2003年5月31日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
サプリのインターネット販売について



サプリメントのインターネットでの販売ってどんどん多くなっていますよね。

特に、海外物(ほとんどアメリカか中国)のサプリメントショップはとてもたくさんあります。
おそらくこの日記を読んでいるあなたは、インターネットの経験が間違いなくあるわけで、こういったサイトから購入した経験がある方も多いですよね。

でもちょっと待ってくださいね。


そのショップ自体、違反サイトではないですか? 

商品が海外物で個人輸入しないと手に入らない製品である場合、その個人輸入製品を不特定の多くの人に宣伝することは ピッピ〜(警察の笛)薬事法違反!! になるそうです。 
ただ、気を付けないといけないのは、Web上で製品の紹介はしていても、不特定の人間が見られないように、パスワードなどで保護しているサイトは問題ないです。私もそういうところから製品の情報などをもらっていますから。(迷惑がかかるといけないので念のため)

良く、個人輸入代行業と称して製品を宣伝している業者ってありますよね。 たぶんあれはすべて違法です。 つまり検索に出てくる個人輸入サプリのサイトはすべて違法って事です。 個人輸入といっても、それも書いてないサイトも多いですよ。 たとえば〔買い物かごへ入れる〕ボタンで簡単に購入できるようになっている奴ですね。分かりにくい(^^ゞ

違反といっても、どこまでが違反でなくてどこから違反なのか?難しいですね。


先日も中国のダイエット食品を個人輸入代行していた業者がつかまるニュースがありました。 警察もかなり危険な製品であればこのように取り締まってくれるのですが、単純に宣伝しているだけでは取り締まりまではしないようですね。


サプリメントショップは、見る人の購入意欲をかき立てるように本当に巧みに作られています。 特にダイエット系のサプリのサイトはひどいです。 というよりは大変上手に出来ています。 パチパチ(拍手) 

日本の消費者も、もっとかしこくなりましょう。 そのサイトが違法ではないのか?、しっかり確認して購入してくださいね。


つまらんのでやめる(^-^;; 次の日記も一応読んでみる(^^)