健康的なダイエットのすすめ


まずは本当におデブさんなのか?をしろう



では、まずは基本的なところから考えていきましょう。 ダイエットを実践するにはしっかり自分で納得してやっていく事が重要です。
やるやらないは別にしても、読んでおいて損はないはず!


大まかに言うとダイエットを考える方のタイプは2つに分かれます。

タイプ1− 根本的な体重オーバー

タイプ2− 部分的(お腹や、腰回り、腕、足など)に脂肪が付き
       スタイルが崩れる
  

1.は病気予備軍もしくはすでに医者にかかっていて体重を落とすようにいわれている方が多いですね。

2.でダイエットを考える方は、単純に脂肪が付いたことで自分がデブである、体重オーバーだ と思いこんでいる方がとてもおおいです。 身長と体重を聞いても全く問題ない人が多いのですよ。 
つまり、肉の質が問題で同じ体重でも脂肪が多い人は容姿が崩れ太って見えたりスマートに見えなかったりします。



適正体重という物がありますが、簡単な物で非常に一般的なBMI法という物があります

BMI法による判定

 ■ 適正体重=身長(m)×身長×22

たとえば身長155cmでは約53kg 160cmでは約56kg 165cmでは約60kg になります。 


次に肥満度です。

 ■ 肥満度(%)=(自分の体重−適正体重)÷適正体重×100

標準 ±10%
やや太り気味 +10%〜20%
肥満 +20% 以上

これでいうと標準体型の範囲は 身長155cmでは〜約58kg 身長160cmでは〜約62kg 身長165cmでは〜約66kg までは標準の範囲なのですよ。



 実際にBMI法でチェックしたい方はこちらへ



いかがですか? 結構「わたしも標準に入っちゃうじゃん!」といわれる方も多いと思いますよ。



ダイエットは2ステップ! へ


このページから入った方はトップページへどうぞ
Copyright  2002- KK All rights reserved.