神戸高校野球部 夏の大会予選速報


神戸最終回に粘りを見せるも,無念の2回戦敗退

7月22日(土曜日)姫路球場に於いて2回戦が行われました。
相手はシード校の龍野高校を破った,淡路の古豪津名高校です。両先発投手の素晴らしい立ち上がりの前半戦から後半は打撃戦になった試合でしたが、残念ながら6対3で母校は敗退してしまいました。
以下,試合結果です。

 
津名
神戸


神戸の先発投手吉田(鉄)は素晴らしい立ち上がり。1回先頭打者を三振に取ると、4回まで三振七つを奪いパーフェクトに押さえる、文句のない内容。
一方津名高校の投手も3回までパーフェクト、三振も三つ奪う投手戦であった。

チャンスはまず神戸に訪れた。
4回裏一死から二番三枝の当たりはレフト前ヒット。これがややイレギュラーし、レフトが後逸する間に一挙に三塁へ。ここで迎える打者は三番の屋敷。この場面スクイズも考えられたが,1回戦でスクイズを失敗している打者だけにベンチのサインは強攻策。これが裏目に出て、三振。続く打者は現在調子がよく、最も期待できる四番の吉田(健),最初の打席でもセンター前にヒット性のライナーを飛ばしているだけに,相手バッテリーも警戒し、敬遠気味の四球。五番の主将坂元に期待したが、坂元もあえなく三振。

その後、すぐに津名にもチャンスが訪れる。
5回表、二死から右中間を破る三塁打。二死三塁から次打者の当たりは、二塁藤本への平凡なゴロ。これでこの回無事無得点で押さえたかと思った瞬間、焦った藤本がゴロをファンブルし、エラー。まず1点。さらに連続ヒットを浴びて2点目を許す。

6回には一死から死球で出塁を許し、続く打者にもライト前ヒット。ライトがこれをさらに後逸し、一死二塁三塁。ここでスクイズされて3点目。

神戸も6回裏に反撃。この回先頭の飯田が死球で出塁。送りバントで一死二塁とし
た後、続く打者はショートゴロに倒れたが、四番吉田(健)が期待にしっかり応えて,センターにはじき返し1点目を入れる。

しかし津名もすぐに得点を重ねる。
7回には一死からセンター前にヒット、送りバントの後、二塁打で4点目。
8回には二本の長打と犠牲フライで2点を追加、6点目。

9回の表を終了し、6対1で津名がリードし、最終回の神戸の攻撃を迎えた。
神戸も最後の粘りを見せる。先頭の二番三枝がレフト前にヒットで出塁。続く久保田も四球で無死一塁二塁。ここで先程タイムリーを打っている四番の吉田(健)しかし、見送りの三振。神戸の反撃もここまでかと思われたが、坂元が主将としての粘りを見せ、レフトオーバーのタイムリー二塁打で2点を入れて、神戸の応援団を大いに沸かせた。

しかし、神戸の粘りもここまで、後続打者が倒れて6対3で2回戦敗退となりました。

前半の素晴らしい吉田(鉄)のピッチングでしたが、中盤以降ややばてたのかコースが甘くなったところを集中打されて、得点を重ねられ,神戸もあきらめずに最後までよく粘ったものの,中盤の失点が大きく、追いつくことができませんでした。


戻る