医学の話題

 このページは、移転しました。
 自動的にジャンプしない場合、ここをクリックして下さい


 AST(GOT):m-ASTは、ミトコンドリアが障害されると、血清中に上昇する。
 Malate-aspartate shuttle
リンゴ酸-アスパラギン酸シャトル(英語版)。
 電子伝達系と酸化的リン酸化
:ミトコンドリア内膜を電子が伝達され、ATPが合成される。
 ミトコンドリアミトコンドリアは、外膜、膜間スペース、内膜、マトリックスで構成されている。
 ミトコンドリアの輸送系
ミトコンドリア内膜は、オキサロ酢酸、NADH2+などを、直接通過させない。
 Mitochondriaミトコンドリア(英語版)。
 NAD+:ニコチン酸の誘導体NAD+は、2ケの水素原子で還元され、NADH2+になる。
 CoQ10(ユビキノン)
:ミトコンドリアで、電子受容体、電子供与体として、重要。
 
栄養素の代謝と相互変換
:グルコースとアミノ酸は、脂肪酸に変換されるが、逆の変換は、不可能。
 十分に食餌を摂取している時の代謝:グルコースやアミノ酸は、中性脂肪やコレステロールに変換。
 絶食時の代謝:絶食時には、脂肪酸やケトン体がエネルギー源として使用される。 
 糖新生の経路
:糖新生で、アミノ酸、乳酸、ピルビン酸などから、グルコース(ブドウ糖)が生成される。
 オキサロ酢酸:糖原性アミノ酸、ピルビン酸、乳酸など、オキサロ酢酸に変換され、糖新生に利用される。
 食事とスタミナ:高脂肪食だと、グリコーゲンの貯蔵が少なく、アドレナリンの分泌が増加する。
 ビタミン
:ビタミンB1や、ナイアシンなどは、補酵素として、代謝に重要な作用をする。
 インスリン
筋肉や脂肪組織で、グルコースのGLUT4を介する、細胞内への取り込みを促進する。
 BCAA
血漿中のBCAA濃度が低下すると、脳内のセロトニン濃度が増加する。
 経口補水塩(ORS)
:急性下痢症の脱水には、経口的に、Naやブドウ糖を含む液を飲ませる。
 TNF-α
:TNF-αは、血管内皮細胞を障害し、微小血栓を作らせる。PGは、TNF-αの産生を抑制する。
 カルニチン脂肪酸は、カルニチンと結合して、ミトコンドリア内に輸送される。
 播種性血管内凝固症候群(DIC):微小血栓が形成され、臓器の機能不全や出血傾向が見られる。
 SIRS(全身性炎症反応症候群):敗血症や手術後に、多臓器不全が起こる。
 好中球エラスターゼ:炎症時に、自己の組織も障害する。
 セレクチン:血管内皮細胞が発現する、細胞接着因子で、白血球表面の糖鎖と結合する。
 ヘルパーT細胞:MHCクラスII分子とTCR/CD3複合体との結合や、共刺激シグナル。
 NK細胞:NK細胞は、NK細胞受容体で、標的細胞(ウイルス感染細胞など)の糖鎖を認識し、殺す。
 NKT細胞:NKT細胞は、NK細胞受容体と、スフィンゴ糖脂質を認識する受容体とを持っている。
 スーパー抗原:黄色ブドウ球菌などから産生される毒素は、T細胞を抗原非特異的に活性化させる。
 抗リン脂質抗体症候群:抗カルジオリピン抗体が陽性で、血栓症を来たす。
 イオンチャネル:細胞膜を貫通しているチャネル蛋白質が開いて、イオンが細胞内外に受動輸送される。
 膜ATPase:ATP分解のエネルギーを利用して、イオンを、細胞膜の内外に、能動輸送させる。
 尿路結石:尿路結石の予防には、脂肪摂取を控え、カルシウムを多く摂ることが勧められる。
 レニン分泌の調節:Cl-や血圧が低下すると、レニンが分泌され、腎臓でのNa+再吸収が促進される。
 血液凝固と、KK系と、RAA系との関連:血液が凝固すると、発痛物質のブラジキニンが産生される。
 アルドステロンNa+/K+-ATPase(Na pump)などを活性化させ、腎臓からのNa+再吸収を促進させる。
 尿細管細胞:尿細管細胞では、原尿中からNa+Cl-を再吸収し、原尿中にH+やK+を分泌する。
 鼻過敏症状発現のメカニズム:ヒスタミンは、鼻水、くしゃみを、ロイコトリエンは、鼻閉を来たす。
 炎症:抗炎症薬は、PGE2産生を抑制し、T細胞やLTなどによる、強い免疫的炎症反応を起すおそれがある。
 ルイス式血液型:ルイス式血液型と、ABO式血液型との関係。
 シアリルLe抗原と腫瘍マーカー:CA19-9やSLXなどの腫瘍マーカーは、シアリルルイス抗原。
 シアル酸:糖鎖を構成するシアル酸は、陰性荷電を有し、細胞接着に関係する。
 糖尿病性神経障害異常感覚(足先や足底のピリピリ感、ジンジン感、しびれ感、冷感など)が、見られる。
 痛み:ツボを指圧すると、軸索反射で、近辺の血行が良くなり、発痛物質が除去され、痛みが軽減する。
 痒み:肥満細胞から放出されたヒスタミンは、真皮で、C線維を刺激して、脳に、痒み感覚を伝達する。
 神経線維の分類:脳は、痛みを抑制するようなインパルスを、下行性に出す。
 Na量が体液量を決定する:食塩など、Na+を過剰摂取すると、細胞外液量が増え、高血圧になる。
 グルタミンとグルタミン酸:グルタミン酸は、アンモニア(NH3)を処理するのに、大切なアミノ酸。
 チアゾリジン誘導体:インスリン抵抗性を改善する、アディポネクチンの分泌を増加する。
 ホモシステイン:ホモシステインは、血管内皮細胞を障害する。


  |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識小児科疾患生命の不思議リンク集