食べ方のこつ−
しっかりカミカミ作戦



特にダイエットをされる方は食事を摂るときは、とにかくしっかり噛んで食べて下さいね。 

晩ご飯を少な目にしようと思うとどうしてもつらいですよね。物足りなさが残ってしまいます。食べても食べた気がしないです。 それを我慢するこつとしてはとにかく噛む! そして時間を掛けて食べます。 


どうしてかと言うと、

まず食べたものが胃の中に入って消化し満腹感を覚えるまでに時間がかかります。  胃の中に食べ物が入っても栄養が血液中に入って血糖値が上がらないと満腹中枢が働かないんですよ。 これにだいたい30分位かかります。

早食いする人の場合、満腹感を感じる前にどんどん食べちゃうんです。 だから特に夕飯は30分以上は時間を掛けて食事を摂りましょうね。


もう一つ、咀嚼(噛み砕くこと)というのは、脳に色んな信号を送るらしいのですよ。 いろんな信号って何?ッテ言われてもよく解りません(^^ゞ 
でも健康に非常にいいらしいですよ。 場合によっては頭まで良くなるらしい・・・

良く噛むというのは習慣で、初めのなれないうちは結構つらいです。 噛む回数を決めておかないとすぐに飲み込んじゃうんですよね。 でもこれも慣れで、はじめ頑張ればじきに慣れてきますよ。



先日、歯医者さんへいったときに先生から聞いた話ですが、歯並びと知能指数や運動能力はかなり相関関係があるらしいですね。 健康にも当然影響します。

歯並びが悪いとうまく咀嚼できず、栄養も摂りにくい、咀嚼による脳への信号もすくない、運動する場合も「かみしめ」が出来ないと力も出ない、イライラする ということらしいです。

「優秀な運動選手は絶対に歯並びがいい」ッテ言ってましたが、」確かにその通りですよね。 充分納得です。 


うちの子供も、「歯並びは絶対に矯正してでも良くしよう!」 と決意しました。(わたしゃ矯正歯科の回し者か?)

でもお金が・・・(^^ゞ


私は、子供を産んでから結構後悔の連続で、子供を作る前にもっと栄養に気を付けて体調万全で妊娠すべきだったとか・・・良く思うんですよ。 でも決して我が家の子供ができが悪いわけではないですが・・・(^^ゞ



ゆっくり夕食を・・・ッテ言っても

 「そんな時間ある分けないでしょ!」


ごもっともですね。(^^ゞ 

たぶんこれを読まれておられる方の多くはお子さんがおられるお母さんが多いと思います。 

子供がぎゃーぎゃー叫ぶ。 食べ散らかす。 洗濯物をたたまないといけない。 お風呂の用意も・・・・ ダンナがかえってきたら接待しないと夜相手にされない(これは関係ないか・・・)



で、わたし発明しました。 これを克服する方法を!



作 戦 − ビール&つまみ食い へ


このページから入った方はトップページへどうぞ
Copyright  2003- KK All rights reserved.