バストアップのしくみ





胸の大きさは遺伝だから大きくならない・・・って言うのはウソなんだそうです
誰でもバストアップの仕組みを知って、努力すれば
大きくなる可能性はあるんです





バストの基本知識


人のバストの大きさは乳腺の量によって決まります。
この乳腺とは乳首の周りを囲んでいる、触るとグリグリする部分のことです。
それを刺激して増殖させるのが女性ホルモンの役割なのです。

女性ホルモンは思春期から成人期にかけて分泌され
多ければ多いほど脂肪がつきやすく、バストも大きくなっていきます。
この時期に激しいスポーツ多大な精神的ストレス、過剰なエネルギーの消費があると
女性ホルモンの分泌が少なくなり、バストの発育が妨げられてしまいます。

この女性ホルモンの量を調節しているのが
精神の影響を受けやすい、脳下垂体にある視床下部なのです。
したがってストレスをためることがバストに悪い影響を与えてしまうのです。





理想のバストを作るには?


バストは90%の脂肪組織と、10%の乳腺組織からできています。
バストの重さは人それぞれですが、その重みを支えているのが
バストの土台となっている大胸筋です。


この図でもわかるように大胸筋はバスト上部の筋肉で、
その一枚の皮膚で2つのバストを支えています。
当然この筋肉が老化すると、張りがなくなる・小さい
下垂する・形が悪くなるなどの悪影響を及ぼします。

しかし大胸筋を鍛えてバストを持ち上げることはできても
皮膚が弾力を失ってたるんでいてはバストを支えることはできません。
美しいバストを作るためには乳腺・大胸筋・肌の3つをケアしなくてはなりません。
そのためには、生活のリズムを整え、美しいバストを作るための食事を摂り、
トレーニングを続けることが大切なのです。





バストのいろいろな型


バストには色々な型があります。
見た目の大きさは結構この型にもよるんです。


皿型
トップバストとアンダーバストの高低差が最も小さく
俗にいうペチャパイ型。
皿を胸に2つかぶせたような形。




円錐型
ツンととがった円錐型で、上下対称になっているバスト。
ヌードになるとほれぼれするほどふくらみのある、理想的な形。





半球型
硬式テニスボールを半分に割ったタイプで
全体に均等のふくらみがある。




釣鐘型
釣り鐘の形で、トップとアンダーの高低差が最も大きい。
量感にあふれていて突き出ているので
これを支える張りが失われると、下垂しやすい。




下垂型(1)
バストの一部が胸に触れているタイプ。




下垂型(2)
さらに下へと下垂した形で
トップバストの位置が極端に低くなったタイプ。









自分の理想のサイズは?


一応目安のために身長・年代で見るサイズ表です
あくまで基本ですので参考程度に・・・

     20代30代40代
体重身長−112身長−109身長−106
トップ・バスト身長×0.515身長×0.525身長×0.543
アンダーバスト×0.432×0.453×0.468
ウエスト×0.370×0.386×0.401
ヒップ×0.542×0.553×0.565
太もも×0.293×0.301×0.309






理想のバストを作る食事


規則正しい食事はバスとアップの基本ですが
さらに効果を高めるための食品をプラスしましょう。

タンパク質は女性ホルモンの働きを促し、豊かなバストを作ります。
植物性・動物性の両方のタンパク質を積極的に摂ると良いでしょう。

ビタミンB1・B2は筋肉のたるみを防ぎ
ビタミンEは女性ホルモンを円滑に整えて張りのあるバストを作ります。
肌の色やつやを良くするビタミンA・B2・カロチンも大切な栄養素です。








理想のバストを作るマッサージ


入浴中やお風呂上りなど、1日1回マッサージをしましょう。
バストアップ効果のあるクリームやローションを使えば、より効果的です。