ホームヘルパー2級講習会


レポート・同行訪問(同行訪問模擬実習)
◎在宅におけるホームヘルパーの心構えとして、何に注意しなければならないか。

 ヘルパーの仕事は、「他人の家の中にいる」ということ。その家によって、習慣・暮し向きも異なり、利用者のプライバシーに接触してしまうようなことにもなりかねないことをよく理解してとりくまなければならない。そのためにも、利用者側の状況をよく理解し、利用者の訴えることにしっかり耳を傾けて聴き取るように。

 ケアプランに基づく具体的援助目標を掲げるなかでも、介護はいろいろな対応の仕方があり、人によってかかわり方が異なってくる。その利用者宅ではどうなっているのか、どんなやり方が利用者にとって一番好ましいのか、家族の人ともしっかり相談して、統一しておいたほうがいいだろう。

 援助の内容は、ヘルパー自身でも良く理解しておかなくてはならない。その上で、過剰サービス(ポータブルトイレでの排泄が目標なのに、自宅のトイレまで誘導する・ヘルパーの車に便乗させる、など)は避けたほうがいい。所属するヘルパーステーション側の規則などを遵守し、問題が起きた場合などはステーションともよく相談しなければならない。

 介護技術はいろいろあるし、人とのかかわり方はまさに千差万別。「人対人」の仕事のなかで、相手の状況を見極めつつ行動を取れることが大切である。
◎あなたがホームヘルパーとして働く場合、どのようなホームヘルパーになりたいか。

 利用者とその家族の気持ちを理解し、相手を受け入れることができるように、よく話を聞き取れるように。ホームヘルプサービスを受けることを決断した背景には、深刻な介護危機に陥っている場合もあるので、家族とのコミュニケーションをうまくとって、利用者と介護者の気持ちの受容ができるようになりたい。

 援助計画・ケア計画に基づいた具体的援助目標に向かってお手伝いさせていただくなかで、できるだけ本人の日常生活動作を拡大していけるように残存機能を発見できるようなかかわりかたをしていきたい。いろいろなことをヘルパーが手伝ってさっさと済ませてしまうのは、ヘルパー側にとっては仕事が早く済み、楽かもしれないが、これでは本人の自立を促すことにはならないのである。

 そんななかで、ヘルパーは家事援助・身体介護を通じて、利用者のもっとも身近なところに位置していることから、利用者の問題状況の変化をいち早く気づくことができるように。そして、その情報を所属機関に伝えることにより、より進んだ機能回復のために住宅改善(バリアフリー)をアドバイスしたり、在宅から社会への接点として、デイサービスを提案したりと、ケア計画をより良く修正していけるとよいだろう。





葉ホームヘルパー講習会
葉パパの介護記
葉娘のヘルパー日記
葉介護について思うこと

娘はマラソンランナー

メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ