私自身が今まで経験した、子宮外妊娠・初期流産についての体験記です。

ただ、これは私自身のケースであって、特に子宮外妊娠は「診断の病気」
といわれるくらい人によって症状はさまざまです。

もし「可能性がある」と診断された場合は、
救急時に対応可能な病院で診察を受けられることをお勧めします。

子宮外妊娠についての説明も、信頼できる医学書を元に作成していますが、
医学的に不正確な部分がありましたらご容赦下さい(^^ゞ



子宮外妊娠体験記
平成11年12月、待望の初めての妊娠でしたが、最悪の子宮外妊娠でした。これぞ子宮外妊娠! という典型的なケースです。

初期流産体験記
平成12年7月、2回目の妊娠でしたが、これは初期流産に終わってしまいました。

子宮外妊娠とは

子宮内腔以外のところに受精卵が着床してしまう病気です。 成長する受精卵を支えるだけのスペースや、栄養補給などの条件が整っていない場所での妊娠なので、 胎児が育たないばかりか、母体の生命も危険になります。(確率は1%程度といわれています)

子宮外妊娠が起こる場所


診断法


治療法(卵管膨大部の場合)