楽しく運動するための工夫



運動を行うにしても、これまでお話ししてきたとおり続けなければ意味がありません。 続けるには楽しんでやる事。 ですから無理矢理楽しくしちゃいましょう。


たとえばランニングコースですが、なるべく気持ちがよいコースを選びます。 出来れば公園などの土の上が足腰への負担も少なくなりいいのですが、最近のシューズはとても良いのであまり気にする必要はないかもしれません。


近くにそういうところがない、といわれる方もおられるかもしれませんが、一度地図を広げてみてくださいね。 実際に距離を測ってみると2、3km程度離れたところというのはかなり広いんですよ。 普段の行動範囲とは全く違います。  狭い街ですと中心街も通り越しちゃいますからね。 普段ちょっと車で出かけるような大きな公園も射程距離にはいってきたりします。 


どうしても良いところがない場合は自転車を併用するといいと思います。
自転車はランニングほどの負荷はありませんが立派な有酸素運動になりますし、ちょうど体のならしにもいいと思います。


そんな遠くまでは無理?

 でもいいんですよ。 3ヶ月後を目標に距離を伸ばしていきましょう。 3ヶ月後にあなたはきっと思うはずです。


    「なんだ、こんなに近かったんだなあ」って。



近くに川べりや公園などの自然があればそういうコースを選んだり、してもいいですね。
どこかのコンビニを目標に走って、そこに着いたらソフトクリームをかって公園で食べてかえってくるなんてのもいいじゃないですか?


 「ダイエットにならない?」

わたしはそれもいいと思いますよ。 


 先ずは運動する喜びを味わうところから始めましょうよ。



ここがポイント!
 楽しく運動するための工夫を怠らない



わたしの場合は、途中の家で飼われていたワンちゃんにあうのも楽しみにして走っていました。 出かけるときにワンちゃんにあげるチーズとパン切れを持って・・・


くれぐれも苦しいのに頑張ってはダメですよ。 苦しくなってきそうだと思ったらランニングペースを落とし、周りの景色でもゆっくり眺めましょうね。



スイミングも最近は定期的にプールに通う方が増えてきましたね。 これはおそらく公共の室内プールが多くなって手軽に通えるようになったからだと思います。 だいたいそういうプールでは水泳教室などもやっていますから、勇気を出して参加してみてください。 きっとスミングを通してお友達も出来ますよ。


しっかり水分を補給しよう へ


このページから入った方はトップページへどうぞ
Copyright  2002- KK All rights reserved.