仮性クループの音

 仮性クループ(急性喉頭炎)は、ケンケン(クウェンクウェン)と言う犬の遠吠えのような咳(犬吠様咳:けんばいようせき)がして、声がかすれる(嗄声:させい:声がしゃがれる)が、夜間などに見られ、息を吸う時に音がする(吸気性呼吸困難)のが特徴。
 仮性クループ(急性喉頭炎)は、喉部の気道が、炎症性腫脹により、狭くなる。

 仮性クループ(急性喉頭炎)は主に、ウイルス(パラインフルエンザウイルス、インフルエンザウイルス、RSウイルスなど)が原因で起こる。
 真性クループは、ジフテリア菌が原因で、起こる(喉頭ジフテリア)。


 アナログテープに録音した音を、デジタル化し、編集してあります(Adobe Audition 1.5を使用して、wavファイルを経て、MP3ファイルに変換し、FTPソフトにて、転送)。
 なお、録音した音の再生には、パソコンに、Windows Media Playerか、Quick Timeがインストールされている必要があります。
 録音した音のコピーや、無断転載引用などを、禁じます。

 2015年12月1日追記
 Windows 10のMicrosoft Edgeで音が再生出来ない時には、右上の「…」をクリックして、「Internet Explorer で開く」を選択し、Internet Explorerで閲覧して下さい。
 Opera ブラウザで閲覧する場合は、Adobe Flash Playerをダウンロードして下さい。

 <インフルエンザのページに戻る
 <小児科疾患に戻る
 百日咳特有の咳発作(録音テープ)
 <気管支喘息の発作の音(録音テープ)

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集