日本の気功家たち

◆正式名称 
ASTスダ気功クリニック
(えいえすてぃ すだきこうくりにっく)
   57
◆代表者氏名(記入者氏名) 
須田利昭(すだとしあき)
◆所在地
福島県須賀川市和田道92 電話・FAX共 0248-75-1839
◆電話番号/ファックス番号
電話: .  /Fax:.
◆Eメール
healing@ast-suda-kiko-clinic.jp
◆URL(ホームページ)
http://www.ast-suda-kiko-clinic.jp  
◆ホームページの紹介(200字前後)
AST気功とは現代医学と気功を基盤とした生理学的治療法です。目に見えない気を できる限りわかりやすくメカニズムを解説、気功治療効果に用いた資料は全て再現性 のある症例のみとし、データーは全て医療検査機関で出した数値及び写真で構成されております。   

◆あなたはどのようにして気の世界に入り、気の力に目覚めたのですか(気功歴、流派、特徴など)。

私が気の世界に入るきっかけになったのは、実の弟が脳腫瘍で倒れたことでした。 この気功研修会の見学会の会場で、はじめて気の存在を体で感じることができとても 不思議で新鮮な感覚でした。また、研修会での講義の内容がとても医学的で学術的な ところが信頼がおけると感じたこともこの気の世界に入り込む大きな要因になりまし た。  

この気功は日本古来より伝承されてきた、日本独自の気を使った治療技術です。こ の治療技術の伝承者である、鈴木真明先生《セント.コロンビア大学学長・医学博士・ 理学博士・工学博士・財団法人日本AST協会会長》から伝授、指導を受けた、気功歴 7年のAST気功治療師です。  特徴は現代医学と気功を基盤とした生理学的治療法です。また、治療効果は全て医 療検査機関で出した数値や写真で評価、判断するところです。よって、気功治療師や 研修生には医療関係者が多いことです。

◆専門・得意とする分野(研究内容、効果、病名等)
血液・血管系の心臓・脳疾患。心療内科系疾患。ガン・腫瘍の患者が多いのですが、 得意不得意はありません。ほぼ全ての病気を対象としています。
◆代表的な治癒例を3例以内で挙げてください。

1)心筋梗塞―66歳。男性。
病院での治療と併用。週1回60分の治療。 毎朝あった発作が治療後まもなく減り始め、2ヶ月後、週1回程度、5ヵ月後、月1 回程度、1年8ヶ月後に発作は消失し、患者は病院の主治医から完治した報告を受け る。

2)膠原病(多発性筋炎)―32歳。男性。
病院での治療と併用。2週1回90分の治 療。 病院処方薬の副腎皮質ステロイド剤(プレドニン)の副作用が耐え難く、プレドニン 量を減らす目的で治療を始める。治療開始時、合併症であるレイノー症(手指の先端 の血流低下による潰瘍)が認められた。また、プレドニン量15mg/日、筋破壊酵 素量CK値400であった。5ヵ月後、プレドニン量10.5mg/日、CK値320。 レイノー症が改善を始める。11ヵ月後、プレドニン量9.75mg/日、CK値31 0。筋肉痛は改善し、胸部や全身の筋肉に盛り上がりが認められる。1年9ヵ月後、 プレドニン量7.5mg/日、CK値310。レイノー症はほぼ改善し、筋肉痛も消失 する。全身の筋肉や体重増加も顕著である。1年11ヶ月後、プレドニン量5mg/ 日、CK値300で目的は達成した。

3)食道ガン―41歳。女性。
卵巣ガンも同時多発していた。卵巣ガンは子宮、S状結 腸に浸潤し、腹水が認められ末期の診断。そのため、手術と抗ガン剤の治療と併用。 食道ガンは食道下部を取り囲むように60mmの腫瘤で食道は閉塞し、つかえ感を伴っ ていた。他には心臓壁と大動脈に接触してたため、地方病院での手術困難と判断し末 期の卵巣ガンを優先治療とし、食道ガンは経過観察となったためAST気功治療のみと なった。週4回90分の治療。 1ヶ月半後、摂食時のつかえ感が消失。4ヶ月後、CT検査で食道ガンは厚さ5mm程 度に縮小した。9ヵ月後、CT検査で食道ガンは消失していることを確認した。卵巣ガ ンは2度の手術と抗ガン剤とAST気功の併用で1年3ヶ月後に消失した。

◆たとえば治療に思ったような効果があがらなかったなどで、クライエントとの様々なトラブルが起こった場合の、基本的な姿勢や方針について教えてください。

トラブルが起きてしまった場合は、私ならまず患者さんにはあくまで誠実な態度で接 します。初診時に話しておいたこの気功治療法での治癒率や効果の評価について、ま た患者さんが期待した効果とのギャップなどについて冷静に話し合いをして理解して いただくことに努めます。 トラブルが起きないための防止策は

1)患者さんは病院での治療や民間治療を色々やっても治らない難病や症状で苦しんで きたほど、最後は目に見えない気功治療への過剰な期待感をもつものです。そこで、 治療師は治癒率や治療効果について患者さんに冷静に伝え、ましてや、魔法や超能力 ではなく、一つの気を使った治療法であることの理解を得てから治療に入る。

2)治療師が患者さんの過剰な期待感に応えるような治療効果の誇大な表現は慎む。

3)治療師は患者さんと度々治療効果について確認しあう。

◆現場において西洋医学との関係をどのように捉えて活動なさっておられますか。
はじめにも述べたように、このAST気功は現代医学と気功を基盤とした生理学的治 療法です。治療効果は全て医療検査機関で出した数値や写真で評価、判断するところ です。よって、病院との治療を併用することも多く、気功治療師や研修生には医療関 係者が多いのです。


アンケート

アンケート中のいくつかの質問は、以下からひとつを選択して答える形式を添えています。
【a全くない】 【bほとんど無い】 【cどちらとも言えず 】 【d少しある】 【e大いにある】

【1】A 気と健康、あるいは気と病との関係についてお考えを聞かせてください。

病気はプラスの気が枯れることから始まると認識しております。つまり、体のある 部分に何らかの理由でマイナスの気が溜まり続けると、その部分の血流が低下する。 しいては炎症を引き起こし、病気を呼び込むと考えられます。

 AST気功治療法はマイナスの気が溜まった患部にある種類の手から発するプラスの 気を送ることにより、電荷の法則に従ってプラズマ状態(プラスとマイナスの電荷が 結合し遊離する)を作り出し体外に放出される。または中和し消滅する。よって、マ イナスの気が消滅することにより、替りにプラスの気で満ちた患部は血流が上昇し、 炎症が取り除かれ、おのずと病気は治癒されると考えられます。

【1】B 自己治癒のための各自の気功修練と、いわゆる外気功による治療との関係をどのようにお考えですか。
他気功との習得の方法の違い質的違いそして外気功という概念の違いがあるので質 問内容に的確かどうか・・・AST気功師は十数種類もの気(外気・内気)を伝授とい う形で得るので、しいて自己修練と言えば、その得た気(外気・内気)を自己の意識 によって、自由に具体的に動かし働かせる訓練をすることです。病気の種類や症状に よって、外気・内気を組み合わせまたは使い分けをします。よって、たった一種類の 気ではなく、何種類かの気を組み合わせ段階的に使いこなすことで、病気は治癒へと 導けるものと考えております。
【1】C 病気は、私たちの生き方の歪みを知らせる大切なメッセージを含んでいるという考え方があります。この考え方をどう思われますか。それと、外気功で治すことの関係をどう捉えていますか。
病気は、私たちの生き方の歪みを知らせる大切なメッセージを含んでいる という考え方があります。この考え方をどう思われますか。それと、外気功で治すこ との関係をどう捉えていますか。  病気の種類や症状は人の性格や性分とある程度一致するところがあると考えており ます。ですから、人の生き方の歪みを知らせるメッセージと言えるのかも知れません。 外気功の質問に対しては前文と同じ。
【2】 気には質的な違いがあると思われますか。 それはどのような理由からですか。 また、あるとすれば、どのような違いですか。
【e大いにある】
世界に現存する気の種類は300以上あると言われております。なぜなら、使用、 用途の目的により開発され、それぞれが独自の発展、進歩を遂げてきたと考えれば無 理がないと思います。そこで、使用、用途の目的別に大きく分けると三つに大別でき ると考えます。一つ目は戦いや護身を目的として発展してきた武道気功。二つ目は健 康維持を目的として発展してきた体操気功。三つ目は病気の治療を目的として発展し てきた医療気功。また、これらが細分化されるともっと多くのものに分けられると考 えられます。  AST気功は医療専門の気功ですが、この気功だけでも十数種類の気があるのです。
【3】 気と精神的成長との関係をどのようにお考えですか。 その理由は。 具体例・体験例があったらそれも付け加えてください。
【cどちらとも言えず 】
【4】 気と覚り(覚醒)との関係をどのようにお考えですか。気の高まりは覚りに導き、覚りは気(生体エネルギー) の活性化を伴うとお考えですか。 具体例・体験例があったらお聞かせください。
【cどちらとも言えず 】
【5】 気と様々な超能力(ESP、PK等)とには何らかの関係があると思われますか。 それは、どのような理由からですか。 また、あるとすればどのような関係ですか。
【cどちらとも言えず 】
【6】 無生物(ある種の鉱物や金属)も気を持ち、放射すると思われま すか。 もしそうだとすれば、人間の気と無生物の気に差はありますか。 あるとすれば、どのような違いですか。
【d少しある】無生物においても、良い気を発する物もあると感じております。ただし、生体の発 する気と比較すればはるかに小さなものでしょう。無生物は継続的に身に着けておく ことが可能ですので、微弱でも気流を整える程度の効果はあるのではないでしょうか
【7】 良質の気を発する物質で推薦できるものあれば教えてください。
代表的なものでは天然水晶です。
【8】 すぐれた気の場(気のスポット)として推薦できるところがあれば教えてください。
私的には糸魚川から静岡構造線(フッサマグナ)や火山のような地殻からマグマが 吹き上がるところ、温泉が自噴するところ、また清水が自噴するところがすぐれた気 場であると感じております
【9】 遠隔治療についてどう思われますか。また、遠隔治療はなぜ可能なのだと思われますか。
遠隔治療はとても便利な治療法です。患者が海外に在住しているとき、子供が落ち着いて治療を受けられないとき、ICU(集中治療部)に入っている患者や気功治療を 信じない親族の治療などには最適です。病気の種類や症状によっては遠隔治療の方が 治療効果が大きく出る場合があります。遠隔治療が可能なのは治療する場所に患者の 幽体(霊体)を呼んで治療するからです。治療効果は実際に人体を治療するのと比べ、 幽体(霊体)の治療なので平均的には約半分以下だと思われます。
【10】 《日本の気功師の気および気功》と《中国の気功師の気および気功》 とを全体としてみた場合、何か違いがあると思われますか。 あるとすればどのような違いですか。その理由は何だと思われますか。
【e大いにある】
【1B】と【2】で述べたように違いは大いにある。しかし、日本の気功でも、最近 急に現れてきた気功と日本古来より伝承されてきた、気を使った日本独自の治療技術 (本来は気功とは呼ばない)とがあり、また中国の気功でもたくさんの使用、用途の 目的別に独自の発展、進歩を遂げてきたものがあるので、全体としてみた場合はなお さら違いを比較し述べるのは困難です。
【11】 日本の気功や気功界について何かご意見やご感想があったら、忌憚なくお 書き下さい。
目に見えない気を扱う気功師または気功界がほんとうに世の中の人々に受け入れら れ、医療界に貢献できるようになるには、この目に見えない気を見える形で表現しな い限り、難しいと考えています。ある難病やガンが治ったと言っても患者の口込みや 表現だけではどこぞ怪しげに感じられ、いつまでたっても市民権は得らないように思えます。 そこで、治療効果はやはり医療検査機関でしっかりと数値や写真で目に見える形で評 価、表現することや学術論文として医療学会に再現性(ある年功の気功師なら誰が治療しても同じ結果が出る)のあるテーマとデーターをもって発表することなどに、もっ と力を注ぐべきだと考えております。
【12】 その他、気についてご意見があれば何でもお書きください。
特になし。


03/7/12 追加
ご協力ありがとうございました。

 

 ☆旧・気功師へのアンケート   気の世界  ☆臨死体験研究読本  ☆かんたん相互リンク


Google