レースレポート速報版

02年10〜11月

  。
★°

2002.10.13 御嶽マラソン 〜御嶽初優勝&高岡選手Wハッピ〜

 4回目の挑戦にて、一度も歩きたいという誘惑さえ起こらずに、自己のコースベスト(3時間27分07秒)が出た。自分でも信じられないくらい脚が動いて、どんどん登ってくれ、女子総合優勝してきた。そんなに頑張ったつもりも無いのに、よくこれだけ走れたな、と、とても不思議な気持ちでこの結果をとらえている。(これまでのベストは98年の3時間31分、このときは最後に完全に歩いた。)

 距離の確かな陸連公認コース、とはいえ、標高差約1200メートルを上るばかり、陸連登録番号を明記して申し込みするが、女子でまだ3時間15分を切った人はいない。男子の優勝タイムでも、やっとこさサブスリーという具合。

 3〜4日前に初冠雪、と聞いていたので、どれほど寒いのだろう、と重装備で出かけたが、雪どころか、暑いくらいの気候になり、助かった。ほとんどの人は暑い、を連発していたけれどもわたしにはロングタイツ&長袖でちょうどよかった。

 女子で、フルマラソンベスト2時間40分台前半の選手(岐阜のH田MK子さん)が出走していたのだが、10キロまでで背中が見えないほどの差がついた彼女に17キロ地点で追いつき、身体が前に出てしまったときには、自分でも驚いた。その後も抜き返されるに違いない、と思いつつ、無理をせずに自分のペースで走っていた。彼女はよっぽど調子が悪かったのかor練習に徹したのか、彼女のゴールタイムは彼女自身の昨年の優勝タイム(3時間26分45秒)から遅れること10分。わたしはたなからぼた餅のような優勝を拾った。

 飛騨小坂より、JRを乗り継いで家に帰ってきておお慌てでテレビをつけると、シカゴマラソン、まもなく高岡寿成選手がトップに踊り出て、もう、わくわくどきどき。一時は世界最高?!?との期待も膨らんだが、それでも日本最高記録!!あぁ、もう感激!!! 

 というわけで、この日は、自分の御嶽マラソン初優勝と、大ファンである高岡選手の日本最高記録達成というWの喜びで夜遅くまで興奮しまくっていた。

 今、わたしどうやら調子が良いようなので、これを崩さないように、後しばらく練習を続けて、東京女子につなげていきたいものである。御嶽終わってからの10月いっぱいが本当に大事なのだと、肝に銘じている。

 いつもならこの時期までにすでに、練習でも頑張って走っていて、必死で追いこんでばかりいるのに、今年はそんなにしんどいと思うような練習もしていなくて、毎回気持ちよく練習を終えている。たぶん、練習で走るときに、設定ペースにこだわらずに、ちょっとしんどいな、と思うときはすぐにペースを落として走っているからかとも思われる。これが良いのか悪いのか???

 レース数も減らしているので、実践的な追いこんで走る練習をまったくしていないと思うのが、自分なりの不安でもあるのだが、これがまた思い違いかもしれない。追いこんでばかりいるゆえの故障が多かったのだから・・・・
 今まで、「練習で出来ないことがレースでは出来るわけが無い。」という気持ちが強くて、いつもぎりぎりのところで追いこんでばかりいた。そのことが、「あれだけ追いこんで走ってきたのだから。」という自信にもつながっていたのだが、また逆に追いこみすぎて体調を崩す原因になっていたのだろう。

 なぜ追いこんでばかりかと思い返してみると、大人になってからのわたしが経験してきたことが、基礎スキーとジャズダンス。ともに技術が土台にあっての表現力を見せる種目だった。だからいつも、「練習で出来ないことが大会や舞台では出来るわけが無い。」と思って練習していたのだ。

 とても不思議な気持ちで今の体調をとらえています。きっと体調が良いのだろうな、という自分自身でも半信半疑の気持ちである。だから、御嶽マラソンを走ってのちの疲労度もよくわからない・・御嶽一緒に走った友人に「筋肉痛無いの?」と訊かれたけれど、「ぜ〜〜んぜん!」と答え、「僕は脚痛い。(=筋肉痛)」という彼と一緒にゆっくりジョグし、リフレッシュも気持ちよく出来る。

 今シーズンこそ、最大の目標は、シーズン最後までちゃんと体調を崩さずに走れること。大阪女子マラソンも記録的には寒さが苦手なわたしはそんなに望んでいないけれども納得できるように走って、招待が来ている泉州マラソンも自分なりの走りを出来たら良いし、3月にもう一度フルマラソンを走れたらいいな、そして、気持ちよくオフシーズンを迎えられるように・・・・



  。
★°

2002.11.2 吉野川ハーフマラソン   1時間22分7秒

 奈良の吉野は時雨れて寒かった、わたしはもちろんロングタイツ&長袖にランシャツの重ね着で出走。多くのひとが寒かった、といっているけど、寒いんだったらどうして暖かい服装で出走しないのかな、ととっても不思議。
 練習で昨年よりもずっとペースも量も落として走っていたし、ハーフは今年の秋初めてなので、まったく自信がなかったのだが、誰を目標にするわけでもなくただひたすら自分の身体と相談しながら無理のないペースで走るつもりで、その通りに脚が動いてくれた。 
結果、ちょっとだけ自己ベストの1時間22分7秒。ラスト3キロほどを、ここで頑張って疲れを残してもいけないし、流してもいいか、と、楽に走ることに徹したのだが、最後流さず必死で頑張ったら21分台だったと思うと、ちょっと残念。でも、一生懸命頑張るのは、2週間後の東京だけだと思うと、気合はいってくる。
 このレースの直後、友人からアドバイスしてもらった「自信の大きさは実績
に比例する、という考え方は誤り。」ということ、わかるような気がする。わたしの場合、レース数が多いのに、いつもレースで結果を出すことばかり気をとられて、練習とうまくかみ合っていなかった。
 東京女子マラソンまであと2週間を切った、この期に及んで体調を崩さないように、上げていけるように願っている。そしてその手段は・・・・坐骨神経痛対策の電気座布団を持ち歩いている。

  。
★°
2002.11.16 東京女子マラソン     2時間54分02秒

 過去三度走って、2時間54分台、55分台、56分台、とわたしの中でのベスト3のマラソン記録はいずれも東京のコースのものである。寒さにとことん弱いわたしが、体調を合わせやすいとも言えるだろう。今年こそ4年ぶりの自己ベスト更新を狙って、満を持しての出走となった。

 レース後半35キロ以降失速したけれども自分では「つぶれた〜」という感覚ではなかった。身体のバランスこそとりづらくなっていたものの、しっかり脚を動かしているつもりだったのだ。タイムはわずかながら自己ベスト。競技場内を必死で走ったのだが、最後、目の前で計時が53分から54分に変わり、53分台にも届かなかった。

 走り終わって意識が遠のいて、毛布三枚にぐるぐる巻きにされ、「この子、冷たくなっているから暖めて、暖めて。」と言う声が耳に届いて、「わたしゃ〜、死体じゃないよ〜。」と冗談のように意識の底で反応していた。

 救護室に運ばれ、じわ〜っと暖かくなって眼をあけてみると、直前の故障にもかかわらず3時間4分台で完走してきた我が妹が心配そうに覗き込んでくれていた。わたし:「あんた、脚だいじょうぶ?ここで手当てしてもらったん?」と尋ねると、妹:「そんなことよりももっと重症の人が多くて、誰も相手にしてくれへん。」と、これまた冗談のような姉妹の会話であった。


 今回、自分なりのペースで無理をしないように10月やってきて、吉野川ハーフも楽に走って最後流して、(だから1時間22分台でも、あと数秒で21分台に届いたこともぜんぜん悔しくなかった、次ぎに東京で頑張ればいいと思ったから)、ちょこっとしたアクシデント(かかとを怪我してしまい、腫れてシューズをはくのが痛かった。診てもらうと、かかとの角質化した部分が裂けている状態で、外科用のテープで裂け目を張り合わせてもらった。裂けた部分に体重がかかって、口が開いたままだったので痛かったのである)で1週間前の調整練習が出来なかった。

 そこのところを自分でLSDに変更した。しかも起伏のあるところで。いつも走り慣れているから、という理由で。これが調整の失敗か?フルマラソンレース1週間前には、起伏走は避けたほうが無難、というアドバイス、後にいただいた。また、2週間前の吉野川ハーフでの走り、スピード感を味わいすぎて速すぎ、という指摘も。後2週間、という残りの期間、今までの練習での設定ペース、年齢(による疲れの取れ具合)、等々考えるともっと流しても良かった、というアドバイス、これも後にいただいた。

 東京でのペース配分も、今から考えると、予定よりもちょっと速含みだった。メルマガのBEST RUN 136&7の、失敗例の典型かと思う。集団で走っていて、その中での位置どりを気にしてチョロチョロしたり、給水に気をとられ手前に出てみたり、余計な脚を使ってしまっていたと思える。前半から集中していて、集中しすぎで、要するに「肩に力が入った走り」だったといえる。タイムをクリアしなきゃ、上げなきゃ、という意識が無意識に働いていたようだ。前半はもっとリラックスして、らくに設定ペースを走るくらいでないといけないようだ。
 とどのつまり自分を過信しすぎるところに、失敗がやってくるのだと思える。


  。
★°
2002.11.23〜24 晩秋の連休は紅葉見物レース

 大きなフルマラソンレースを終えた後は、紅葉見物レースなどで遊びまくり〜〜、とはいっても土曜&日曜と夕方4時から&夜の8時〜9時と仕事なので、おお慌てで帰宅しなくてはならないのがタマにキズ。

 初日は兵庫・一庫ダムマラソン10キロを走って、38分03秒。5分以上更新の大会新記録だとアナウンスあり。それもそのはず、関西屈指の大規模マラソン福知山と翌日は阪神間の尼崎マラソンに重なっているのだから穴場中の穴場といえるだろう。ラスト1キロを3分40秒で走ったことになっているが、ちょっと距離が不足かも。久々の10キロレースだが、未公認ロードだと距離がわからないので、比較しようもない。

 翌日は三重県・忍者の里上野シティマラソン3キロで、10分49秒。ラスト1.2キロほどだらっと登っていて、3分44秒かかっている。ゴール手前20mくらいのところで、途中で抜いたはずの女子中学生に抜かれてしまった。わたしも切り替えてふんばったけれどもそのまま半歩下がった団子状態でゴール。毎年、このように忍者の末裔とも言うべきすばしっこい中学生に先行され、万年2位。今年の優勝は1500m専門の中学陸上部の女の子で、ベストは4分51秒と教えてくれた。ついでにおかあさんの歳、たずねたら、41歳だと答えてくれた。
 
 総合の表彰式では、1位中学2年生、2位わたし、3位中学1年生、そろって舞台に並んで、どう見てもコリャ、女子中学生と付き添いのおかあさん、って感じで、かなり恥ずかしいものがある・・・。

  。
★°

 こちらのページをご訪問くださり、ありがとうございます。

 以前の完走記については、所属ランニングクラブのHPにてご覧いただけます。

 どうぞ、こちらをクリックしてくださいね。→→→←←←<このこは、走るぞうさん、といいます。>