●Supplement●●Supplement●●Supplement●●Supplement●●Supplement●

      健康食品の被害報道を見て思うこと

 このところ、いかがわしい健康食品(らしきもの)での健康被害が問題になっています。 大変腹立たしい事件なのですが・・・
しかし、今の日本の健康食品を取り巻く諸々の状況を見ていると、思わず目をつむり、腕を組み、いかにもむずかしいことを考えてるふうに 「う〜ん・・・何だかなー」 と言う感じになってしまうのです。 

被害に遭われた方は、本当にかわいそうだと思いますが、どうしてそんな、いかがわしい薬を購入し命を落とすまで服用してしまったのか? と言う理由の方を考えてしまいます。
実はわたしはこういう事件も起こるべくして起こったと思いますし、

 これからも起こりうる と思うのです。

 健康食品やサプリメントと言っても、日本ではその言葉の定義自体はっきりしていませんし、法的にも全く整備されていない、また、健康を維持するということに関してこういった商品を摂られる皆さんの知識があまりにも少ないと言う現状があります。
勿論、今回の被害の報道は個人輸入による物なので日本の法整備とは直接は関係ないことかもしれませんが、確実に消費者の意識レベルは大きく関係していると思うのです。 いや、考えるべくだと思う のです。


 こういった健康食品を輸入販売したり、個人輸入代行を行いマージンを取っているところは、ほとんどの場合人々の健康を第1に考えているところは非常に少ないです。
外国(特に中国など)で、健康や美容に効くものがあればビジネスのネタとしか考えていません。
中国のものであれば「いかにも効きそう!」という一般的風潮がありますし、漢方なんて言葉が一言でも入れば「副作用がない」と思いこんでしまいます。 漢方でも、西洋医学の薬と同じで立派に副作用もあるんですがね・・・


 これまでのメールを頂いた方からもいろんな話をお聞きしましたが
たとえば更年期障害によく用いられるイチョウ葉エキスが、日本ではヨーロッパで販売されている数十倍の値段で売れれていたり、

 あるサプリメント(これはダイエット関連)に関して、販売元に原料、成分などの質問をしたら

「申し訳ございませんがお答え出来ません。
お買い上げの商品をご返送ください。 弊社に商品到着後、すぐ返金させていただきます。
今後○○様よりのご注文、メール送付等はお断わりいたします。」

とメールが来たそうです。

「うんんん〜????」 ちょっと急にそんなこと言われても意味がわからないですよね。 つまりですね、わかりやすく通訳すると
「そんな質問されると困るので、代金は全額返す代わりに質問は2度としないでくれ」
ということなのです。
この業者は
 いったい何を販売していたのか?

  これまでこの商品を摂っていた私は

いったいどうなってしまうのか??



 そんな恐ろしい話はいくらでもあるのですよ。


もし、今皆さんがちょっと怪しいかな?と思うような健康食品を摂っているようでしたら、一度、製造元、原料、成分などについて質問してみてください。 いい加減な対応をすれば、まずそうの業者は消費者の健康は二の次と言うことです。 そんな業者を信用できますか?

 現状では健康や美容をネタにぼろい儲けをたくらむ業者がいる限り、こんな事件はいくらでもあり得ます。
そういった業者が、皆さんの健康、美容に関する不安や無知を利用して儲けようと考えるのは当たり前と言えば当たり前なのですよ。


 こんな事件をなくす方法は、やはり皆さんの栄養全般に関する知識レベルを上げ、このような商品を購入しないことしかないと思います。

 本当は、日本が政策的に病気を治す医療ではなく、健康を守るものに重点を置いていけば自然に解決されていくとは思いますが今の日本では期待できませんね。

だからといって、こういった事態だけ捉えて規制を強化する方向には行ってほしくないですね。(たぶん、そういう発想しか、今の日本の役人にはないと思いますが・・・)


 具体的には、栄養補助食品(サプリメント)に関する法整備を行い、現在の食品や薬品に関する法律も抜本的に見直してほしいのです。
日本では米国で認められていない200種類以上の食品添加物が認められているそうです。 そういった事を含め、食品、サプリメント、薬品について総合的に法整備を行い、政策を実施していけば、自然に日本全体の健康食品に対する意識レベルも上がっていくと思いますし、また粗悪な製品も淘汰され入ってこなくなると思うのですが・・・ どうでしょうか。

 (KK+1、2002.7.21)

 かしこいサプリメントへ

           サプリメント模様