絶対に「しんどい」と思わない運動



皆さんが取り組むべき物は有酸素運動です。 ですから、皆さんがこれから運動を行う際には、極端に「しんどい」と思う運動はダメ! というよりは「しんどい」と思ってしまうような運動を続けるのは難しいですからね。 

ダメといっても我慢しろッテ意味じゃないですよ。 いや、むしろ我慢したらダメ!ダメ!



段階でいえば「かなりしんどい」「しんどい」「ちょっとしんどい」「楽」のうちの「ちょっとしんどい」〜「楽」の間のペースで行きましょう。 べつに競技に出て良い記録を出すのが目的ではないですから、苦しいトレーニングをするわけではありません。 だいたいしんどい運動はダイエットを考える場合、続けられませんよね。

 「しんどい」と思わずに30分続けられるペース
でやりましょう。

途中で息切れしてしまうのは完全にオーバーペースですよ。



ここがポイント!
 「しんどい」と思わずに30分続けられるペースで運動をする



今思ったんだけど 「しんどい」って方言だっけ?


この「ちょっとしんどい」〜「楽」のペースってどのくらい?って思う方がおられるかもしれませんね。
雰囲気的にお話しすると、たとえば友達と一緒に運動している場合に少しニコニコしながら話が出来る程度です。(でも、スイミングでは話は出来ませんよね(^^ゞ)


学生時代のグラブ活動のランニングをイメージしてませんか?  あれはしんどい! 絶対にあんな運動をしてはいけません身体に悪い!(^^;;ですよ。


 一般的には心拍数でいうと毎分120程度らしいですよ。


わたしは別に計ったりしませんでしたが、公共のスポーツジムなも心拍数が計れるランニングマシーンや自転車こぎ「バイク」があります。 一度やってみるとどのくらいのペースかだいたい解ると思います。

また最近ランニング専用の腕時計でラップタイムを計ったり心拍数測定機能付きの腕時計も結構安く売っていますから、そういう物を買うというのも楽しく運動するのに役に立つかもしれませんね。



と、皆さんにお話しするんですが、それでも一生懸命頑張っちゃう方がほとんどなんですよ。 ついつい自分の体力を忘れてしんどい思いをして走ってしまう。悲しい日本人・・・(関係ないか?)
たとえばランニングするのでも特に走る必要はありません。 ランニングでしんどいと思った時点でウォーキングを少し入れるとか、ウォーキングと同じスピードで走ってください。
スイミング中に水中ウォークに切り替えるというのも充分あり
です。 



  しんどい=ダイエット失敗 ですよ。



運動に効果的な時間 へ


このページから入った方はトップページへどうぞ
Copyright  2003- KK All rights reserved.