▲トップページに戻る
第三話 続き その3

志摩子: ひく、ひく。乃、乃梨子を解放して。
NPC 1: 俺は解放してやっても良いけど、あいつはどうだろう。さっきも言った気がするが。
乃梨子: 犯すだとか、よくも平然とそういうことを…。私、泣き寝入りはしませんからどうぞご勝手に。
NPC 2: ああ、しかし体は正直だな。…ほれ。
乃梨子: あっ、そ、そんな所さわらないでください。
NPC 2: 憧れのお姉様のセックスなんて見た日には無理もないよな。確かに。
志摩子: …乃梨子。
乃梨子: 違います、お姉様、この方が胸を、その、いろいろとやられるので。
NPC 2: そうか、そんなに悪くなかったか。じゃあいくぞ。
乃梨子: 貴方達は本気なんですか。こういうことをして…っ
NPC 2: ほう、下はもう布越しにも分かるくらい準備万端だな。
志摩子: 待って、乃梨子には手を出さないで。その、その、私がその袋の方の分も。
NPC 1: だそうだが、どうする?。
NPC 2: 人が入れたばかりの膣なんて興味無えな。さて、一気にパンツおろすぞ
乃梨子: きゃ--- ………
NPC 2: なんだまだ生えそろってないのか。しかしそれにしても綺麗な形だ。
乃梨子: ……。
NPC 2: さて、どれ。(すっちゃすっちゃ)
乃梨子: ……っ。
NPC 1: しかし藤堂さん、あんたも隠す物は何もないのは変わらないんだぜ。
志摩子: …。
NPC 1: でも、ほれ変な液が下の口から垂れてきているぜ?恥ずかしいなぁ。
志摩子: もう何も言わないで。あと、乃梨子には本当に手を出さないで。
NPC 1: だから俺は手を出さないよ、精子を垂らした志摩子さん?
NPC 2: ほれ、いつもこうやってお姉様を思い出しながら一人妄想に耽っているんだろ。
乃梨子: ………。
志摩子: 乃梨子。
NPC 2: 弾いたりつねたり、真っさらなままをお姉様に見られてさぞ嬉しいことだろ?
乃梨子: ……。
NPC 2: 二条さんはスケベだな、さっきより確実に来てるぜ?
乃梨子: ……。
NPC 2: 少しは何か言えよ。つまんねえだろ。
乃梨子: ……(ぷいっ)。
NPC 2: そうか、そういうことならもう前戯はいいな。覚悟しろ。
志摩子: 乃梨子に何をするの!?
NPC 2: 五月蠅えな、あんたと同じことだよ。行くぞ。
乃梨子: ……っ…ぁぁ…くっ
NPC 2: 先っぽしか入らねえま
志摩子: 乃梨子…。ごめんね、ふがいない姉で。
NPC 2: 無理矢理行くぞ、言っておくがお前が悪いんだからな。
乃梨子: ……ぁ…ん…っっ。
NPC 2: 一気に挿れたぞ、動かすから叫ぶなよ
乃梨子: …ぁ………くっ。
NPC 2: もっと早く行くか、お前が痛がろうともうどうだっていい。
乃梨子: くっ…あっ…くっ……ぁ。
NPC 2: 涙目じゃないか、そんなに痛いか。可哀想だが俺は遅漏気味でな、もうすこし勘弁してくれよ。
乃梨子: …。
NPC 2: おい、あんまり締め付けられるとじっくり楽しめないだろ、俺はあんたをむちゃくちゃにしたいんだ
乃梨子: ……
NPC 2: ひぁっ、はぁ、はぁ、つい。
乃梨子: 気は、、済みましたか。では、もう解放して頂けませんか。

百合編制作中。