろん「癌ならよかった」とも思いません。
    糖尿病が癌よりマシとは思えません。癌が糖尿病よりマシとも思いません。

    私は今でも思っています。
    朽ち果てるように、腐って、徐々に死んでいくのは嫌だ。
    まさに『生き地獄』なのに・・・・。
    「○○よりマシ」なんて、看護婦さんから聞きたくなかったな。     
    
        


そうじゃないのに!病名を変えて!

    「糖尿病〜?うわぁ〜!甘いもの大好きなんだぁ?食べ過ぎちゃったの?」

    私が糖尿病(高血糖症)である事を告げると人々は皆、口々にそう言います。
    今までの9割がそうでした。親兄弟も信頼できる人もそうでした。

     『 そうじゃない!そうじゃないよ!』

    私は甲状腺機能亢進症という病気にかかり、その合併症と言う形で発病したのです。
    ちょうどひいていた風邪にも関係あるそうです。
    原因が何であれ病状が似ているため、病院での診断は『糖尿病』です。
    『糖尿病』が『贅沢病』と呼ばれてる限り、食べ過ぎ・不摂生など言われつづけるでしょう。

    みなさんは、ココのようなHPを見る前、糖尿病にも二種類あることを知っていましたか?

    本人、または家族以外は知らない事だと思います。
    事実、私も私の家族も知りませんでした。贅沢病だと思ってましたから。
    糖尿病は生活習慣病です。(そもそも『生活習慣病』ってのも変ですよ。)
    高血糖症は「ランゲルハンス島が破壊された」自己免疫疾患による機能不全です。
    まったく違う病気なんです!!
    インシュリン注射がないと、数日で死んでしまうかもしれない難病なんです!
    20歳未満の患者には国で『難病指定』されている病気です。
    (そもそも、なんで20歳を迎えると、突然難病指定が解かれ、
     医療費が請求されるのかが理解できん。)

    もう私を笑わないで。馬鹿にしないで。
    私は闘ってます。いつ死ぬか、合併症が出るかわからない不安と闘ってます。

    お願いです。糖尿病と区別できるような病名をつけてください!



U型糖尿病を悪く言ってるわけではありません!
U型糖尿病は生活習慣病と言われてますが、生活習慣だけが発病の原因ではないと思ってます。

             






みなさんの叫びも募集中!