間食をやめる作戦



もう一つ、甘い間食がどうしてもやめられない、という方いますよね。

私が実践するダイエットの場合、食事制限は基本的に必要ないのですが、脂っこい物で必要のないカロリーをとったり、甘い物を多く摂るのは、一般的に健康にもよくありません。


わたしの場合は、チョコ味の高タンパク飲料(シェイクする奴)を飲むようにしています。 
この製品は健康に必要な色んな微量栄養素や食物繊維もも入っていてとてもおいしいです。 カロリーは多少ありますが、甘いお菓子など食べることを考えれば体にも非常にいいです。 これである程度甘さの欲求も満足できます。


ただ、全く甘い物をあきらめなければならない、ということは考えない方がいいですよ。 そんなことをしていても欲求不満がたまって精神衛生上よくないですからね。 むしろその分運動でカロリーを消費してやろうって考えましょうね。

少なくともこれまでと同じように食事(カロリー)をとっていて、運動をプラスすれば絶対にダイエットの方向には向かっています



もう一つ、運動をすると体調がよくなって食欲も増してきます。 この状態になれば身体もかなり軽快に動くようになっているのでいいのですが、今まで以上に食事量を増やしてしまうのは、くい止めたいですよね。


いろんな人の話を聞いていると「どうしても甘い物がやめられない」、という人はそういう習慣が付いてしまっています。 

ですから、その習慣をぶち壊して、違う習慣を取り入れると良いですね。
同じ生活サイクルでは、条件反射的に食べたくなっちゃったりします。


たとえば、甘い物がほしくなる時間帯をストレッチ運動の時間に当てるとか、散歩の時間にするとか、何か今までとちがった趣味をはじめて見るのもいいと思います。 
甘い物がほしくなったらすぐにジョギングに出かける、なんてのもとてもダイエットには効果があります。 このときのジョギングで使われるエネルギーは脂肪ですからね。

どうしても口が寂しいというかたはクッキー一個+コーヒーだけにするとか色々工夫してみましょうね。 


私の場合、しばらくペナルティー作戦やってましたよ。 これはたとえば、クッキー1個で500mとかランニング量を増やしていくやり方です。 だから、無理には我慢せず、その分はゲーム感覚で楽しく走るんですよ。


私が飲んでいるこのチョコ味シェイクは、子供もたまに飲んでるんで筋肉質の小学生になるんかいな?楽しみです。(ちょっと怖い・・・)



筋肉を意識して生活する へ


このページから入った方はトップページへどうぞ
Copyright  2003- KK All rights reserved.