日本の気功家たち

◆正式名称 
気功療法院 きこうりょうほういん 29
◆代表者氏名(記入者氏名) 

渡辺 俊介 わたなべ しゅんすけ

◆所在地
静岡県静岡市東千代田2-25-1
◆電話番号/ファックス番号
電話:  054-264-8861  /Fax: 054-264-8861
◆Eメール
fwin4072@mb.infoweb.ne.jp
◆URL(ホームページ)
http://homepage2.nifty.com/kikouryouhouin/index.html
◆ホームページの紹介(200字前後)
”気”に興味がなく病気が治ればよいという考え方の方もいらっしゃいますが 考え方は人それぞれですので、仕方のないことだと思います。 気に興味のある方、ない方、両方のお役にたてる情報は、やはり”症例”だと 思っていますので、具体的症例を充実させていきたいと考えております。 

◆あなたはどのようにして気の世界に入り、気の力に目覚めたのですか(気功歴、流派、特徴など)。
自分の病を治す為、自律訓練、ヨガから始め、 その後気功師の先生についたり 気功をやる仲間との交流を持つなどし、それらの長所を合わせ 自己流の気功を行なっております。
特徴:医療気功専門なので武術功は行なっておりません。
◆専門・得意とする分野(研究内容、効果、病名等)

☆得意な疾患
分裂病以外の精神疾患(鬱、神経症、パニック障害など)の患者さんが多く 確実に効果をあげています。
他、自律神経系、、免疫系、婦人病、内臓疾患、腫瘍など

☆遠隔発気可

☆苦手な疾患
霊的なのも(現時点では霊感がないので、わかりません)

◆代表的な治癒例を3例以内で挙げてください。

1:末期癌 腫瘍マーカー(PSA)が4ヶ月で3440から2200

2:出産時の無酸素状態(医療ミス)で脳性麻痺の1才児  15回の療法でヒキツケの回数(多いときは1時間に20回以上)  が減り、スパーク波が丸みを帯び、脳波検査でもあきらかな回復が確認された。

3:30年来の激しい嘔吐を伴う頭痛  20数回の療法で10代の時以来の爽快感

◆たとえば治療に思ったような効果があがらなかったなどで、クライエントとの様々なトラブルが起こった場合の、基本的な姿勢や方針について教えてください。
気の流れを整えれば症状は改善しますが、それだけで100%根治するとは限り ません。 (例えば不正咬合、患者様の不摂生が原因の場合など) その旨を患者様に理解してもらっているのでトラブルは今のところおきておりま せん。 >
◆現場において西洋医学との関係をどのように捉えて活動なさっておられますか。
直接連携はしておりませんが、講習会などでの西洋医学の先生方との交流を大切 にしております。 >


アンケート

アンケート中のいくつかの質問は、以下からひとつを選択して答える形式を添えています。
【a全くない】 【bほとんど無い】 【cどちらとも言えず 】 【d少しある】 【e大いにある】

【1】A 気と健康、あるいは気と病との関係についてお考えを聞かせてください。
質のいい気が適材適所、適量で流れていれば病気や苦痛は癒せると考えていま す。   
【1】B 自己治癒のための各自の気功修練と、いわゆる外気功による治療との関係をどのようにお考えですか。
疾患の為自分で修練できない患者様のために外気功をやっております。
【1】C 病気は、私たちの生き方の歪みを知らせる大切なメッセージを含んでいるという考え方があります。この考え方をどう思われますか。それと、外気功で治すことの関係をどう捉えていますか。
外気功で病気が改善し、再発しないよう自分の生活を見つめなおしていただければ 最善だと考えております。
【2】 気には質的な違いがあると思われますか。 それはどのような理由からですか。 また、あるとすれば、どのような違いですか。

【e大いにある】
気は物質であると同時にエネルギーであり、波であると考えています。 波が不安定、または荒いと気の質が悪くなるような気がします。 質がよくなるにつれてジリジリ、ビリビリという感覚からサラサラとした 感覚の流れに変わってくると思います。 感覚的なのもなので、科学的根拠はわかりません。

【3】 気と精神的成長との関係をどのようにお考えですか。 その理由は。 具体例・体験例があったらそれも付け加えてください。
【cどちらとも言えず 】 
気と精神は大いに関係していると思います。 ですが、成長という言葉が入っていたのであえて”どちらとも言えず”にしました。 気の能力が上がると、色々なことがわかってくるようになります。 その能力を、社会に合わせたかたちで発揮すれば大きな成長であると思います。 しかし、自分自身を絶対的なものだと思い込んだり、慢心したり、悪用したり すれば、それは成長とは言えないと思います。
【4】 気と覚り(覚醒)との関係をどのようにお考えですか。気の高まりは覚りに導き、覚りは気(生体エネルギー) の活性化を伴うとお考えですか。 具体例・体験例があったらお聞かせください。
【cどちらとも言えず 】 
気の高まりの際に偏差に陥らなければ、大いにあると思います。
【5】 気と様々な超能力(ESP、PK等)とには何らかの関係があると思われますか。 それは、どのような理由からですか。 また、あるとすればどのような関係ですか。
【e大いにある】 記号を入れてください
私は超能力というものは潜在能力だと考えています。 どちらも右脳の未開発の部分が開発されることによって個人差こそあれ 誰でも身につける可能性を秘めているものだと思います。
【6】 無生物(ある種の鉱物や金属)も気を持ち、放射すると思われま すか。 もしそうだとすれば、人間の気と無生物の気に差はありますか。 あるとすれば、どのような違いですか。
【cどちらとも言えず 】
無生物も電場、磁場をもっているので気を持っていると思います。 人間と金属の気の差ですが、人間の体がアルミ、鉛、水銀などに汚染されているので 金属に100%影響されない人間の気というのは、難しいと思います。
【7】 良質の気を発する物質で推薦できるものあれば教えてください。
竹炭 その他、
  筋力反射をつかったテストで調べることができます。
【8】 すぐれた気の場(気のスポット)として推薦できるところがあれば教えてください。
諸先生方の本でいくつか知っておりますが、時間がとれず実際に行った事がありませ ん。 そのような場所は存在するはずですが、ここ数年の携帯の普及による電磁波の影響 がでていないかどうか心配です。 あまり大げさに考えず”なんとなく落ち着く場所がある” ”お寺に行くと落ち着く”など身近な場所に気のスポットがあるかもしれません。 そのような直感を大切にするのは重要だと重います。
【9】 遠隔治療についてどう思われますか。また、遠隔治療はなぜ可能なのだと思われますか。
科学では、原子以下(ミクロ)の素粒子については 物質、エネルギー、波の性質をもっていることが明らかにされています。 また実験者の”意識”が実験結果に影響を与えてしまうことも確認されています。 さらに意識の遠隔作用についても、量子力学では昔から言われていることです。 気=素粒子とは断定できませんが、似たような性質をもっているので まだこの分野(物理)については未熟ですが遠隔治療を解くカギは量子力学にあるよ うな気がします。
【10】 《日本の気功師の気および気功》と《中国の気功師の気および気功》 とを全体としてみた場合、何か違いがあると思われますか。 あるとすればどのような違いですか。その理由は何だと思われますか。
【cどちらとも言えず 】
まず、医療に対する国家の考え方、保険制度などの違いが気功師の数の違いを生み出 して いると思います。 その他、日本では自分の病、もしくは哲学的なことで気功を始めるかたが多いようで すが 中国では武術から入るかたが多いような印象を受けます。 その他は日本人だから中国人に劣るということはないと思います。
【11】 日本の気功や気功界について何かご意見やご感想があったら、忌憚なくお 書き下さい。
絶対数が少ないので仕方ないですが、もう少し横の繋がりを持てれば お互いの向上に繋がると思います。
【12】 その他、気についてご意見があれば何でもお書きください。
過大評価も過小評価もせず、より多くの人が気功に触れ、心身の自由を手にしていただきたい と思っています。


01/10/07 掲載  03/8/14 追加質問
ご協力ありがとうございました。

 

 ☆旧・気功師へのアンケート   気の世界  ☆臨死体験研究読本  ☆かんたん相互リンク


Google