今度は腎臓だ('00 4/10〜6/19)

移植病院を退院して、さあ復学! ところが・・・

血算・生化学データは青字になっています。
WBC:白血球、RBC:赤血球、Hb:ヘモグロビン、Plts:血小板
腎機能の指標として、BUN:尿素窒素、CRE:クレアチニン

'00 4/10 復学してから初めての授業があった。スタートダッシュを大事にしたいと思い、それなりに今日の範囲の予習をして、いつもより早く講義室へ着いた。留年したので、周りは1学年下の人たちばかりで友達は誰もいない。予備校の講習会に来たみたいだ。先生が名前を呼んで出席をとっていくのだが、僕の名前は呼ばれなかった。どうしても今年は単位を落とせないので不安になって聞きに行くと、名簿に「合格済み」と書いてあるじゃないか!去年合格していたらしい。事情はよくわからんが、それはよかった。その時点で帰ってもよかったのだけど、せっかく予習してきたから今日だけは授業を受けてきた。自分で自分を誉めてあげたいよ。
4/11 ひさしぶりに大学病院へ。血球数はよかったが、生化学検査の結果は何かと問題あり!クレアチニン、尿酸、中性脂肪、総コレステロールなどが高い。腎臓の負担を減らすため、塩分控えめ令が出てしまった。塩味のある食塩NaClの代替物質はないのだろうか。あと、脚の筋肉が落ちているのも心臓に負担をかけているらしい。もっと歩いたほうがよさそうだ。
WBC7750, RBC349, Hb12.2, Plts6.5, CRE2.2, 尿酸9.5, Trig171, Chol 275
4/16 焼肉屋で夕食。ネギタンやニンニクが美味しかった。はじめてシンゾウを食べたが、コリコリとした独特の歯ごたえがあった。味からいえば、同じ「臓器移植系」のレバーの方が上だろうか。なお「臓器移植系」にはトンコツラーメンも含まれる。
4/18 毎週火曜日は外来の日。午前の授業が終わったらすぐ病院へ行って採血、昼食後に診察というパターンである。血液検査から腎臓がますます悪くなっていることがわかる。原因がよく特定できていないから怖い。血中の尿酸値を減らすためにザイロリック(尿酸合成阻害薬)を飲むことになった。白血球数にはドキッとさせられたが、芽球ではないということなのでホッとした。
WBC12130, Hb12.9, Plts10.5, CRE2.6, 尿酸9.8, γGTP269
大学の敷地内に他の学部の農園がある。今日そこに夏みかん的柑橘系フルーツが実っているのを発見した。おいしそうだった。でも、薬と相互作用があるためグレープフルーツ禁止令が出ている身としては、むしって食べるなんて怖くてできない。とんでもないバチが当たりそうだ。
4/21 学校の健康診断。僕にとっては不健康診断だけどさ。身長が去年の159.9cmから160.1cmに伸びた。今まで自己紹介のところに身長160cmとあったのは四捨五入したものだったので、ちょっと後ろめたいものがあったのだけれど、これからは正真正銘160cm!・・・あまりに低レベルなお話でした。
4/22 フェニックスクラブ(血液疾患の患者の会)の交流会が湯の山温泉であり、はじめて参加した。夕食ではおいしい肉がでたが、あれは鹿の肉だったのだろうか?その後、全員の自己紹介とドクターへの質問の時間があった。実はこのドクター、僕を大学病院で診てくれている先生なんだな。不思議な気分だった。患者さんは全体的に元気な方が多く(元気だから来るのだが)、負けてられないなという気持ちになった。若い女性も多くて驚いた。
4/29 退院してからも高血圧で悩まされている。そこで、血圧計と聴診器を買ってもらった。この血圧計は電気屋で売ってるものじゃなくて、病院で使われる水銀のやつ。どうせそのうちマスターしなきゃならないんだから、ってことで。現役助産婦であるmyばーちゃんの指導の下、なんちゃってドクターの血圧測定が始まった。なんとか計れたけど、まだモタモタやっている。
聴診器を使うのはひさしぶりだった。今だから言えるけど、前使ったのはM病院のクリーンルームの中だった。引き出しの中に入っていたので遊ばせてもらった。よい患者は真似しないこと!
5/2 相変わらず腎臓の数値が悪い。LDHが高く、血小板数が低い傾向が続いていることから、TMA(Thrombotic Microangiopathy、血栓性微小血管症)という病態が疑われるとのこと。また勉強すべき課題ができてしまった・・・。明日からプレドニンが1錠になり、ラシックス(利尿剤)が増え、ペルサンチン(血栓を防ぐ薬)を飲むことになった。WBC13540, Hb12.3, Plts7.1, BUN46, CRE3.6
5/6 日本料理の店にて夕食。部屋に入るとお香のいい香りがしていたり、琴の音楽が流れていたり、いい雰囲気だった。懐石料理をいただいた。鮫の軟骨の梅あえ、甘鯛とじゅんさいのスッポン仕立て、タケノコ豆腐、梅ナメタケの雑炊が特によかった。刺身を食べられなかったのは残念だったけど。日本の文化はすばらしい!
5/12 再入院してしまった。腎臓のせいだ。腎臓のバカ!今度の入院は移植前にいた大学病院。つまり、自分の通う学校のすぐ近くなのだ。ついでに来週マルクをやり、さらに腎生検もやる予定らしい。(汗・・・)
5/15 腎臓病食を食べてる。タンパク質は40g制限、食塩は5g制限。大好きな焼肉の対極に位置するような食生活を送っているわけだ。その代わりというわけではないけど、生モノが解禁になりました!・・・ということは、お寿司もちょっとならいいということかな。WBC9860, Hb11.6, Plts10.7, BUN55, CRE4.5
5/23 今まであちこち生検をやってきた。大腸生検、肺生検、皮膚生検・・・そして今日は腎生検をやった。次は肝生検かな、なんて言ってると本当にそうなりそうで怖い。
わき腹の背側を消毒したあと、局所麻酔の注射をするんだけど、この時だけ、まあまあ痛かったです。次に、エコーで腎臓の場所を確認しながら針を刺し、組織を採ったのでした。ここから8時間の絶対安静。実はこれが最もつらかった。腰を圧迫したまま、仰向けで、寝返りもいけませぬ!足も動かしてはいけませぬ!背筋が痛くなって発狂しそうでした。精神安定剤でも出してもらえばよかったかな。

【腎生検の結果】K先生の予想どおり、TMA(血栓性微小血管症)。腎臓の微小血管に血栓ができていて、そのため血流が減って腎臓に障害が起こっているということらしい。血小板の機能を阻害して血栓ができるのを防ぐ薬(ペルサンチン)を飲みながら、様子を見ていくことになった。

5/31 減塩治療食教室というのに参加した。病院の栄養士さんが「調味料の塩分について」というテーマで授業してくれたんだけど、食塩1gを含む調味料を自分で実際に計量したりして、なかなかおもしろかった。ケチャップやマヨネーズなら結構たくさん使えるんよ。目指すは減塩料理の鉄人!WBC6470, Hb8.2, Plts4.3
6/6 お見舞いに来てくれた友人が骨髄バンクのドナーカードを持っていて、それを見せてくれた。なんかうれしい。
6/15 今週ひさしぶりに大学に行ったが、劇的に疲れた。こんなに体力が落ちているとはショック! 大学周辺を歩いていると必ずと言っていいほど知っている人とすれ違うのだが、気付いてくれない人がいる。きっと顔がムーンフェイスになっているからだろう。それとも、心のきれいな人にしか僕の姿は見えないのだろうか。(逆か?)
6/19 退院! ・・・とはいっても、「低タンパク、低ナトリウム、高カロリー」という食事制限は、腎臓が悪い限り続けていかなきゃならない。もしかすると一生かもしれない。背中の腎臓のあたりに拳銃を突きつけられたままなのだ。でも、とりあえず退院は嬉しいよ!WBC5680, Hb8.1 ,Plts8.7, BUN41, CRE4.5

夏とはしかと私へ続く!