■趣味の花粉症シリーズ第12弾《疑問だらけの花粉症(と、その治療)》
                      byフォレストさん


 どうもですね、以前からもやもやしていたんですよ。
 なにがって、あ〜た、花粉症に関していろいろといわれていることにです。
 ひとつ例をあげましょうか。
 
 花粉症が増えたのはなぜか? 
 こういう疑問に関して「大気汚染」が、そのひとつとしてよくあげられています(と思っていろんなサイトや資料を改めてながめてみると、じつは「なぜ増えたか」なんてことは、杉林の問題以外、あまり触れられていないことに気がついた)。
 つまり、空気が悪くなるのと比例して患者が増えている、というわけですね。
 
 あのね……そりゃあ、いままで道路がなかったところに最近になって道路が通ったとか、そういう地域差はあるでしょうけど、大気汚染を含めた環境汚染っていうのは、1970年代ごろをピークに改善されているっていうハナシなんですけど、これとの整合性はとれているんでしょうか。
 これがすごく疑問だったんです。
 
 一定の年齢の人ならわかると思いますよ。
 あのころ、どれだけの工場がもくもくと煙をはきだしていたか、どれだけ車の排ガスが強烈だったか、どれだけ川が汚れていたか。
 それに比べれば、いまはいいでしょう? 
 うちの実家のほうでは、工場そのものがなくなって、跡地はぜんぶマンションになってしまったよ。もう、当時の面影なんか、どこにもないさ。
 川のそばにいっても、別に臭くはない。当時はほんとに臭かった。
 こんなふうに環境がよくなっているのだから、花粉症患者は減らなくちゃいけない。
 でも、減ってる? 
 
 いや、たしかに、ほかの要因も挙げられていますよ。食事のせいだとか、家屋が高気密化したせいだとか、ストレスのせいだとか。
 だから、大気汚染の影響は少なくなったが、そのぶん、さらに食事の洋風化が進んだとか、ジャンクフードを食べる機会が増えたとか、いろんなことは考えられます。こっちはマイナスになったが、こっちはプラスになったので、差し引きゼロだとか。まあ、そういうこともあるでしょう。
 花粉そのものが増えているとしたら、その影響のほうが大きいかもしれないですしね。
 そりゃあいいんです。いろんな要因があるのは否定しませんし、そのこと自体には疑問はありません。
 
 さて、ここに『スギ花粉症』(三好彰編著・いちい書房)という本があります(この三好先生はサイトも持っているので、興味のある人は探してね。ここで述べることも出ています)。
 この本にですね、花粉症(スギ花粉症)が増えたのは大気汚染、なかんずく車の排ガスが原因だという説は根拠に欠ける、はっきりいってウソだということが、なかなか科学的といえる手法によって証明されています。
 くわしいことは本を読んでください。この本はけっこうな値段ですけど、『花粉症を治す』(三好彰著・PHP新書)なら、安いです。中身はほとんど同じですし、こちらのほうがやさしい文体で書かれているので、一般の患者には、こちらをお勧めします。
 
 まあ、読んでくださいでオシマイでは宣伝になってしまいます。
 ので、ちょっと説明しときます。
 
 まず、大気汚染が原因だという説が出てきたのは、花粉症発症の地である日光での調査がおおもとらしいです。
 つまり、杉並木で有名な日光で、なぜいきなり花粉症が増えたか、ということ。
 患者の分布を調べると、どうも道路沿いに多い。なるほど、車の排ガスは体に悪そうだ。ちょうど交通量も増えてきた時期だ。これが花粉症を増やした原因に違いない。それに、都市部に患者が多いということもある。都市部は空気が汚れていそうだし。
 これが従来の説の根拠だったようです。私もそのように覚えていました。
 
 ところがどっこい、三好先生たちのグループ(?)はさまざまな調査を通じて、大気汚染はあまり関係ないということを証明してしまいました(大気汚染=ディーゼル排ガスではないですけどね)。
 では、日光で道路沿いに患者が多かった理由をどう説明するか。杉なんか昔からあるのに。
 理由はこうです。
 そりゃああんた、車が通れば落下した花粉が巻き上げられるだろうよ。空中の花粉が増えるのだから、吸い込む花粉の量も増えるだろうよ。吸い込む花粉の量が増えれば、花粉症にもなるだろうよ。つまり、患者が増えてもおかしくはない。それで充分に説明がつく。
 この「花粉(の暴露)量が多ければ患者も増える」というのも証明しちゃったんですね。
 
 うひょ〜! それだったら、大気汚染が改善されているのに患者が減らないというのも納得できるぞ〜ん。
 いやいや、誤解しないでくださいね。患者が減らないのを喜んでいるんじゃないんです。
 私が抱いた「ほんとかい?」「どうなのよ?」という疑問がまっとうな疑問であり、かつ、その疑問に回答が与えられたということに喜んでいるのです。
 
 まあ、これらの研究の信頼性は別にします。追試してみたら、やっぱり違っていたということもあり得ますしね。
 それに、増加の原因ではないにしろ、症状を悪化させる(感作を進めるとか、発症させるとか)要因のひとつではあるんじゃないかと思いますし。よくないことは事実でしょう(たぶん)。
 
 そんでもって、こうした、いかにももっともらしくいわれてきた「花粉症が増えた原因」に関する調査はろくに行なわれていないということもあばいています。
 これは、個人的には「がっくりした」と言っておきたいと思います。
 いくつもの裏づけ調査があり、どれを見てもそう考えるしかないというように、科学的に考えられているのかと私は思っていました。
 ところがそうじゃないんですね。
 「なんだよ〜」と思いました。
 これじゃあ、「私はこれで治った」「これは効く」とかいう、健康食品の「体験談」とほとんど同じじゃん、と思いましたね(というのは言いすぎですけど)。
 マジでがっくりです。
 
 これがきっかけで、「以前からのもやもや」に火がつきましたね、はっきりいって。
 もう、こうなったら「常識」を疑っちゃうもんね♪
 
 そのイチ。
 よくいわれる「薬が効かないような重症の人は減感作療法を考えるといい」ということ。
 あ〜ん? なぜ? なして重症の人向けなのさ? 
 そりゃあ、たしかに「薬で充分に抑えられる程度の症状の人」なら、めんどうな減感作を考えなくてもいいかもしれない(それで患者が満足すればね)。
 でもですよ、だからといって「減感作は重症の人向け」というのはどうかなと思うわけ。
 めんどうかどうかは患者が判断することであって、根治(長期寛解といったほうが医学的かな?)の可能性にかけたい、治療を続ける根気がある、そういう人ならやってもいいんじゃないの? 症状が重いか軽いかは関係ないのではないかと思うのであるよ、はい(重い人ほど本気になるだろうというのはあるにせよ)。
 
 はっきり言っちゃえば、医師の都合で「重症の人は」って言ってるだけじゃないの? めんどうだから、あまりやりたくないんじゃないの? そう思っちゃいます。
 まあ、たしかにそうみたいですよ。
 治療をやりはじめても、途中で挫折する人が多い。それでは医師もやんなっちゃうでしょう。薬だってムダになる。それはわかります。
 儲けも多くない。それも理解できますよ〜、仕事ですもんね。
 有効率だってそう高くはないから、めったやたらにお勧めもできない。はいはい、わかります。
 万一のショックに備えなくちゃいけないから、それもめんどうだ。ごもっとも。
 でもね……という気がしますよ、私は。
 
 だいいち、軽い症状の人のほうが有効率が高いんじゃないかとすら思えるんです。常識的に考えてね。
 重い人ほど有効だとかいうデータはあるんでしょうか? どうもなさそうです。
 そうなると、なにゆえに「重症の人向け」なんでしょうか。私にはわからない。
 めんどくさいからあまりやりたくない、といってるようにしか思えないです。
 「重症者向け」ではなく「やる気のある人向け」と、はっきり言えばいいのに、と思うのです(でも、やる気があっても、病院が近くにないなどで困っている患者もいるわけさ)。
 
 これはレーザーなどの手術にも言えます(鼻中隔湾曲などの、鼻の異常を治す手術とはまた違いますよ)。
 これも「薬が効かないなら手術という方法もある」と、よくいわれます。
 なぜ? 
 それほどの重症者なら、レーザーをしても、ハイシーズンには薬が必要なことがあるでしょう。
 いっぽう、軽い人なら、薬がいらなくなるかもしれない。
 このあたりのデータはあるんでしょうか。やはりなさそうです。
 単純にいって、「メリットとデメリット(リスク)をはかりにかけて、それでもやりたいという人向け」ではないでしょうか。
 
 まあね、こうした新しい手術については、長期にわたる副作用などが不明であるというリスクはあります。それは研究していただきたいですし、めったやたらに薦めるものでもなかろうということも理解はできます。
 でも、どうして、このように「症状の重さ」で「適する治療」を分類しちゃうんでしょうか(保険の都合でそうなっているというのならしょうがない)。
 
 薬物治療ならわかります。軽い人にリスクの高いステロイドの内服は勧めるべきではないでしょう(たぶん)。対症療法ですから、どうせ治りはしないですし。
 でも、減感作はどうですか。ショックの可能性がある。うん、それはわかるけど、単純に考えて、軽い人のほうがショックの危険性は低いんではないだろうか。そう思います。
 だったら、軽い人ほど薦めるべきではないだろうか。
 そうでなくとも、軽い人ほど濃い濃度からはじめられて、すぐに維持量になる。そういうことはないのだろうか。ないかもしれないけど、もしもそうなのであれば、早く治療が終了する。わざわざ重くなるまで待つ必要はどこにもないと思うのだが。
 つまり、やるやらないは患者の判断にまかせるべきではないだろうか。
 
 患者は判断できない? 
 そりゃあ、医師がちゃんと説明しないからでしょう。違いますか? 
 説明するのがめんどうだから「重症者向け」って言ってるのとちゃう? マニュアル的にさ。
 そう思わざるを得ないです。
 
 はいはい、了解。皆まで言うなってか。
 たしかに患者全員が、そういう意欲的な人間ではないでしょう。勉強熱心な人ではないでしょう。そりゃあ自分自身をふりかえっても、充分にわかります。自分のことを棚にあげて言ってますよ。
 医師とのコミュニケーションを望まない、ビジネスライクでドライな治療を望む人もいるでしょう。注射一発で治してほしいという人もいるぐらいですし。
 でもさ〜……ねえ? 
 少なくとも本でそのように書いちゃうのはやめようよ。おかしいよ、それ。
 
 だって、減感作(特異的免疫療法)は、鼻アレルギーの診療ガイドラインでも、「重症・最重症」者向けの治療というようにはなってないよ。
 なっているのならわかりますけど、「患者指導」とか「抗原除去・回避」と同列に扱われているものですよ。
 ガイドラインを作っておいて、それと食い違うようなことを言うようでは……ガイドラインってなにさ? 
 ガイドラインではこうなっているけど、自分はこう考えているってこと? 
 いや、それでもいいんだけどね(そう言ってくれれば)。画一的な治療は、それはそれで困ることもあると思いますしね。
 
 はい、有無を言わさずステロイド一発の医師がいてもいいでしょう。感染のリスクがあるから、ヒスタグロビンはやりたくないという医師がいてもいいでしょう。んにゃ、これは効くから自分はどんどんやるよという医師がいてもいいです。いやいや、ウチではアンチゲンだという病院があってもいい。わけわからん「トンデモ治療」をするような医師がいてもいいですよね。
 もう、なんでもいいです。
 そうやって患者が困って迷ったりしても、けっきょく「よく説明を聞いて納得するならやればいいでしょう」といえばすむんだし。
 先祖の霊がついている。このツボを100万で買いなさいといわれても、「納得すればいい」んでしょう。
 ある意味、たしかに正論だ……う〜む。
 困ったな、こりゃ。
 でも、そんなアドバイスなら患者どうしでも言えるんだよね。
 「納得」のための基準を示すことができるのは、専門知識と技術と経験のある医師だけではないでしょうか。一般の患者は医大へ行って勉強したことなんかないんです。


 ※参考
三好先生のサイト
http://www.3443.or.jp/index_top.htm

みみ、はな、のどのへんなとき
http://www.3443.or.jp/esse/e01_pias01.htm

はな(ここで花粉症と大気汚染についての疑問がなげかけられています)
http://www.3443.or.jp/esse/h01_tumari01.htm

ここにも従来説への疑問について参考になることが出ています。
http://www.3443.or.jp/tsushin/t0303/t0303_1.htm
http://www.3443.or.jp/tsushin/t0304/t0304_1.htm


(つづく)


  * * * | ホーム | * * *