日本の気功家たち

◆正式名称 
コスモ氣治療院(こすもきちりょういん)
◆代表者氏名(記入者氏名) 
河合康之(かわいやすゆき)
◆所在地
名古屋市名東区香流2-1014
◆電話番号/ファックス番号
電話: 052-777-4106  /Fax: 052-791-6455
◆Eメール
mail@cosmo-kikou.jp
◆URL(ホームページ)
外気功 iki iki     URL: http://www.cosmo-kikou.jp/
◆ホームページの紹介(200字前後)
平成元年コスモ氣治療院開設当初以来、痛みの駆け込み寺として、多くの実績を積むむ。平成7年アトピー性皮膚炎に関し、 仮説「要因キャパシティー」として原因はミネラル不足にあると発表、2,000万年前、海底火山が隆起し、世界的にも珍しい可溶性ケイ酸塩を23%も 含有する天然ミネラルを導入し、長期間アトピーで悩んでいた方々を根治、老若男女の経過写真集を発表。アトピーマガジン社の取材も受ける。 平成10年頃から心因性の病の方、霊障で苦しんでいる人の治療実績を積む。

◆あなたはどのようにして気の世界に入り、気の力に目覚めたのですか(気功歴、流派、特徴など)。
1974年精神世界の大指導者、高橋信次先生に教えを請い、合宿、講演会、研修会等で数々の霊現象を目の前で体験、学ぶ。 肉体は魂の乗り舟であり、人間界での修行のためには大切であるが、主人公は 心、 魂である。個性を持った生き通しの生命体、魂を磨くことが重要であるとの教えを得る。 肉体と魂両者に作用する気に関して、1988年真圧心療道総帥、中川雅仁師から気 科学療法士の認可を受ける。
◆専門・得意とする分野(研究内容、効果、病名等)

1.痛み関連 腰痛、神経痛、関節痛ピンポイントに気の照射を行い、即効性。

2.アレルギー性慢性病 アトピー性皮膚炎、リウマチ、ぜんそく、外気功と天然ミネラル摂取で根治療法。

3.心因性疾患 ノイローゼ、対人恐怖、ウツ、分裂病 霊障の解消と心の持ち方解説、指導。精神的自己防衛の方法を伝授。

◆代表的な治癒例を3例以内で挙げてください。

☆腰痛、27歳男性、クリーニング営業職、慢性腰痛で歩行も困難になり、外科に 入 院、椎間板ヘルニアと診断、手術以外治らないと言われ、2週間の入院中、手術はいやだと知人の紹介で来院、3回のピンポイント気照射で楽になり退院、営業職復帰。 

☆アトピー性皮膚炎 68歳男性、病歴23年、両手指、後頭部、首、ひざ裏 ステロイドの副作用なのか、象肌で皮膚が割れ、夏のクーラーの >    風が当ってもヒリヒリ痛く、皮膚科の先生は月2回の診察も眼をそむけ、ステロイド塗り薬を出す指示をするだけで、患者の治るのですか?との質問は無言のまま返答がない状況下、知人の紹介で来院された。これだけ長期間のステロイド塗布暦では根治に至るまでに、3〜4回ほどの強いリバウンドが発生しますが我慢出来ますか?と経過予測を説明した。本当に治るなら、途中どんなに苦しくても頑張るからと、本人が治療希望されので気功と天然ミネラル摂取で治療開始一年半で完治。(経過写真有り)

☆心因性疾患 43歳女性、2児の母、ピアノ教室経営。 腸捻転で小腸壊死部80センチ切除手術後、ウツ状態、対人恐怖、家族との対話も >  出来ず、幻覚的状態が現れ、地に足が着いているかどうかも判らず極度の不眠症にもなる。叔母の勧めで来院、3回の外気功で20体程の霊は離脱、浄化され家事 が出来るようになるが、対人恐怖、不眠が続く。入院中トラックにはねられ、子 供を残して死んだ女性霊に憑依され、ご主人の母親と弟が自殺している、この二者にも憑依され、残った三体の霊は執着が強く、気を入れても離れないので、生きている人 間 >  と同じく根気よく説得、明るく、温かい、安らぎのある霊界への移行を決意させ 淨霊その後、手の平を返した様に元気になりピアノ教室も再開。

◆たとえば治療に思ったような効果があがらなかったなどで、クライエントとの様々なトラブルが起こった場合の、基本的な姿勢や方針について教えてください。
現代医学で原因が判り、対症療法ではなく根治可能だと診断された病気は最優先で手術なり、治療を受けるよう勧める。原因不明の病気、又は対症療法のみの病気の方には対症療法と根治療法の違いを説明し、病院での診察は継続されながら、根治療法に取り組むのが ベターだと話をし、納得されて治療開始いたします。トラブルは今までに皆無 です。
◆現場において西洋医学との関係をどのように捉えて活動なさっておられますか。
西洋医学は検査、手術に関しては目覚しい進歩、実績がありますが、病気は肉体的欠陥、ストレス、食事内容、霊障 などが複合要因となって発症するものですから、西洋医学の得意の分野はお任せし、そうでない分野を分担すると いう考え方です。


アンケート

アンケート中のいくつかの質問は、以下からひとつを選択して答える形式を添えています。
【a全くない】 【bほとんど無い】 【cどちらとも言えず 】 【d少しある】 【e大いにある】

【1】A 気と健康、あるいは気と病との関係についてお考えを聞かせてください。
気とは生命エネルギーであり、気が滞れば血流が悪くなり病気とか不快症状が発生します。
【1】B 自己治癒のための各自の気功修練と、いわゆる外気功による治療との関係をどのようにお考えですか。
気とは宇宙エネルギー、生命エネルギー = 波動である。波動の共鳴現象を理解できれば、言霊、思念で自己治療が可能であり、 外気功は気力、体力が落ち込んで、自己治療できにくい方への補助手段です。
【1】C 病気は、私たちの生き方の歪みを知らせる大切なメッセージを含んでいるという考え方があります。この考え方をどう思われますか。それと、外気功で治すことの関係をどう捉えていますか。

人間の体は三重安全装置付なのです。

1.疲れ、頭痛、肩凝り、吐き気、目まい 

2.発熱、下痢、嘔吐、吹き出物、異常な痒み    

3.病気発症 

上記は憎むべき現象、敵ではありません。本能、魂からの注意信号、喜ぶべき通信です。本来75%の病気は外気功に頼らなくても、心の持ち方と正食で治るはずです。

【2】 気には質的な違いがあると思われますか。 それはどのような理由からですか。 また、あるとすれば、どのような違いですか。
【e大いにある 】
気は見えなくて、捉えどころが無いが、働 きのある力です。有害電磁波もあれば、痛みを和らげるマイナスイオンもある。 遠赤外線とは3〜1,000ミクロンの波長のものを指しますが、人体に有用なの は8〜14ミクロンの極狭い範囲と言われています。
【3】 気と精神的成長との関係をどのようにお考えですか。 その理由は。 具体例・体験例があったらそれも付け加えてください。
【e大いにある】
精神とは心、想念です。気功は生命エネルギーに想念を伴って、照射するものです。緊張した気持ちでの気功より、思いやりいたわり、安らぎの気功の方がクライアントもリラックス出来るのではないでしょうか。
【4】 気と覚り(覚醒)との関係をどのようにお考えですか。気の高まりは覚りに導き、覚りは気(生体エネルギー) の活性化を伴うとお考えですか。 具体例・体験例があったらお聞かせください。
【e大いにある 】
外気功は宇宙エネルギーを気功士を通して発功します。宇宙エネルギーの源は、無限の高さ、ランクがあり、その気功士の霊格によって決まります。気功士はレンズの役目だと思います。 レンズは透明で焦点を正確に結ぶ事が望まれます。人格でレンズの曇りや焦点にズレが生じる可能性が有り、日々の愛の想い、誠の言行と反省が重要であると思います。
【5】 気と様々な超能力(ESP、PK等)とには何らかの関係があると思われますか。 それは、どのような理由からですか。 また、あるとすればどのような関係ですか。
【d少しある】
超能力は覚生時に脳波がシータ波(4〜8ヘ ルツ)になり、指導霊からの力を借りられる人が可能だと思います。気功治療は呼吸を調え、アルファ波(8〜13ヘルツ)で発功するするのが ベターです。
【6】 無生物(ある種の鉱物や金属)も気を持ち、放射すると思われま すか。 もしそうだとすれば、人間の気と無生物の気に差はありますか。 あるとすれば、どのような違いですか。
【d少しある】
全ての物質は気を放射しています。しかし無生物の気に頼るのではなく、最も強力な人間の気、即ち"心"こそ気の発信機であり、受信機を大事にすべきです。
【7】 良質の気を発する物質で推薦できるものあれば教えてください。
マイナスイオンのトルマリン、可溶性ケイ酸塩を23%含有する天然ミネラル
【8】 すぐれた気の場(気のスポット)として推薦できるところがあれば教えてください。
特に無い。日の出前の自分の居る所が最高のスポット、瞑想出来れば尚 よい。
【9】 遠隔治療についてどう思われますか。また、遠隔治療はなぜ可能なのだと思われますか。
気は宇宙エネルギーに気功士の意念が伴ったパワーです、距離に関係なく作用すると思います。
【10】 《日本の気功師の気および気功》と《中国の気功師の気および気功》 とを全体としてみた場合、何か違いがあると思われますか。 あるとすればどのような違いですか。その理由は何だと思われますか。
【d少しある】
中国の気は歴史的にみて、内気を鍛錬で高 め外気を発功出来る迄長年の修行により、調心、調息、調身という己の力を中心としています。これには限界と疲労が伴い、一部の人しか高度な医療気功が発揮出来ないのではないかと思います。日本の気功家は宇宙エネルギーを中継するのだとの認識の方々が多く幅広い高度な医療気功を実施できるのだと思います。 
【11】 日本の気功や気功界について何かご意見やご感想があったら、忌憚なくお 書き下さい。
若い人達が興味本位ではなく真剣に医療気功に関心を持って欲しい。     
【12】 その他、気についてご意見があれば何でもお書きください。
西洋医学関係者と気功関係者が共同研究をし、気功の実績を客観的なデータ に取り、再現性あるものとして、評価し、患者の立場になった、ホリス ティック医学への道につなげて欲しい。 


06/12/28 追加
ご協力ありがとうございました。

 

 ☆旧・気功師へのアンケート   気の世界  ☆臨死体験研究読本  ☆かんたん相互リンク


Google