肝再康服用者の体験談肝再康服用者の体験談
 
   

 
 
   
          大工業地帯の肝臓

 ■ヒトの肝臓には約2500億個の肝細胞があるといわれているが、その直径数十ミクロンの肝細胞のひとつひとつが肝臓の化学工場なのである。現在分かっているだけでも、ひとつの肝細胞の中で500種類もの化学反応が同時に行われているのだ。まさにひとつひとつの肝細胞が化学工場であり、こうした化学工場が2500億も集まった大工業地帯が肝臓なのである。

  ■GOT、GPTは肝細胞の中にある酵素のことだ。肝細胞の中には2000種類以上の酵素があって、GOT、GPT酵素はトランスアミナーゼという酵素に属する。

 酵素は体の中で起こる化学反応の触媒の役割を果たすタンパク質。触媒とはそれ自身は何の化学変化も受けずに、ある化学反応を速める働きをする物質のことだ。

 細胞の中の化学反応は体温である37度という温度と中性の水の中で起こっているのだ。このような条件で化学反応を起こすことは、現代の科学技術ではほとんど不可能だと言われている。それを私たちの体が一瞬にして行う。酵素があるからである。

 細胞や体の中には数千種類の酵素があり、それぞれが役割分担をもって、ある特定の基質だけの反応を助けるため体の中でたくさんの複雑な化学反応が混乱なくできるのだ。
(NHKサイエンススペシャル驚異の小宇宙 人体壮大な化学工場より抜粋)

    


HOMEへ