メグレ警視の身元調査
Les Enquêtes sur le Commissaire Maigret


メグレの名前に関する記述
Nom de Maigret

メグレの名前はジュール Jules という。もっと正しくは、ジュール=アメデ=フランソワ Jules-Amédée-François となっている。しかしメグレ作品のほとんどでは、わが主人公は苗字の「メグレ」Maigret としか呼ばれない。つまりフルネームや名前だけでの呼び方はまずありえないのである。さらには夫婦間ですらお互いを名前(ファーストネーム)では呼ばないことは、読者の皆さんもすでに周知のことである。そのあたりがメグレのメグレたる所以なのだろう。それならどうしてジュールだとわかったのか?という質問が頭に浮かぶ。その答えが、この項目を作った理由である。ここでは作品群の中で名前が出てきた事例を、作者シムノンの言葉やメグレ夫婦の生活習慣を交えて掲載してみたい。


シムノン全集第1巻
の著者緒言から
Préface de l'auteur
du Tome I d'Œuvres
Complètes de
Georges Simenon
パリのオルフェーヴル河岸にある警視庁の警視正、及び
犯罪捜査局長ジュール=アメデ=フランソワ・メグレとい
う生粋のフランス人が、どうしてオランダの最北端にある
デルフジィルの港で生み出されたか・・・
Pourquoi Jules-Amédée-François Maigret, commis-
saire divisionnaire de la Police judiciaire et chef de
la Brigade criminelle, quai des Orfèvres à Paris,
Français cent pour cent, est-il né dans le port de
Delfzijl, le plus septentrionel des Pays-Bas, ・・・
この部分は作者のメグレ創造秘話と
して貴重な証言である。メグレがフル
ネームで書かれている文章はこれ以
外はまだ見つけていない。
直訳では「生まれた」となるが、メグレ
はフランス中部のサン=フィアクル村
で生まれたことになっているので、こ
こでは「生み出された」とした。
#1 : Letton
怪盗レトン
Chap.19
「ねぇ、メグレ・・・」戻って来た彼女がきいた。
「何だい?」と彼は問い返した。
「この話は激情にかられた犯罪だと思わないかしら?」
- Dis donc, Maigret, - - - fit-elle en revenant.
- Quoi? questionna-t-il.
- Tu crois à cette histoire de crime passionnel, toi?
この第1作からすでに夫人は、メグレ
と呼んでいる。事件のために肋骨を3
本も切除するような大手術を終えて、
自宅に運ばれてきてほっとした一瞬で
ある。
#29: Amoureux
メグレ夫人の恋人
Chap.1
「ねぇ、メグレ、これおかしいと思わないの?」
というのもメグレ夫人はいつも夫を苗字で呼んでいたの
である。
- Tu ne trouves pas ça drôle, toi, Maigret?
Car Madame Maigret avait toujours appelé son mari par
son nom de famille.
ここで舞台となったのは、当時メグレ
夫妻の住んでいたヴォージュ広場であ
る。あやしい行動を毎日繰り返す男に
ついての夫婦のおかしなやり取りが微
笑ましい。
(情報提供:なつこさん, pinokidaさん)
#50: Enfant de
chœur
聖歌隊の少年の
証言 
Chap.2
「いいかいメグレ夫人、あの子は推理小説を読んだこと
がないんだよ。」
おそらく笑いながらあるとき使ったのだろうが、それ以
来彼らは互いに「メグレ」「メグレ夫人」と呼んでいた。
そしてみんなと同じように自分たちに名前があることも
ほとんど忘れるようになったのだ。
- Tu sais, Madame Maigret, il n'a jamais lu de romans
policiers.
Depuis toujours, peut-être parce qu'une fois ils
l'avaient fait en riant, ils s'appelaient Maigret et Mme
Maigret, et ils en étaient presque arrivés à oublier qu'
ils avaient un prénom, comme tout le monde.
この呼び方がメグレ夫妻のあいだで
は最も一般的に使われている。相手
の呼び方は身内であればあるほど微
妙なものである。
#56: 1ère Enquête
メグレの初捜査
Chap.2
「なに考えてるの、ジュール?」
彼女はこの頃はまだ彼をメグレとは呼んでいなかった
が、すでに彼女独特の大切に思う気持、つまり父親に
対して、あるいはもし息子を一人でも持ったときに注ぐ
ような気持をメグレに対していだいていたのである。
- A quoi pense-tu, Jules?
Elle ne l'appelait pas encore Maigret, à cette époque-
là, mais elle avait déjà pour lui cette sorte de respect
qui lui était propre, le même qu'elle avait dû vouer à
son père, le même qu'elle vouerait à son fils, si elle
en avait un.
登場人物としてのメグレの年譜では最
も若い時期の記述である。まだ結婚ほ
やほやでメグレも警視庁ではなく、パ
リ9区の分署勤務となっている。原文
から直訳すると「尊敬の念」となる 単
語 "respect" については、先生から
「大切に思う気持」と訳す方がいいよ
と指導を受けた。


(情報提供:なつこさん, pinokidaさん)
#66:Gangsters
メグレと生死不明
の男
Chap.2
彼は電話の向こう側で交換手が彼の名前の最後に" t "
が少なくとも3つはついているように
「パリ警視庁のメィグレット警視からです」
と英語で取り次ぐのを聞いた。そしてすぐにJ.J.マクドナ
ルド刑事の若く陽気で心のこもった声が聞こえた。
「ハロー、ジュール!」
Il entendait l'opératrice, à l'autre bout du fil, annoncer
en anglais, en prononçant son nom comme s'il avait
au moins trois "t" à la fin :
- La Police Judiciare de Paris, Le commissaire
Maigret à l'appareil.
Puis tout de suite, la voix jeune, joyeuse, cordiale de
J.J.MacDonald :
- Hello Jules!
夫人がジュールと呼ばないなら、あと
名前を呼びそうなのは両親かアメリカ
人しかいないはず、とヤマを賭けた。
そして巴里にやってきたアメリカのギャ
ングたちとの抗争を描いた事件の学
習ノートを繰りながら、この電話での会
話の場面を見つけた。フランス語の発
音上は ai をエと言うし、単語で末尾が
"t"で終わるものはほとんどの場合発
音しないのでMaigretはメグレとなる。
しかし英米人には通用せず、「メィグ
レット」と呼ばれることになる。しかし
この「ハロー、ジュール!」にはどうし
ても抵抗感がある。
#67: Revolver
メグレの拳銃
Chap.1er
アメリカ人には自分の名前の最初の2つを使う習慣があ
って、メグレにもきいてきたのだ。彼のはうまいことにジュ
ール・ジョゼフだった。本当は3番目のがあって、アンテル
ムと言った。
Les Américains, qui ont l'habitude d'user de deux pré-
noms, s'étaient informés des siens. Des deux prénoms,
heureusement : Jules-Joseph. En realité, il y en
avait un troisième : Anthelme.
メグレには別のミドル・ネームがある
という説である。上記のフルネームと
の整合性をあえてこじつけるなら、彼
にはミドルネームが5つか6つあって
(落語みたいだが…)そのうちのいく
つかがここに出たにすぎない、という
ことにすればいいかもしれない。
少なくとも「ジュール」だけは正しいフ
ァーストネームであることが証明され
て安心である。FBIの招待で数週間ア
メリカを訪れたとき、この銃を記念に
もらったもので、メグレの名前がJ.J.
Maigret と刻印されていたのである。
#74 : Sans tête
メグレと首無し死体
Chap.7
「じゃあどうして笑うんだ?」
「笑ってませんよ。微笑んでるんです。」
「からかってるみたいだ。おかしなことがあるのかい?」
「おかしなことはないわよ、ジュール。」
彼女がこうして名前を呼ぶのはまれだったが、それは胸
が詰まったときだけだった。
- Alors pourquoi ris-tu de moi?
- Je ne ris pas. Je souris.
- Avec l'air de te moquer. Qu'ai-je de comique?
- Tu n'es pas comique, Jules.
C'était rare qu'elle l'appelle ainsi, et cela arrivait
seulement quand elle était attendrie.
夫人が名前を呼ぶという非常に珍しい
場面である。捜査がかなり大詰めに
なると、メグレは、それまでの情報を
まとめて最終判断をする直前に黙りこ
くってしまう時間がある。ここでは夕食
に帰ったメグレが、ひと言も発せず黙
々と食事をするのを微笑んで見守る
夫人のあたたかな眼差しがある。
#82 : Assises
重罪裁判所のメグレ
Chap.1
「あなたの苗字、名前、年齢そして職業を述べて・・・」
「メグレ、ジュール、53歳、パリ警視庁刑事局の警視正
です。」
- Votre nom, prénoms, âge et qualité ...
- Maigret, Jules, cinquante-trois ans, commissaire
divisionnaire à la Police Judiciaire de Paris.
数ヶ月前にメグレが担当した殺人事件
がいよいよ裁判にかけられることにな
って、メグレが証言台に立ったところ
である。法廷物ですっかりおなじみに
なった場面、つまり右手を上げて宣誓
をする前に裁判長は本人の確認を行
なう。(メグレの年齢はこの辺から50α
歳で停滞するようだ。)
#89 : Fantôme
メグレと幽霊 
Chap.6
彼は夫人を名前では呼ばなかったし、彼女もまた夫を名
前では呼ばなかった。さらに「あなた」とか「おまえ」とも
言わなかった。何かにつけ互いに二人で一人のように感
じているのだから、そうしたことはどうでもないのだ。
Il ne l'appelait pas par son prénom, ni elle par le sien.
Elle ne lui disait pas chéri et il ne lui disait pas chérie.
A quoi bon, puisqu'ils se sentaient en quelque sorte
une même personne?
これは自分にも心当たりがある、と個
人的な告白をするわけではないが、
一般的に日本の男性は自分の配偶者
をはっきりと呼びにくいのである。だい
たいは「おい」とか、日本語に特有の
「主語なし」で済ませようとする。かた
や夫人から呼ぶ場合も、子供がいる
からこそ「お父さん」「パパ」と気軽に呼
べてそれが一般的だが、メグレ夫妻に
は子供がいないのでそうは行かない
事情があったようである。フランス人の
夫婦間でこれが例外のほうなのかど
うかはまだ確認していない。
#90 : Défend
メグレたてつく
Chap.6
「おかけください・・・先生が予約の患者さんの間に診察
される確証はないんですが、一応カルテを用意しますわ。
お名前は?」
「メグレ・・・ジュール・メグレ」
「お仕事は?」
「公務員です。」
「年齢とお住まいは?」
「52歳。リシャール・ルノワール大通りです。」
- Asseyez-vous ... Je ne garantis pas que le docteur
pourra vous voir entre deux clients, mais je vais a tout
hasard remplir votre fiche. Votre nom?
- Maigret ... Jules Maigret ...
- Profession?
- Fonctionnaire.
- Age, adresse?
- 52 ans ... Boulevard Richard-Lenoir ...
罠を仕掛けられたメグレは歯科医を訪
ね、予約なしでも診察してもらいたい
と無理やり申し入れる。この医者がど
ういう男なのか会ってみる必要があっ
たのだ。カルテを作ってもらい、右の奥
歯の2番目あたりが痛むのでとウソを
つく。この事件は90番目になるが、そ
れでもまだ52歳というのだから、なか
なか歳をとらないメグレがここでも証
明される。

2002.04.06 追加1件
2002.03..11 追加2件
2001.11.22 追加2件
2001.09.05 第1版UP

メグレ警視全邦訳作品目録へ
Liste complète des Œuvres Commissaire Maigret en version japonaise
メグレ警視のパリ
Page principale
捜査員の手帳BBSへ
Cahier des inspecteurs
メグレ警視の全作品目録(1)へ
BIBLIOGRAPHIE (1ère Partie)
メグレ警視の全作品目録(2)へ
BIBLIOGRAPHIE (2e Partie)
メグレ警視の身元調査
Enquête sur le com Maigret
関連リンク&文献情報
Liens & informations littéraires