2003年7月22日

『健康を意識する健康人』になろう!


人間とはいい加減な物で、大切な物でも常日頃から意識していないと、すぐに忘れて今しますよね。


たとえば、家族の大切さ、思いやりもそうで、「幸せ」な環境にどっぷり浸かっているとそんなことは意識もしません。 何か自分が苦境に立たされたときに、はじめて気が付きます。 その時に間に合えばよいのですが、「時すでに遅し」ということもあって、頼りたいときにはあなたの側には大切な家族はいないかもしれません。よくあることです。


私も気を付けねば。 私の場合は日頃から思ったことは、思いっきり口に出していう方なので(これは大きな欠点でもある(^^ゞ)、結構その点は有利なのです。


健康に関してもそうですよね。 比較的健康な内は「自分は健康だ!」なんちゅう事は考えもしません。 その状態が普通ですからね。 私はこのサイトを開いてから結構メールをいただくようになったのですが、なかなか普通の方(失礼!)からはメールは来ません。


別に数えてみたわけではないですが、一番多いのは妊婦さんや小さなお子さんを持ったお母さんかな? これは、たぶん私の年代もあると思います。 その次が体の不調で悩んでおられる方。 その他はサプリメントおたく(ごめんなさい)っポイ方、スポーツをやっている方です。 普通の方はほとんどおられません。 類は友を呼ぶ?(^^ゞ)
妊婦さんやお母さんの場合、子供をきっかけに健康を意識します。 不思議と結婚はきっかけになりませんね。 (旦那さんの健康はどうでもいい?(^^ゞ)


人は何か病気になってはじめて健康の大切さを知ります。
でも、病気になるっちゅうことは、

いたって健康 >>> まあまあ健康 >>> ちょっと不健康 >>> かなり不健康 >>> わ〜病気だ〜(T_T)

という経過をたどっている訳ですから、その時点で身体的にはかなり重傷なんですよね。


健康なうちから健康をしっかり意識する健康人であるべきです。 健康の元は睡眠と運動、そして一番重要なのはやっぱし食事、つまり栄養ですよね。
現在の死亡原因の30%位は癌だそうですが、自分が癌になるなんて事を想像できるでしょうか? 
「俺は癌で死ぬよ」「遺伝的に癌の家系だ」
と言う方もおられますが、その方が本当に自分が癌になることを想像しているかといえば、絶対にNOです。 だって10人中3人は癌になるんですモン。


癌だって何の病気だって、絶対に生活習慣や栄養的な原因があります。手遅れにならないうちに、わたしもこれを読んでもらった皆さんも『 健康を意識する健康人』になりましょうね。(^^)


つまらんのでやめる(^-^;; 次の日記も一応読んでみる(^^)