アンディ・フグさん追悼特集

執筆協力:I君(M1)

8月24日に急性前骨髄球性白血病でK―1の人気選手、アンディ・フグさん(享年35)が逝去しました。ご冥福をお祈り申し上げます。

急性前骨髄球性白血病APL)とは・・・

急性骨髄性白血病=AML(acute myeloid leukemia)の一種。FAB分類の中ではM3と呼ばれる。AMLの中でM3は予後の良好な型であり、再発率は低い方である。しかし、発病時は爆発的に白血病細胞が増殖し、寛解導入療法時にはDIC(血管内で血液凝固が起きる病態)が急激に進行し、出血が起きやすい。そのため、急性白血病の中では早期死亡が最も多い。

アンディ・フグさんの場合、肺にカビが生えて肺炎を起こしたと聞いている。急性白血病では未熟な白血病細胞ばかりが増殖して、正常白血球の数が低下するので、普通なら感染しないような病原体にも感染してしまう。

(ひとこと)病弱だから白血病にかかるというわけではない、という当たり前のことが一般の人にもこれでよくわかったのではないだろうか。

(注意)上の文章は素人が書いたものですので、間違いがあるかもしれません。

詳しくは、国立ガンセンターHP該当部分などを読んでください。

ゴンタ医科大学に戻る