CoQ10バナー 49 【おためしセット】プレママ&ベビーおためしセット

 アセトン血性嘔吐症
 
 【ポイント】
 アセトン血性嘔吐症では、顔色不良になり、頻回の嘔吐が現れる。嘔吐に伴ない、コーヒー残渣様の吐物が見られることもある。低血糖を伴なうこともある。アセトン血性嘔吐症は、2〜6歳の子供が、発症する(乳児には見られない)。
 口臭が、アセトン臭(やや酸っぱい様な臭い)になる。
 尿検査で、尿中ケトン体が、強陽性を示す腹部の皮膚は、緊張が低下し、柔らかく触れる
 治療は、ブドウ糖を含む甘い物を食べさせたり、ブドウ糖を含む飲料(スポーツドリンク等)を飲ませる。嘔吐して、経口摂取出来ない場合には、20%ブドウ糖液を静脈注射する(20%ブドウ糖液 20ml+ビタミンB1 10mg)。
 夕食を食べずに寝ると、空腹時間が長くなり、翌朝に、アセトン血性嘔吐症の発作を起こすことが多い。
 アセトン血性嘔吐症(自家中毒)になる小児は、ケトン体(飢餓時などに肝臓で生成される)の肝外組織(脳など)での利用が不良で、血中にケトン体が蓄積し、アシドーシスを起こし易いと考えられる。
 肝外組織のケトン体の代謝能力が低下しないように、日頃から、ビタミン類(ビタミンB1等)を十分に摂取することも、発作予防の為、大切と考えられる。


 1.症状
 アセトン血性嘔吐症の小児は、嘔吐(1日数回〜十数回)して、腹痛、食欲不振等を訴え、顔色不良(顔面蒼白)になり、元気がなくなる。
 口臭が、アセトン臭(やや酸っぱい様な臭い)になる。
 アセトン血性嘔吐症は、2〜6歳の子供が発症する。
 アセトン血性嘔吐症は、周期性嘔吐症、自家中毒症(注1)等とも、呼ばれる。

 アセトン血性嘔吐症では、嘔吐(1日数回〜十数回)、嘔気、食欲不振、腹痛等の症状が見られる。
 アセトン血性嘔吐症では、顔色不良で、ぐったりし、口臭が、アセトン臭(アセトン様口臭:やや酸っぱい、林檎が腐った時の様な臭い)になる。検尿では、尿中ケトン体が、強陽性になる(尿試験紙のケトン体を検出する部分が、強く、紫色になる)。低血糖(多くは、血糖値は、40mg/dl代にまで低下する)が見られることがある(アセトン血性低血糖症)。種々の程度の意識障害も見られる。時に、痙攣発作を引き起こす。
 アセトン血性嘔吐症では、四肢冷感、頻脈、腹壁緊張低下等が見られる。
 アセトン血性嘔吐症では、急性胃腸炎と異なり、嘔吐はしても、下痢は、伴なわないことが多い。

 アセトン血性嘔吐症は、小児が、消化器疾患や上気道炎に罹患したり、疲労や精神的ストレス(緊張)が加わったり、食事を摂取しなかった後等に、起こることが多いが、明らかな原因がなく、嘔吐等の症状が起こることもある。
 アセトン血性嘔吐症の発作は、早朝に発症が見られることが多い。発症前の日の夕方、いつもより早く、夕食を食べずに寝ると、空腹時間が長くなり、翌朝に、アセトン血性嘔吐症の発作を起こす。

 アセトン血性嘔吐症は、2〜6歳の子供(男児に多い)に、見られる:アセトン血性嘔吐症は、初発するのは、18カ月以降の小児。アセトン血性嘔吐症は、9〜10歳を過ぎると、起こらなくなる。アセトン血性嘔吐症は、普通、乳児や思春期以降の小児には、見られない。乳児、1歳代の小児が、アセトン血性嘔吐症(自家中毒症)様の症状を示す場合は、他の疾患である可能性が高い。
 アセトン血性嘔吐症は、スリムな痩せ形の体格の子供(筋肉質でない、華奢な体格の男子)に多いと言われる。

 アセトン血性嘔吐症の発作の回数に関しては、2〜3カ月に1回程度の頻度で発作を起こす小児もいれば、1年に1回程度の頻度で発作を起こす小児もいる。
 アセトン血性嘔吐症の嘔吐は、最初は、食物残渣を嘔吐するが、次第に、水様粘稠な液(粘液の混じった胃液)を嘔吐するようになる。さらに、アセトン血性嘔吐症の嘔吐は、回数が多いと、コーヒー残渣様になる(注2)。通常、嘔吐は、2〜3日間続くが、重症例では、嘔吐が、4〜5日間続く。

  
 2.所見・検査
 アセトン血性嘔吐症の小児は、顔色不良(顔面蒼白:低血糖が原因)で元気なく、口からアセトン臭(やや酸っぱい様な臭い)がする。
 検尿では、尿中ケトン体が、強陽性を示す(尿試験紙のケトン体を検出する部分が、強く、紫色になる)。尿中ケトン体(尿中一般物質定性半定量検査 尿中ケトン体)は、普通の試験紙法(ニトロプルシド法)は、主に、アセト酢酸を検出する(感度5mg/dl以上)。
 血糖値も、40mg/dl代に低下することがある(アセトン血性低血糖症)。ケトン体が肝臓で生成されるのは、糖(グルコース)が不足し、脂肪酸分解(β-酸化)が盛んに行われ、糖新生が進行しているような代謝状態であり、脂肪酸分解(β-酸化)によりアシルCoAやアセチルCoAが生成され、ミトコンドリア内などのCoAが不足する為、アセチルCoAからアセト酢酸が生成される(アセチルCoAがTCA回路で分解されない)。

 アセトン血性嘔吐症では、腹部の皮膚は、緊張が低下し、柔らかく触れる。嘔吐が続いていると、腹部は、陥没している。
 アセトン血性嘔吐症は、上気道炎等の感染症を契機に発症した場合には、発熱が見られるが、アセトン血性嘔吐症典型的には、無熱な場合が多い
 アセトン血性嘔吐症では、脈拍は、頻脈になるが、緊張は良い。股動脈音が、聴取される。
 四肢末端に冷感が現れることがあるが、口唇のチアノーゼは、現れない。
 アセトン血性嘔吐症では、便通は、便秘に傾くことが多い。急性胃腸炎を契機に発症した場合には、下痢を伴なうこともある。テール便(血便)を出すこともある。

 アセトン血性嘔吐症では、血中の乳酸値が、上昇する(乳酸からの糖新生が減退している)。
 アセトン血性嘔吐症では、ピルビン酸値も上昇する。
 表1 アセトン血性嘔吐症の検査値参考文献の表3の香坂氏のデータを引用)
     単位   平常時  アセトン血性嘔吐症
 グルコース  mg/dl  85.2±22.6  77.4±23.8
 乳酸  mg/dl  12.9±6.3  22.5±5.4
 ピルビン酸  mg/dl  0.69±0.43  0.79±0.31
 乳酸/ピルビン酸    18.6±5.2  28.5±9.2
 血清β-ヒドロキシ酪酸  mM/L  0.162±0.125  1.83±1.440
 血清アセト酢酸  mM/L  0.088±0.051  0.383±0.285
 血清β-ヒドロキシ酪酸/アセト酢酸     1.84±0.95  4.72±2.80
 尿中β-ヒドロキシ酪酸  mM/L  0.091±0.081  33.15±34.0
 尿中アセト酢酸  mM/L  0.068±0.041  8.25±4.8
 尿中β-ヒドロキシ酪酸/アセト酢酸    1.34±0.75  4.02±3.31
 3.発症機序
 人間の脳は、グルコース(ブドウ糖)を、エネルギー源にしているので、生体は、主に、肝臓に於いて、糖新生や貯蔵グリコーゲン分解を行って、血液中にグルコース(ブドウ糖)を供給し、血糖値が低下しないように維持している(血糖維持機構)。
 飢餓(空腹)時や、ストレス(上気道炎等)時等、グルコースの必要量が高まると、肝臓では、脂肪酸をβ-酸化し、エネルギー(NADH2+等)を生成し、糖新生を行って、血液中にグルコースを供給する(注3)。
 肝臓での脂肪酸のβ-酸化が亢進すると、β-酸化によって生成された余剰なアセチル-CoAは、ケトン体アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸)に変換される(注4)。肝臓は、ケトン体を生成するが、ケトン体(アセト酢酸)をエネルギー源として利用出来ない。肝臓には、ケトン体をアセチル-CoAに分解する過程で必要な酵素(スクシニル-CoAトランスフェラーゼ)が存在しない(注5)。ケトン体は、筋肉(心筋、骨格筋)、脳、腎臓、副腎等で、エネルギー源として利用されるが、ケトン体の血中濃度が上昇し過ぎる(アセトン血症)と、尿中から排泄される(ケトン尿)。絶食時等には、脂肪酸から生成されるケトン体(アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸)は、水溶性の燃料分子(代謝燃料)として、脳や、心臓や、腎臓で、エネルギー源として利用される。
 肝臓での脂肪酸のβ-酸化が亢進し(ケトン体の産性が増加し、アセトン血症になる)、糖新生が行われても、必要な量のグルコースが生成されないと、低血糖になる(アセトン血性低血糖症)。
 糖新生には、糖原性アミノ酸アラニン等)の炭素骨格や、ピルビン酸からがピルビン酸カルボキシラーゼ(PC)により生成されるオキサロ酢酸の炭素骨格が、用いられる。従って、筋肉量が少ない小児(2〜6歳の痩せた体型の小児)は、糖新生が十分に行われず、アセトン血性嘔吐症を、起こし易い。また、ビタミン類(ビタミンB1ビタミンB6ビオチン等)の不足も、糖新生が十分に行われず、アセトン血性嘔吐症を、起こす原因となると考えられる(注6)。
 正常児でも、幼児や、学童や成人に比して、短時間の飢餓(空腹)や、ケトン食負荷により、アセトン血症(ケトン血症)を来たし易い(体重に比して、体表面積が広い幼児は、熱の発散量が多く、基礎代謝が高い)。
 小児は、飢餓(空腹状態)が続くと、アセトン血症を来たし易いので、小児は、感染症等に際して、検尿をすると、アセトン血性嘔吐症でなくても、尿中ケトン体が陽性になる。典型的なアセトン血性嘔吐症では、尿中ケトン体は、強陽性を示す。

 アセトン血性嘔吐症では、血中にケトン体が増加し、ケトアシドーシス(代謝性アシドーシス)になる。
 アセトン血性嘔吐症では、頻回に嘔吐していても、アルカローシスにならない。

 体内にケトン体が増加する病態は、ケトーシス(ketosis)と呼ばれ、アセトン以外のケトン体は、比較的強い酸なので、アシドーシス(酸血症)を招きので、ケトアシドーシス(ketoacidosis)と呼ばれている。
 大量にケトン体が、産生されるような際には、同時に、酢酸も産生される。ケトン体の産生が増加しているような、脂肪酸のβ-酸化が亢進している際には、ミトコンドリア内の遊離CoAが欠乏し、アセチル-CoAヒドロラーゼ(acetyl-CoA hydrolase)により、アセチル-CoAが、加水分解され、遊離CoAと酢酸とに、分解される。酢酸(短鎖脂肪酸)は、肝臓から血液中に放出され、他の組織で、ケトン体と同様に、代謝燃料として、利用されますが、酢酸は、ケトン体(アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸)は、酸性物質なので、血液が酸性化し、ケトン体による、ケトアシドーシスを促進させると言われる。


 アセトン血性嘔吐症と鑑別を要する疾患には、脳腫瘍、癲癇の自律神経発作、周期性ACTH・ADH分泌過剰症、心因性嘔吐、消化器疾患(腸回転異常、腸軸捻転、総胆管拡張症)等がある。また、先天性代謝異常症である、中鎖脂肪酸代謝異常症等の脂肪酸酸化異常症(FAOD)、尿素回路代謝異常症(CPT-I欠損症等)、イソ吉草酸血症等も、アセトン血性嘔吐症と鑑別を要する。
 
 なお、脂肪酸酸化異常症(FAODでは、脂肪酸のβ-酸化が障害され、糖新生が行われないので、ストレス時等に、低血糖発作を来たす。しかし、脂肪酸酸化異常症(FAOD)の場合は、アセトン血性嘔吐症やアセトン血性低血糖症)と異なり、低血糖があるのに、尿中ケトン体の濃度は、低い低ケトン性低血糖症)。

 4.治療
 嘔気や嘔吐がひどくない場合には、経口的に、糖分(ブドウ糖)を含む飲料(スポーツドリンク、炭酸を含まないジュース等)を、30分から1時間毎に、飲ませる。
 砂糖、飴等も、良い。番茶に砂糖を加えて飲ませる(砂糖の濃度は、5%程度にする。砂糖の濃度が濃すぎると、番茶の浸透圧が高くなり、胃が刺激され、嘔吐を誘発してしまう)。

 頻回の嘔吐が見られ、経口摂取出来ないような場合には、20%ブドウ糖液を20〜40ml、静脈注射(one shot)する(注7)。
 20%ブドウ糖液は、幼児20〜40ml、学童40〜60mlを、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC等を添加して、静脈注射する。

 頻回の嘔吐が見られ、排尿も見られない場合(脱水の程度が強い場合)には、ソリタT1号(100〜200ml)の初期輸液を行い、排尿が見られたら、ソリタT3号の維持輸液を行う(入院加療)。

 1病日以上経過して、嘔吐等が収まらないで受診した場合には、ソリタT1号200mlに、20%ブドウ糖液を40ml、ビタミンB1を10mg、ビタミンB2を2mg(フラビタン5mg)、ビタミンCを100mg添加し、点滴静注する(ソリタT1号は、10ml/kg/時の速度で点滴静注する)。

 アセトン血性嘔吐症の治療や、予防としては、チョコレートや高脂肪食の摂取を控える。
 アセトン血性嘔吐症の予防としては、疲労していても、夕食等を摂取しないで、空腹のまま寝かせつけないようにすることが重要(空腹時間が、長くならないようにする)。蛋白や炭水化物を、十分に摂取する。ビタミン類(ビタミンB1ビタミンB6ビオチン等)は、普段から、不足しないように、十分に摂取する。
 
 アセトン血性嘔吐症には、副腎皮質ステロイドホルモン(ステロイド剤)やACTHが、著明な治療効果を示す。ステロイド剤は、(ソリタT1号を点滴静注中に三方活栓から、)ハイドロコーチゾン20mgを静注する。
 ステロイド剤(コルチゾール等)は、糖新生を促進させるので、血糖値が上昇する。
 アセトン血性嘔吐症の発作時には、血中コルチゾールは、上昇している。インスリンは、血糖値に比して、低値を示す(インスリンは、糖新生を抑制するホルモン)。
 5.アセトン血性低血糖症 
 アセトン血性嘔吐症に低血糖が見られる場合は、アセトン血性低血糖症(ケトン性低血糖症:ketogenic hypoglycemia)と呼ばれる。
 アセトン血性低血糖症は、糖原性アミノ酸アラニン等)の予備能が少ないこと、肝臓グリコーゲン量が減少していること等が、原因で、飢餓時等に、血糖維持機構(肝臓での糖新生等)が、十分に機能せず、ケトン体の増加(脂肪酸のβ-酸化の亢進)を伴なう低血糖を来たすと、考えられている。
 ケトン性低血糖症(ketogenic hypoglycemia)の小児(18mo〜5yr)は、一晩の空腹(overnaighit fast)後の血漿アラニン濃度が、著明に低い。ケトン性低血糖症の小児に、アラニン(250mg/kg)を静脈注射すると、血糖が、急速に回復(上昇)する。
 ケトン性低血糖症の小児では、(骨格筋由来の)アラニン(糖新生の基質)が、減少(欠乏)している。ケトン性低血糖症の小児では、フルクトース(果糖)や、グリセロールからの糖新生能や、グリコーゲン分解能は、異常がない。
 ケトン性低血糖症の予防には、高蛋白で高炭水化物の食事(a higk protein, high-carbohydrate diet)を、頻回に食べさせるのが良い(高脂肪食は良くない)。
 ケトン性低血糖症の小児は、同年代の小児より華奢な(small)なことが多い。ケトン性低血糖症は、筋肉量(musle bulk)が増加する8〜9歳には、自然に起こらなくなる。
 ケトン性低血糖症の小児は、5歳以下の小児に多い(男子が多い)が、学童期(9歳〜10歳未満)にも、低血糖が見られる。
 アセトン血性嘔吐症(自家中毒症)は、嘔吐が主な症状で、アセトン血性低血糖症は、低血糖による症状(顔面蒼白、意識障害等)が主な症状になる。
 6.その他
 ・アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)の患者は、将来、片頭痛に移行することが多い。
 ミトコンドリア遺伝子異常症であるミトコンドリア脳筋症(MELAS)では、突発性の嘔吐発作を繰り返す。ミトコンドリア脳筋症(MELAS)の患者は、片頭痛の合併が見られる。 

 ・アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)は、52〜54%の患者は、母親からの遺伝と考えられる。
 アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)は、先天的(遺伝的)なミトコンドリア異常を有する児に起こると考えられる。

 ・難治性癲癇の治療に、ケトン食療法が試みられて来た。
 飢餓療法(ケトン食療法)が、癲癇発作を抑制することがあることは、大昔より、知られて来た。
 古典的ケトン食療法は、炭水化物に厳重に制限して行った(高脂肪・低炭水化物食)。近年は、MCTオイル(medium chain triglyceride oil)を用いたケトン食療法も試みられた。
 ケトン食療法中による癲癇発作抑制効果は、血液中のβ-ヒドロキシ酪酸(D-β-hydroxybutyrate:BHB)濃度の上昇と関連している。脳が、β-ヒドロキシ酪酸をエネルギー源として利用する程、痙攣が抑制される。MCT投与マウスは、飢餓マウスと同情、時間と共に、血中のβ-ヒドロキシ酪酸濃度が上昇する。
 ケトン食療法中は、脳は、グルコース(ブドウ糖)より、ケトン体をエネルギー源として利用する(metabolic shift)。
 マウスの実験結果からは、ケトン食(ケトン乳)を投与すると、脳内ATP含量が増加し(脳内ADP含量は減少する)、神経細胞膜の膜安定化が起こり、刺激閾値が上昇し、痙攣が抑制されると考えられている。
 表2 ケトン食投与マウスの脳内ATP含量参考文献の表1を引用)
 食事   ATP
 (μ moles/wet g)
  ADP
 (μ moles/wet g)
 対照群   1.756±0.127   0.400±0.067
 飢餓群   1.883±0.156   0.376±0.067
 ケトン食群   2.068±0.243   0.377±0.065

 ケトン食療法の副作用として、嘔吐、下痢、腹痛が現われることがある。
 ケトン食療法中に、ビタミンB1(チアミン)を欠乏し、視神経萎縮を来たした症例がある。ケトン食療法中は、ビタミン剤を補充する必要がある。

 注1:アセトン血性嘔吐症は、大正3年に、伊東祐彦教授によって、自家中毒症と命名された。
 以前は、アセトン血性嘔吐症(自家中毒症)の原因に関して、代謝障害説より、食物アレルギー説を支持する学者がいた。これは、自家中毒症は、眼瞼周囲の異常着色(アレルギー・シャイナー)、皮膚掻痒等、アトピー性素質(アトピー性皮膚炎)を有する小児に、多く発症したことが、理由だったと思われる。
 自家中毒症は、都会に多く、田舎に少ない傾向があった。

 注2:自家中毒症(アセトン血性嘔吐症)では、嘔吐に伴ない、茶褐色のコーヒー残渣様の吐物が見られることがあった。その為、自家中毒症(アセトン血性嘔吐症)は、血液吐瀉症とも呼ばれたが、近年は、そのような重症例は、減少していると言われる。
 自家中毒症(周期性嘔吐症)の病理所見では、胃や十二指腸に、粘膜下出血、糜爛、潰瘍等の変化を認めると言う。
 自家中毒症(周期性嘔吐症)の病理所見で、肝臓や腎臓に、脂肪変性が認められた例もあったとされる(現在のFAODの症例だった可能性も考えられる)。

 注3:脂肪酸のエネルギーは、β-酸化により取り出され、糖新生(グルコース生成)のエネルギー源になる。しかし、脂肪酸(脂肪酸のβ-酸化で生成されるアセチル-CoA)が、実質的に、糖(グルコース)に変換されることは、ない。なお、脂肪酸の大部分は、偶数の炭素原子から構成されているが、腸内細菌(ヒトの大腸や、反芻動物の胃の中の微生物)等は、奇数鎖脂肪酸を合成する。奇数鎖脂肪酸(プロピオニル基)は、スクシニル-CoAを経て、オキサロ酢酸に代謝されるので、奇数鎖脂肪酸は、例外的に、実質的に、糖(グルコース)に変換される。

 注4肝臓では、脂肪酸のβ-酸化によって生成されるアセチル-CoAは、大部分は、本来、TCA回路で代謝される。
 「脂肪は、糖の炎によって燃える」(Fat burns in a carbohydrate flame)と言われるように、脂肪酸のβ-酸化によって生成されるアセチル-CoAが、TCA回路で代謝されるには、糖(グルコース)の代謝(解糖)で生成されるオキサロ酢酸と結合し、クエン酸になる必要がある。
 絶食時には、脂肪酸のβ-酸化が、亢進するが、解糖(グルコース異化作用)は低下し、ピルビン酸から、ピルビン酸カルボキシラーゼ(PC)によるオキサロ酢酸分子の生成も、低下する。特に、炭水化物の摂取が不足していると、オキサロ酢酸の生成が減少し、脂肪酸のβ-酸化によって生成されるアセチル-CoAを、TCA回路で十分に代謝出来ず、アセチル-CoAが蓄積し、ケトン体の生成が、亢進すると考えられる。なお、筋肉量が少なかったり、蛋白質の摂取が不足して、糖原性アミノ酸(アラニン等)が不足すると、糖新生に必要なオキサロ酢酸が不足し、低血糖を招くと考えられる。従って、アセトン血性低血糖症(アセトン血性嘔吐症)の予防には、高蛋白・高炭水化物食(a higk protein, high-carbohydrate diet)が、良い。 

 注5ケトン体をアセチル-CoAに合成する酵素としては、スクシニル-CoAトランスフェラーゼやチオラーゼが必要。
 スクシニル-CoAトランスフェラーゼ((スクシニルCoA-3-オキソ酸CoAトランスフェラーゼ、succinyl-CoA:3-oxo-acid CoA-transferase:SCOT、EC-Number 2.8.3.5、thiophorase))は、アセト酢酸(ケトン体9を、スクシニル-CoAと反応させ、アセトアセチルCoAとコハク酸とに変換する酵素で、肝臓以外の全ての組織の細胞に存在する。チオラーゼは、アセトアセチルCoAを、2分子のアセチル-CoAに変換する酵素で、生成されたアセチル-CoAは、肝臓以外の組織(筋肉、脳等)の細胞のTCA回路で、代謝される。
 なお、肝臓以外の細胞で、β-ヒドロキシ酪酸がアセト酢酸に変換される際には、肝臓と異なるアイソザイムのβ-ヒドロキシ酪酸デヒドロゲナーゼ(HBDH:β- Hydroxybutyrate Dehydrogenase、EC 1.1.1.30)が、触媒する。

 HMG-CoAシンターゼは、アセチル-CoAをアセトアセチル-CoAに結合させ、3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA(HMG-CoA)を生成する。
 肝臓は、ケトン体を合成(産生)する酵素活性(HMG-CoAシンターゼ)は高いが、ケトン体を代謝(アセチル-CoAに分解する)する酵素活性(スクシニル-CoAトランスフェラーゼ)は低い。HMG-CoAシンターゼ(HMG-CoA synthase:EC 2.3.3.10)は、肝細胞のミトコンドリア内にのみ存在し、他の組織の細胞には、存在しない(ケトン体を産生して血液中に放出する臓器は、肝臓だけ)。

 スクシニル-CoAは、ケトン体分解を促進させる:スクシニル-CoAは、肝臓以外の組織で、ケトン体(アセト酢酸)がスクシニル-CoAトランスフェラーゼによりアセトアセチル-CoAに変換される反応に必要。
 スクシニル-CoAは、ケトン体生成を抑制する:スクシニル-CoAは、肝臓でケトン体生成に必要なHMG-CoAシンターゼを可逆的に阻害する(HMG-CoAシンターゼを共有結合修飾でスクシニル化する)。

 注6ケトン体は、肝臓以外の組織(骨格筋、脳等)のミトコンドリア内で、アセチル-CoAに変換され、エネルギー源(代謝燃料)として、利用される。ケトン体は、肝臓では、アセチル-CoAに変換(再分解)されて、利用されない:肝臓には、ケトン体(アセト酢酸)をアセトアセチル-CoA(チオラーゼによりアセチル-CoAに分解される)に変換する酵素(スクシニル-CoAトランスフェラーゼ)が存在しない。
 ケトン体から生成されるアセチル-CoAは、ミトコンドリア内のTCA回路で代謝され、生成されるNADH2+等により、呼吸鎖でATPが生成される。これらの代謝過程に於いて、ビタミンB1ピルビン酸デヒドロゲナーゼの補酵素であり、ピルビン酸のアセチル-CoAへの変換を促進させる)は、TCA回路の代謝を促進させ、ケトン体の利用(糖代謝)を促進させると考えられる。また、ビタミンB2FADを構成し、脂肪酸のβ-酸化等を促進させる)、ビタミンB6ASTやALTの補酵素であり、アラニン等のアミノ酸のピルビン酸への変換等を促進させる)、ビオチンピルビン酸カルボキシラーゼの補酵素であり、ピルビン酸のオキサロ酢酸への変換を促進させる)は、糖新生を促進させ、血糖上昇を促進させると考えられる。
 アセトン血性嘔吐症(自家中毒症)は、末梢組織でのケトン体の利用傷害(ビタミン類の不足等が背景に存在する)の為に、ケトアシドーシスを起こし、嘔吐を繰り返す症状が主体になり、アセトン血性低血糖は、肝臓での糖新生の障害(アラニン等の糖新生に必要な炭素骨格の不足が背景に存在する)の為、低血糖を起こし、低血糖の症状(顔色不良、意識障害)が主体となっているのかも知れない。欧米では、アセトン血性低血糖(ketogenic hypoglycemia)と言う病名は存在するが、アセトン血性嘔吐症(cyclic vomitting)と言う病名は、存在しないと言うような話を聞いたことがある。アセトン血性低血糖は、アラニン等の糖新生に必要な炭素骨格の不足が原因で、糖新生が十分に行われないこと(低血糖)が、発症の原因であり、アセトン血性嘔吐症は、糖新生時、脂肪酸のβ-酸化が亢進して生成されたケトン体を、末梢組織(骨格筋、脳等)で、ビタミン類(日本人に不足しがちだったビタミンB1)の不足が原因で、十分に利用出来ず、ケトン体が血中に著増すること(ケトアシドーシス)が、発症の原因なのかも知れない。
 肝臓では、脂肪酸のエネルギーを、β-酸化により、グルコースや(糖新生)、ケトン体に変換し、他の組織で、代謝燃料として、利用することが出来るようにする。脂肪酸のβ-酸化によって、生成されたケトン体が、肝臓以外の組織(筋肉等)で、アセチル-CoAに変換され、TCA回路で代謝されるには、グルコースから生成されるオキサロ酢酸や、ビタミン類が必要であり、低炭水化物食や、ビタミン類の不足は、肝臓以外の組織でのケトン体利用を低下させ、血中にケトン体を蓄積させ、アセトン血性嘔吐症を招くのかも知れない。従来、アセトン血性嘔吐症で、血中のケトン体が増加するのは、肝臓で、中毒性物質により、(糖代謝が阻害され、)脂肪酸が不完全燃焼(不完全酸化)する結果、ケトン体産性が亢進すると言う説も、本に書かれていたが、アセトン血性嘔吐症で、血中のケトン体が増加しケトアシドーシスを来たすのは、肝臓からのケトン体生成が亢進する(糖新生の為の脂肪酸のβ-酸化が亢進したり異常を来たす)のが原因ではなく、肝臓以外の組織でのケトン体利用が障害される(肝外組織のTCA回路でのケトン体を代謝する能力が低下してる)のが、原因なのかも知れない。
 なお、糖尿病では、インスリン不足により、脂肪酸放出が促進し、かつ、TCA回路の代謝や、脂肪酸合成が低下している為、アセチル-CoAが蓄積し、ケトン体が増加する(ケトーシスになる)。

 注7:アセトン血性嘔吐症の治療として、ケトアシドーシスを改善する為に、メイロン(炭酸水素ナトリウム液)を加えることもあった(20%ブドウ糖液20〜60ml+メイロン20〜40ml)。
 メイロンには、重炭酸イオン(HCO3-)が、7%液は0.833mEq/ml、8.4%液は1mEq/ml、含まれているが、非常に高濃度である(7%液は833mEq/L、8.4%液は1000mEq/L)ので、希釈(2%以下)して、緩徐(1mEq/分以下)することが望ましい(静脈注射でなく、ソリタT1号等の点滴液に添加して点滴注射で使用する)。
 糖尿病のケトアシドーシスの場合、重炭酸(メイロン)を投与すると、CNSアシドーシスを来たし、中枢神経系障害の原因となると言う。
 糖尿病のケトアシドーシスの場合、点滴(輸液)とシンスリン治療により、ケトン体が、減少すると、アシドーシスも改善する。糖尿病のケトアシドーシスの場合、炭酸水素ナトリウム(メイロン)を投与すると、血糖値が正常化するに従い、アルカローシスと低K血症が起こり、呼吸抑制が起こり、動脈血CO2濃度が上昇するおそれがあるので、原則として、炭酸水素ナトリウム(メイロン)は、投与しない。

 なお、1%ブドウ糖液(1,000mg/dL)は、浸透圧は、約55mOsm/Lなので、20%ブドウ糖液は、浸透圧は、約1110Osm/Lと高張液(生理食塩液に対する浸透圧比は、4〜5)。
 20%ブドウ糖液(ブドウ糖4g/20mL)は、pHは、3.5〜6.5 (グルコース液の最も安定なpHは、3〜4と言われるが、滅菌に伴ない着色が生じない為に、pH3.5〜6.5に、調節されている)。この程度のpHだと、アセトン血性嘔吐症のアシドーシス(ケトアシドーシス)を増悪させるより、低血糖を改善し、脂肪酸のβ-酸化を抑制し、ケトン体の生成を抑制し、アシドーシスを改善する効果の方が、強いものと思われる。50%ブドウ糖液は、pHは3.5と酸性だが、滴定酸度(pH7.4にするのに要するNaOH量)は0.61と小さいので、血液中では、容易に緩衝されると言う。アミノ酸液は、pHは6程度だが、滴定酸度は約30と大きい。

 参考文献
 ・川勝岳夫:アセトン血症(アセトン血性嘔吐)、小児疾患診療のための病態生理、小児内科、Vol.21臨時増刊号、333-337、1989年(東京医学社).
 ・川勝岳夫:アセトン血症嘔吐症、小児薬物療法の実際、小児内科、Vol.20臨時増刊号、217-219、1988年.
 ・鈴木紘一、他:ホートン生化学 第3版(東京化学同人、2005年、第3刷).
 ・ヴォート生化学(東京化学同人、2003年、第4刷).
 ・ハーパー・生化学(丸善株式会社発行、1975年).
 ・菊池方利:肝における糖調節機構について 日本醫事新報 No.4184(2004年7月3日)、21-30頁.
 ・田川邦夫:からだの働きからみる代謝の栄養学 タカラバイオ株式会社(2003年).
 ・吉田一郎:周期性嘔吐症、今日の小児治療指針 第4版、160-161、1982年(医学書院).
 ・大塚親哉:周期性嘔吐症、今日の小児治療指針 第11版、207頁、1997年(医学書院).
 ・松村龍雄:周期性嘔吐症または自家中毒症、小児科学、701-704、1975年(医学書院).
 ・田澤耕作:周期性嘔吐症、実践 小児診療 日本医師会雑誌 特別号 Vol.129 No.12、S163-S164、2003年.
 ・貴田嘉一:小児における糖尿病の治療、糖尿病診療マニュアル、日本医師会雑誌、特別号、Vol.130 No.8、S202-S207、2003年.
 ・上田英雄、他:内科学(第四版、1987年、朝倉書店).
 ・山田研太郎:急性合併症のための検査と処置、糖尿病診療マニュアル、日本医師会雑誌、特別号、Vol.130 No.8、S230-S233、2003年.
 ・児玉浩子、金子衣野、疋田敏之:周期性嘔吐症−片頭痛関連疾患として、日本医事新報、No.4311(2006年12月9日)、57-62頁.
 ・高田哲、中山慎一、横山純好、中村肇:ケトン食療法の理論と実際、特集 West症候群(点頭てんかん)−最近の進歩、小児内科、Vol.23 No.9、106-110頁、1991年(東京医学社).
 ・児玉荘一:小児てんかんの治療 ケトン食療法、小児内科、Vol.16 No.4、19-23頁、1984年(東京医学社).
 ・Mark A. Sperling: Chapter 77 hypoglycemia, Nelson Textbook of Pediatrics (15th edition), 420-430, 1996.

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集