肝再康服用者の体験談肝再康服用者の体験談
 
   

 

       ホメオステイシスを保つ働き

 ■門脈を通って、肝臓に入ってくる栄養分やさまざまな物質は、決して一様とは言えない。暴飲暴食、飢餓、その状態によってさまざまに変化する。しかし、その出口、肝静脈を通して全身の60兆の細胞に送られる血液は、ホメオステイシス(恒常性)を保つために程良い状態になっているのだ。
 入水路にあたる門脈では、状況に応じてさまざまな成分を持つ血液が、なぜ、その出口では一定に保たれるのか?それは、その間にそびえる肝臓の中を通る時に、血液成分が一定に調整されていくからなのだ。その意味で、肝臓は全身のホメオステイシスを保つ、コントロールセンターだと言うことができる。

 ■肝臓の機能を大きく分けるとタンパク質の合成、ブドウ糖や脂質の代謝、グリコーゲンなどの栄養分の貯蔵、アルコールや薬など体に有害な物質の解毒の4つになる。

 肝臓で行われているさまざまな化学反応のおかげで、私たちの体を流れる血液中の物質はいつも同じ状態に調節され、各組織は肝臓の補給にたよって活動できるのだ。(NHKサイエンススペシャル驚異の小宇宙 人体壮大な化学工場より抜粋)

    


HOMEへ