無門関・目次へ
宝鳳(ほうほう)法師がご案内します。ホウ。



無門関・第2則
百丈野狐(ひゃくじょうのやこ)




百丈(ひゃくじょう)和尚の説法のあと、
一人の老人が問うた。

「わたしは人間ではありません。
 大昔、仏陀もまだこの世に出られない頃、
一人の弟子から、
『仏道修行を完成した人でも、
やはり因果(いんが)の法則に落ちて
苦しむものでしょうか?』

 と問われ、
『いや、因果の法に落ちることはない』
 と答えました。

 するとそれ以来五百生の長い間、
キツネの身に堕ちてしまいました。
どうか正しい一句をもって、
この身から脱出させてください。」

そして改めて、

「仏道修行を完成した人でも、
やはり因果の法則に落ちて
苦しむものでしょうか?」

と問うた。

すると百丈和尚は答えた。
「因果の法を昧(くら)まさない」

その途端、老人は脱出した。


**************************


 五百生の野狐、百丈に因果を問う。 不昧と不落。渡りきれるかな? 。。。。。ホウ。



**************************



仏道有門 仏道無門