ミニ医学知識

 このページは、移転しました。
 自動的にジャンプしない場合、ここをクリックして下さい


活性酸素老化や、癌、動脈硬化、心筋梗塞など様々な病気の原因と言われている。
活性酸素の電子配置
活性酸素や酸素の、最外殻軌道の、電子の配置図。
活性酸素と寿命
食べ過ぎや、運動のし過ぎは、寿命を縮める。
酸素と酸化チタン:酸化チタンは、光が当ると、電子を引き抜く、酸化力を示す。
抗酸化物質ビタミンC、ビタミンE、ユビキノール(還元型ユビキノン)など。
ヘムオキシゲナーゼ(HO)ヘム蛋白を分解し、血管内皮細胞障害を防ぐ。
連鎖的脂質過酸化反応
活性酸素により、過酸化脂質が、連鎖的に生成される。
リポ蛋白LDLは、リポ蛋白。血液中を、脂質は、アポ蛋白と複合体を作って移動する。
リポ蛋白の代謝:LDLは、肝臓で合成されたコレステロールを末梢組織に供給する。
リポ蛋白受容体リポ蛋白は、各々に対応した受容体を介して細胞に取り込まれる。
酸化LDL
酸化LDLが、動脈硬化や血栓形成の原因。
不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸の摂り過ぎも、健康に良くない。
アラキドン酸カスケード
アラキドン酸から、PG、TXA2などの生理活性脂質が作られる。
COXとNSAIDs
非ステロイド性抗炎症剤には、解熱鎮痛消炎作用がある。
アスピリン:アスピリンは、心筋梗塞や脳梗塞の予防に用いられる。
サリチル酸:アスピリンは、体内で、サリチル酸に、変化する。
チクロピジン
:ADPの作用を阻害し、cAMP濃度を高め、TXA2の生成を抑制し、血小板凝集を抑制。
血管内皮細胞血管内皮細胞が、血小板の凝集や、血液凝固・線溶を調節している。
止血機構:血小板が凝集し、血液が凝固する仕組み。
血栓血液の流れている血管の中で、血液が固まる仕組み。
血小板凝集
:血小板が凝集する仕組み。
血液凝固と炎症
血液が凝固する時には、炎症も起きる。
一酸化窒素(NO)NOには、血管拡張作用、血小板凝集抑制作用がある。
グリコサミノグリカン:プロテオグリカンを構成する糖鎖は、二糖構造の繰り返しで成されている。
CRP:CRPは、肺炎球菌のC多糖体と沈降反応を示す血漿蛋白。
飲酒とアセトアルデヒド:アルコールを飲酒すると、肝毒性の強いアセトアルデヒドが、生成される。

  |トップページ脂質と血栓の関係医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集