メールはこちらへmatsudoseinen@yahoo.co.jp
社交ダンスについて

Last update on 2000.10.1


ダンスを始める方法として、いろいろな方法があります。
それぞれメリット・デメリットがありますので、うまく組み合わせてあなたにとって最適な方法を模索してください。

方 法 メ リ ッ ト デ メ リ ッ ト
スクール
(個人レッスン)
最も本格的に始める方法といえます。先生と生徒が1対1で習えますので、 自分のペースで習得することができます。また、姿勢の悪いとこなども細 かく修正してもらうことが可能です。競技会をめざしてペアでレッスンを 受けることもできます。
1レッスン通常25分〜40分前後と短く、3千円〜5千円程度かかるため、 本格的に始めると金額的に負担が大きくなります。
また、最初につく先生によって、その人がどこまで成長できるかが決まる ともいわれていますので良い先生と出会えるかもポイントになります。

スクール
(グループレッスン)

個人レッスンに比較して金銭的には安く押さえることができます。 スクールによって大きく違いますが、1レッスン40分〜1時間で千〜2千円 程度です。

複数の生徒と一緒に習いますので、進み方があわないなどの不満もでてきます。 また、個人レッスンに比較すると、先生に教えてもらえる時間が限られます。
サークル
何よりも、一緒に学べる仲間を得ることができるのが大きなメリットです。 また1ヶ月千〜3千円程度とスクールに比較してかなり安価です。多くの サークルでは講師としてスクールの先生などが来て教えてくれますので、 ある意味でスクールのグループレッスンの様なレッスンを受けられます。

多くのサークルでは、足型を練習するのが主な目的になってしまうため、 正しい姿勢で踊るとか、リードおよびフォローの仕方などまで、なかなか 行き届かないことがあります。わからないとこは積極的に先生あるいは上手な 人に聞くなどのフォローが必要です。
ビデオ 繰り返し見れるのが大きなメリットです。スクールやサークルの補助的に使用 するとか、世界や日本のトップレベルのダンスを見るなどに利用できます。
わからないところが聞けないなど、ビデオだけで習得するのは困難です。また、自分にあったビデオを探すのに苦労することもあります。

本/雑誌 主に足型を覚えたり、パーティーやスクール・サークルなどの情報を得るのが 目的になります。
曲にあわせたリズムがわからないため、本や雑誌だけでダンスを習得するのは現実的にはほとんど不可能です。



|What's New| 社交ダンスについて| 活動内容| 入会案内|
|みんなの掲示板| OB's Room| ダンスリンク|