身の回りの出来事




大騒動パソコン製作記
(02年7月22日加筆)
<ついにパソコン壊れる>
先日から、「PCが壊れて動かない!こまった〜〜」(7/6)という状況で、いったんは私の思惑通り、OSの上書きインストールで何とか動き始めました(7/10night)。

が、しかし、相変わらずHDDからは柱時計のような音がして、こりゃもう潰れるのは時間の問題。

もうこうなれば新しくするしかない、と、古いものをいつまでも大事に使う性格のわたしもさすがに買い替えの時期を決断しました。

<大切に使ってきたのに・・・>
かくいうわたしも、ど素人からPCを使い始めて丸2年。
最初の機械は、2年あまり前に友人からただ同然で譲ってもらった( or 奪い取った?)WINDOWS95搭載のDELL製。

何人もの友人をPCの先生として自宅に招き( or 無理やり来てもらって?)、メモリ増設&WIN98にアップグレード&HDD付け替えして(=ぜ〜んぶ友人がやってくれました)、大切に使ってきました。PCの動きが鈍いときに、その周辺をバンバンたたいたりすること、決してありませんでした(ホントかな?)。

<え?わたしが自作するの?>
PC買い替えにあたって、機械ものにまったく弱いわたしは、量販店で販売しているメーカー製の出来合いのPCで充分〜と思っていたのですが、PCのことを相談していた友人に、首に縄をつけるようにして日本橋(=大阪の電気街)に連れて行かれ、部品から組み立てることになりました(7/13pm)。

「え〜〜わたしが作るの???PCを??」と半信半疑だったのですが、「ワタシもいっしょに横で作るから。」という心強い友人の分も合わせて2台分のPCのパーツを購入し、我が家に運び込み、ドライバーを廻して、何も入っていない空のパソコンの箱を開けるところから作業は始まりました(7/14pm)。

<見事に組み立て完成>
手順は友人の進めるとおり。横で見ていて、同じ穴に同じコードを差したりするだけですから、思ったよりも簡単です。心配していたハンダ付けの作業など、出てきません。

友人が次の手順を考えているときなどに、『できる・自作パソコン』の本のページをぺらぺらとめくったりしながら、一つ一つのパーツを組み合わせていきました。

組み立てたPCの動作確認もでき、いよいよOSのインストールです。これは以前のPCで何度も経験しているので、一人でできるはずだと思い、その手順で進めます。インターネットとの接続も、説明書を見ながら何とかできました(7/14night)。大喜びでメールでまわりのみんなに報告したりしていました。

<ハードディスクは2ギガ??>
がしかし、肝心の仕事関連のソフトや、OFFICE2000のインストールができません。なぜ?〜と思ってHDDを確認したら、わずか2ギガしか認識していなかったのです。これでは、わたしの以前のPCの4分の一です。どうなっているの??自慢の100ギガのはずが・・・?(7/15morning)

もう、これ以上、友人に頼ることはできません。なぜなら、週末の2日間でPCを仕上げるはずが、月曜日まで作業はずれ込んでいたのです。

半日以上費やして、ひとりでガチャガチャやっていました。あちこちさわってみても、相変わらずHDDは2ギガのまま。「もしかして初期不良??」とまで疑い始めたのですが、わたしのことだから、きっとどこかで何かを間違ったに違いない、と思い直し、友人から借りたPCの本に首っ引きでした。以前何度か再インストールしたときの要点メモも探し出して、ガチャガチャガチャ。

マニュアル本の同じ項目を何度も読んでいたにもかかわらず、数回目にピンとひらめいて、PCに向かって命令を発しました。〜作戦成功!立派に100ギガのHDDを認識してくれました。(7/15evening)

<パソコンのほうが数億倍賢い>
あわてんぼうのわたしは、どこかで入力するところを間違えてしまい、100ギガのHDDをつんでいるはずが2ギガしか認識できないように、PCに命令していたのです。PCは、人間の入力したとおりにしか動かないものなのですね。つまりPCは、人間の命令に従順で、命令どおりにしか動きませんが、数億倍以上賢いのです。

「PCが壊れた〜〜」と慌てふためくわたしに、周りの友人は声をそろえて「あんたが壊したんでしょ。」というのもうなずけます。

<まだまだ続く大騒動〜メモリ容量不足??>
さて次は、各種ソフトのインストールです。容量が大きくなったので、次から次へとどんどん収まっていきます。インストールの所要時間も実に短縮されているようです。

ところが、Office2000がうまく収まってくれません。エラーメッセージは「メモリ容量不足」。一部だけインストールできて、いるかくんなどのアシスタントが起動できないといっています。もともとアシスタント、使っていないので、不要といえば不要なのですが、ほかにはショートカットアイコンをデスクトップ上に置くこともできません。これはちょっと不便です。仕事関連のソフトも、インストールできたものの、印刷画面に切り替えると「メモリ容量不足」で、プリントできません。これも困りました。

あちこちに聞きまわって、起動時のシステムリソース80%くらいにしてみたり、デスクトップ上のショートカットアイコンを消してみたり、スクリーンセイバーをオフにしてみたり、対策を取りましたが、Office2000は不完全なまま。なぜ?自慢のメモリは512を2枚差しの1.2ギガはずが??(以前のパソコンはメモリ32の2枚差し)

答えは意外なところにありました。ショップから買ってきたメモリ、512を2枚だったのですが、この2枚が種類の違うものを渡されていたのです。もちろん、増設する際など、型の異なるメモリを取り付けることもあるので、たいして問題ないだろう、と気にもしていなかったのですが、どうやらこれが悪さをしていたようです。いわゆる、「相性」とも言うのでしょうか?一枚を取り外してみると、すべてうまく行きました。メモリ512一枚でも問題ないのですが、せっかくなので、取り外したメモリを、今のマシーンにつけてあるのと同じ形に交換してもらおうと思っています。

<これでもかと続く大騒動〜プリンターが動かない??>
次なる問題はプリンターでした。プリンタドライバーはちゃんとインストールされたはずなのに、印刷できない???またぁ〜〜、と思い、プリンタードライバーを再認識させたり、あちこちガチャガチャ。まさか、と気づき、マシーンの裏側を確認すると、スキャナーからのコードが抜け落ちて机の裏側に隠れていました、トホホ〜。おはずかしや〜〜、よくこれで、マシーン自作なんてできたものです。自分でも信じられません。

<自作パソコンに愛着がわきました>
こんなふうにしてわたしの自作パソコンは出来上がりました。パソコンの箱の中を覗きながら、一生懸命ドライバーをまわしてパーツを組み立て、見よう見真似でバイオス画面もさわれるようになりました。起動ディスクで立ち上げた黒い画面も平気になりました。

PC組み立てのきっかけを与えてくれた友人に感謝しつつ、人間、やればできるもんだな〜と、出来上がったPCにとても愛着を感じ始め、今まで以上に大切に使うことを心に誓いました。

<追伸>
今のマシーンのスペックは「ペンティアム4の2ギガ。メモリは512を2枚差しの1.2ギガ。HDDは115ギガ」となっています。
偉そうに言っていますが、パーツ選択は友人に一任。パーツのこともさっぱりわからないわたしは、ショップで隣のコーナーの[キーボード&マウス&スピーカー3点セットで1980円]などという激安品を見つけて感激していました・・・・。






葉ホームヘルパー講習会
葉パパの介護記
葉娘のヘルパー日記
葉身の回りのできこと

娘はマラソンランナー




メール アイコン

トップ アイコン