ヴィレッジホームズ (カリフォルニア州デイビス市)
Village Homes (Davis, California)
   
環境共生型住宅開発としてあまりに有名な(と言ってもあくまで生業としてまちづくりに関わっている人達にとってでしょうが)このプロジェクトは、日本でも至るところで紹介され、今更私が取り上げるまでもないかも知れません。ディベロッパーで住人でもあるマイケル・コルベット氏のもとへは日本からの見学者が後を絶たず、氏のプロジェクト説明、現地の案内もかなり手馴れたものです。太陽エネルギーの利用、雨水地下浸透、野菜・果樹の自家栽培、ラドバーンシステムの採用と言った環境共生アイテムがずらりと導入され、環境への配慮が形としてプロジェクトに現れているのがその人気の理由です。完成から20年近くたった今も全くコンセプトの古さを感じさせません。このように環境共生の面が非常に強調されがちなヴィレッジホームズですが、、実際に訪れてみるとそのプランニングの巧みさにも感心させられます。住宅と住宅が絶妙な距離感で配置され、庭に植えられた果樹や家庭菜園が各住戸のプライバシーを程よく保護しています。見えすぎず見えな過ぎず。歩行者自転車専用道を歩いていても隣人の生活感が実に適度に伝わってきて、不思議な安心感を感じることができます。環境との共生を通して住民の間に共通の価値観を芽生えさせ、強いコミュニティの創出を図ろうとしたコルベット氏の意図がプランニングにも実に良く反映されています。ここでは、プロジェクトの概要と共に、完成に至るまでのプロセスを紹介します。
   
 プロジェクトデータファイル
◆プロジェクト名称  ヴィレッジホームズ ◆総戸数  240戸
  Project Name   Village Homes   The number of houses   240Houses
◆所在地  カリフォルニア州デイビス市 ◆開発コスト  230万ドル
  Location   City of Davis, California   Site Development Costs   $2.3million
◆プロジェクト期間  1970年〜1981年 ◆土地取得価格  434,000ドル
  Project Dates   1970-1981   Site Acquisition Costs   $434,000
◆開発種別  環境共生型住宅開発 ◆当初販売価格  31,000-75,000ドル
  Development Type   Residential Development   Sale Price Per Unit   $31,000-$75,000
◆開発面積  68エーカー(27.5ha) ◆ディベロッパー  マイケル&ジュディ・コルベット
  Site Area   68acres(27.5ha)   Developer   Michael&Judy Corbett
◆建設用地面積  32エーカー(13.0ha) ◆設計者  マイケル&ジュディ・コルベット
  Building Area   32acres(13.0ha)   Designer   Michael&Judy Corbett
 
 プロジェクトの特徴
プランニング●
220戸の戸建住宅と20戸のアパートメント、コミュニティ施設、オフィス、レストラン、ダンススタジオ、8つの果樹園、2つの公園、コミュニティガーデン、葡萄畑などからなる。
敷地全体の25%がオープンスペース・レクリエーション施設・農業用地として確保され、そのうち農業用地は12エーカーを占めている。
住宅の大きさは3000平方フィートからコミュニティエリアを共有するクラスター状の600フィートのユニットまであり、またスタイルも多様でいくつかの土に覆われた住居もある。
ラドバーンシステムの導入により自動車と歩行者・自転車の分離が図られている。
車道の幅員を通常の30フィートから20〜25フィートにし、通りの両側に植栽を施したことにより域内の夏期の温度が周辺より3度くらい低く抑えられている。
当初懸念された緊急車両の通り抜けに関しては、通りの両側に30フィートの地役権を設定することで対応した。
クラスター状の8戸の住宅がコミュニティの最小単位として、コミュニティガーデンやプレイエリアとして共同で使われる1/3エーカーのコモンスペースを囲む形で配置されている。
各コモンスペースは歩行者自転車専用道により他のグリーンスペースとリンクされ、地域内全体に歩行者ネットワークを形成している。この歩行者ネットワークはUCデイビスの自転車専用道と結ばれている。
建物はグリーンウェイの十分な幅員確保のために15フィートセットバックしている。
歩行者中心の計画と狭い通りが非常に美しいヨーロッパ的景観を形成し周辺からも人々がしばしば散歩に訪れる。

●コミュニティ●
コモンスペースを囲む8戸の住戸グループで近隣同士の交流が促進されるようデザインされている。グループではほぼ毎週ポットラックパーティが開かれ、強いコミュニティが形成されている。
近隣全体でも秋の収穫パーティなど年中スケジュールされた、あるいは自発的なコミュニティイベントが行われる。
太陽熱暖房を採用したコミュニティセンターはデイケアセンター(託児所)とミーティング施設として使われている
子供には友達ができやすく、コモンスペースで遊ぶ子供達に家の中から多くの視線が向けられるため、子供達にとって安全な環境が作られている。
ヴィレッジホームズの住民は周辺の住民より50%以上近隣住民と顔見知りである。
強いコミュニティの形成とコモンスペースの創出により犯罪発生率はデイビス市の平均のわずか10%である。

●太陽エネルギーの利用●
全ての住宅が太陽を最大限採り込めるよう通りに沿って南北に面して建てられ、開口率60%を超える大きな南向きの窓を有している。
トップライト、換気用の高窓、夏の日除け、断熱材、蓄熱性のある床材、水や空気を媒体とした蓄熱システムの採用などにより冬温かく夏涼しい住居を実現し、ほとんどの住宅はエアコンなしで快適に暮らしている
ほとんどの住宅が屋根の上に太陽熱温水システムを持ち、夏は使用するお湯の100%、冬は50%をカバーしている。
これらのことを実現するため、隣戸の日照を妨げるような建築は固く禁止されている。
ヴィレッジホームズ内の住宅は周辺の住宅より50%エネルギー効率がいい。

●自然排水システム●
車道以外には極力舗装を施さず、地面の勾配をコモンスペースに向かって取ることにより、雨水のほとんどが排水湿地帯に流れ込み地中に浸透する。
雨量の多い時は域外の市の排水管に放流するが、流出する水量は通常の開発に比べ10%程度に抑えられている。
コモンエリアをネットワークする排水湿地帯は地域内の景観にも変化を与え、歩く人の目を楽しませている。

●野菜・果物の栽培●
コモンスペースの菜園、住民が無料で利用することのできる共同菜園では住民により野菜、花、ハーブ等が育てられ、域内で消費される野菜の25%を賄うと共に、余剰生産物は域外でマーケット、レストランに販売され、売上は管理費にあてられている。
敷地内では至る所に果樹や実のなる樹木が植えられ、住民はアーモンド以外の全てを自由に採って食べることができる。アーモンドは機械的に収穫され域外で販売され、管理費の3000ドルを賄っている。
家主はハウスクラスターの間のコモンスペースに芝生、低木、砂場、ファイヤーピット、菜園、果樹園などのランドスケープを施すことができる。

●住民による管理●
ホームオーナーズアソシエイションがグリーンベルトとコミュニティ施設を管理している。
農業委員会が農作物がどのように管理されるべきか決めている。
デザイン検討委員会が新しい建築申請を承認する。

●事業的メリット●
ヴィレッジホームズの住宅の転売はほとんどなく、1991年現在ヴィレッジホームズの住宅はデイビスの他の開発より1平方フィート当たり11ドル高く売られている。

 
Drawn by Hiro Sasaki


敷地内のデイケアセンター


コルベット邸の太陽熱利用の蓄熱システム


修景にも生かされた自然排水システム


住民が無料で利用できる共同菜園

 
 プロジェクトの経緯
Back to the Garden: A Suburban Dream by David S. Jackson/Davis (Time Magazine February 22, 1999)
 
これはTime MagazineのHEROES FOR THE PLANET heroes galleryに掲載されたヴィレッジホームズに関する記事を私が訳した(一部かなりの意訳あり)ものです。つたない訳ですがプロジェクトの概要と経緯を知る上で非常に参考になるので紹介します
と本来なら本文の翻訳を掲載する予定でしたが、TIME.comに掲載の許可をお願いしたところ、著作権の関係で丁重に断られてしまいました。ただ、リンクは大歓迎との返答をいただいたので、興味のある方は下のロゴをクリックしてみてください。どうしても翻訳版をと言う方は、拙訳を個人的に送付しますのでメールして下さい。
 
timelogo.gif (2130 バイト)
メールはこちら
 
ヴィレッジホームズ トライアングルスクエア 住民参加型プロジェクト サステイナブルなまちづくり スマートグロウス
ラス・ベンタナス マンハッタン/ニューヨーク ボストン/マサチューセッツ ザ・クロシングズ
HOME プロフィール まちづくりを
考える
世界の
まちづくり
アーバンデザイン最前線 都市地域計画
最前線
大学院留学虎の巻 まちづくり
アイデアフラッシュ
ベイエリア
ウォッチング
サンフランシスコ
街並紹介
趣味のページ まちづくり広場