水中ウォーキングのすすめ



「疲れを残さないために」でもお話ししましたが、運動にスイミングや水中ウォーク(水中歩行)を組み合わせるととても良いですよ。


特にかなり体重オーバーしている方や体力に自信がない方、これまでに腰や膝などの故障の経験がある方にお勧めです。
こういう方が、いきなりランニングをしても故障の原因になってしまいますからね。


腰、膝のこ症の原因は主にその関節まわりの筋肉の衰えが原因なのですが、水中ウォークでは浮力によって足腰に無理な負担をかけることなく、こういった筋肉を鍛えることが出来ます。


また、水中では歩く速度の2乗に比例してエネルギーを使うのでその人の体力やコンディションによって調整しやすいという利点もあります。 つまり有酸素運動にも最適!ということ。


たとえば普通前を歩いている人を追い抜く場合難なく追い越すことが出来ますが、水中ウォークではそう簡単にはいきません。 単に追い抜くだけでもすごいエネルギーを使います。(これは一度やってみるとすごく実感できますよ)


難しいことはわかりませんが、その時にエネルギーは速度の2乗に比例するそうです。
ということは、追い越すときに1.4倍速度アップした場合、エネルギーは約2倍です!(難しいことはよくわからん)


これは、歩くときの手足のなどの動きにもいえることで、歩きながら大きく手を振ったり、歩幅を大きくしたりすると、色んな場所を鍛えることが出来ます。 時には、横歩きや後ろ歩きなどもとてもいいです。


加えて、水中での運動は水の抵抗によって、体中にマッサージを受けているのと同じような効果があります。


ここがポイント!
 水中ウォークは身体に負担をかけない有酸素運動の王者!




ランニングを中心にやっていく方も、是非是非色々組み合わせてやってみてくださいね!



スケジュールを組んでみよう へ


このページから入った方はトップページへどうぞ
Copyright  2003- KK All rights reserved.