運動に効果的な時間は?



ダイエットを考えた場合、一番効果的なのは朝食前です。


これは、食事後の運動の場合たべたもののエネルギーを直接消費して脂肪が燃焼しにくい状態になるからです。 

食事をすると血糖値が上がりそのグリコーゲンが直接エネルギーになります。と言うことは脂肪が燃焼されにくいんです。  スタミナを付けるには役立つんですが、ダイエットを考えた場合は効率は悪くなります。 朝食前は脂肪の燃焼効率が一番良くて通常の1.5倍の効果があるそうです。


といっても自宅にプールでもない限りスイミングを朝食前に行うのは無理ですよね。 早朝ランニングになります。 



冬はちょっと寒くて私もやっていませんが、夏の早朝は本当に気分がいいですよ。 
誰もいない澄んだ空気の中でのランニングです!

早朝ランニングは、やってみるとこういう方結構多いんですよ。 早朝ランニングフリークが。毎日同じ地点で同じ人と会うようになります。 思い切って「おはようございます!」なんて言ってみましょうね。 きっと返事が返ってきます。 これは気分がいいですよ。



もし朝食前が無理だという場合、食後3時間以上たってからが効果的ですから、時間を調整してみましょうね。 たとえばお昼休みに、まずはランニングをしてその後昼食をとるとかです。


もう一つ、食事後は食べ物の消化のために胃腸にたくさんの血液が必要になります。 食事後に眠くなるのもそのせいなんですが、このときに運動で血液を使ってしまうと胃腸に負担がかかってしまって食べ物の消化の面でもよくないですね。



ここがポイント!
 運動は、早朝、もしくは食後3時間以上たってから


でもこういったことはあくまでも直接脂肪を燃焼させる効率の問題で、わたしはあまり神経質に考えない方がいいと思います。 あまり厳密にこだわってもそんなに都合よくスケジュールは組めませんよね? 運動した分は絶対にエネルギーを消費するわけですから、無駄にはなりません。


予備知識として頭に入れておく程度でいいと思いますよ。



楽しく運動するための工夫 へ

    
       こんな朝焼けを見ながら走ると気持ちがいいよ!



このページから入った方はトップページへどうぞ
Copyright  2003- KK All rights reserved.