週刊マーダーケースブック
世界を震撼させた殺人事件の真実

 

全96刊 (各500円でした)ただいま絶版中です。

 どうしてもマーダー・ケースブックを読みたいという方はYAHOOオークション
とかで手に入れてください。運がよければ出品されてることもありますよ^^


タイトルリスト 創刊号 '95/10/3・10

1、2号合併号 シャロン・テート殺人事件

Charles Manson チャールズ・マンソン

カルフォルニアの殺人教祖と彼をとりまく狂信ファミリー


2号 '95/10/3・10

1、2号合併号 パリ留学生人肉食事件

Issei Sagawa 佐川 一政

人肉食への妄想が、なぜ殺人にまでつながったのか?


3号 '95/10/17 シカゴ連続少年殺人事件

John Gacy ジョン・ゲイシー

誠実なビジネスマンを狂気へと衝き動かしたものは何か?


4号 '95/10/24 アメリカ横断女子大生連続殺人

Ted Bundy テッド・バンディ

洗練されたハンサムな仮面の裏に隠された狂気の獣性とは?


5号 '95/10/31 史上最悪52人ロシア連続殺人

Andrei Chikatilo アンドレイ・チカティロ

52人を血祭りに上げた「ロストフの切り裂き魔」の狂気とは?


6号 '95/11/7 カルト宗教集団自殺事件

Jim Jones ジム・ジョーンズ

ガイアナのジャングルで惨劇を起こした偏執教祖の正体とは?


7号 '95/11/14 ヨークシャーの切り裂き魔

Peter Sutcliffe ピーター・サトクリフ

イギリスを恐怖に陥れた現代の切り裂き魔の正体とは?


8号 '95/11/21 死の貴婦人ハイウェイ連続殺人

Aileen Wuornos アイリーン・ウォルノス

女性ではじめての連続殺人犯による、男たちへの復讐劇とは?


9号 '95/11/28 ミルウォーキーの食人鬼

Jeffrey Dahmer ジェフリー・ダーマー

少年17人を絞殺、死体をバラバラにして食べた悪魔の蛮行とは?


10号 '95/12/5 ジョン・レノン狙撃事件

Mark Chapman マーク・チャップマン

スーパースターを殺害した男の屈折したファン心理とは?


11号 '95/12/12 ボストンの絞殺魔

Albert DeSalvo アルバート・デサルボ

平和な街を震え上がらせた殺人マニアの正体と悲劇の結末とは?


12号 '95/12/19 礼儀正しい殺人鬼

John Christie ジョン・クリスティ

すさまじい性欲に支配され、殺人鬼に変身した紳士の素顔とは?


13号 '95/12/26 殺人マシン ブラック・パンサー

Donald Neilson ドナルド・ニールソン

黒装束で郵便局を連続襲撃。誘拐までした男の野望と破綻とは?


14号 '96/1/2・9 硫酸風呂連続殺人事件

John Haigh  ジョン・ヘイグ

完全犯罪を狙い、硫酸風呂で死体を溶かした現代の吸血鬼とは?


15号 '95/1/16 疑惑の遺産相続殺人事件

Jeremy Bamber ジェレミー・バンバー

巨額の遺産目当てに、養父母はじめ家族全員を殺した男の欲望とは?


16号 '96/1/23 愛の逃避行殺人事件

Hawley Crippen ホーリー・クリッペン

秘書と恋に落ち、妻を殺して新大陸へ渡った温厚な医師の素顔とは?


17号 '96/1/30 ケネディ大統領暗殺事件

Lee Harvey Oswald リー・ハーベイ・オズワルド

20世紀最大の謎に迫る!オズワルドは本当に真犯人なのか?


18号 '96/2/6 若すぎた死刑囚

Craig and Bentley クレイグ&ベントリー

偶然のいたずらで死刑台の露と消えた10代の少年の運命とは?


19号 '96/2/13 情欲の犯罪愛に殺された男たち

Ellis,Harris,Thompson

ルース・エリス、ジーン・ハリス、イーディス・トンプソン

愛と嫉妬の激情は人をも殺す。3つの事件にみる女の愛憎心理とは?


20号 '96/2/20 サムの息子ニューヨーク連続殺人

David Berkowitz デイビッド・バコーウィッツ

NYで起きた不気味な連続殺人。動機は「狂気」か?現代の「黒魔術」か?


21号 '96/2/27 ルーカン伯爵謎の失踪事件

Lord Lucan ロード・ルーカン

英国貴族のミステリー殺人。犯人は誰か?伯爵はどこに消えたのか?


22号 '96/3/5 ハノーバーの狼男

Fritz Haarmann フリッツ・ハールマン

若い男ばかりが狙われた。好人物を「狼男」に変える周期的発作とは?


23号 '96/3/12 ロンドン暗黒街双子のゴットファーザー

The Kray Twins クレイ兄弟

どん底から、暗黒街の帝王にのしあがった双子の栄光と挫折とは?


24号 '96/3/19 英国史上最悪孤独な連続殺人鬼

Dennis Nilsen デニス・ニルセン

「一緒にいて欲しかった」。男を次々に絞殺した、孤独な男の妄想とは?


25号 '96/3/26 ヒルサイドの絞殺魔

Bianchi and Buono ビアンキ&ブオーノ

LAでの連続暴行殺人。女性を狙った犯人は本当に多重人格なのか?


26号 '96/4/2 消えた重役夫人

The Hosein Brothers ホセイン兄弟

英国で777年ぶりの起きた誘拐事件。新聞社重役夫人はどこに消えたのか?


27号 '96/4/9 死刑になりたかった男

Gary Gilmore ゲイリー・ギルモア

運命の恋人と出会いながら、殺人を犯し、死刑を望んだ男の宿命とは?


28号 '96/4/16 裁判に殺された男

James Hanratty ジェイムズ・ハンラッティ

十分なアリバイがあった男が死刑台に送られたのはなぜか?


29号 '96/4/23 「神の銀行家」の栄光と謎の死

The Calvi Affair ロベルト・カルビ事件

フリーメーソン、法王庁−−事件の裏に渦巻く権力者たちの陰謀とは?


30号 '96/4/30 リンドバーグ愛児誘拐事件

Bruno Hauptmann ブルーノ・ハウプトマン

愛児を誘拐された英雄と罪を着せられた男の悲劇とは?


31号 '96/5/7 憎しみの殺人者たち

Panzram and Boost パンズラム、ボースト

冷酷で残虐な殺人。それは社会、そして人類への復讐だったのか?


32号 '96/5/14 肉欲と血に飢えた夫婦

Fred &Rose West フレッド&ローズ・ウエスト

20年以上にわたって性の殺人遊戯を繰り広げた、倒錯の夫婦とは?


33号 '96/5/21 死刑をすり抜けた男

Donald Hume ドナルド・ヒューム

殺人を犯しながら、巧妙な嘘をつき通して死刑を逃れた男の悪運とは?


34号 '96/5/28 悪徳執事の優雅な殺人紀行

Roy Fontaine ロイ・フォンティーン

ワイン通、骨董趣味・・・・・・教養にあふれた執事の本当の姿とは?


35号 '96/6/4 マスコミに翻弄されたエリート医師の人生

Samuel Sheppard サム・シェパード

若くハンサムな医師に、ある日突然ふりかかった悲劇とは?


36号 '96/6/11 テムズ川ヌード連続殺人事件

Jack the Stripper 脱がし魔ジャック

現代に甦る切り裂きジャック。犯人はなぜ売春婦ばかり狙ったのか?


37号 '96/6/18 嫉妬に狂う殺人者たち

Broughton,Stoner,Barney ブロートン、ストーナー、バーニー

時代を越え、国境を越えて繰り返される男と女の悲惨な愛憎劇とは?


38号 '96/6/25 狂気の殺人カップル

Martha and Fernandez,The Birnies,Gallego and Charlene

マーサ&フェルナンデス、バーニー夫婦、ギャレゴ&シャーリーン

支配する男、服従する女。すさまじい肉欲が呼ぶ男と女の狂気とは?


39号 '96/6/4 恐怖の目撃者

George Ince ジョージ・インス事件

たった一度の面通しで、目撃者に犯人と断定された男の運命は?


40号 '96/7/9 肉親殺しの女たち

Lizzie Borden,Styllou Christofi,Parker and Hulme

リジー・ボーデン、スティロウ・クリストフィ、パーカー&ヒューム

娘が継母と父を、姑が嫁を、娘が母を・・・悲劇はなぜ繰り返されるのか?


41号 '96/7/16 10代の反逆 理由なき無差別殺人

Charlie Starkweather チャーリー・スタークウェザー

情け容赦ない殺人を続ける若いカップル。彼らの目的は何か?


42号 '96/7/23 伝説の犯罪者 フランス一の大悪党

Jacques Mesirine ジャック・メスリーヌ

大胆不敵な犯行、脱獄。権力を嫌い、警察を出し抜き続けた男とは?


43号 '96/7/30 疑惑の殺人ドクター

Dr.Bodkin Adams ジョン・ボドキン・アダムズ

患者の死で多額の遺産を得た医師。それは安楽死か、計画的殺人か?


44号 '96/8/6 サディストたちの狂宴

Neville Heath,Peter Kurten,Jack Anderson Wilson

ネビル・ヒース、ペーター・キュルテン、ジャック・アンダーソン・ウィルソン

相手に苦痛を与えることに喜びを感じた、悪魔のような男たちとは?


45号 '96/8/13・20 毒殺者たちの陰謀

Florence Maybrick,Frederick Seddon

フローレンス・メイブリック、フレデリック・セドン

身近な毒物で邪魔な人間を消す。毒殺者の神をも恐れぬたくらみとは?


46号 '96/8/27 金髪を狙う強姦魔

Daivid Lashley デイビッド・ラシュリー

70年代のロンドンで、男はなぜ金髪の白人女性ばかりを襲ったのか?


47号 '96/9/03 死を招いた三角関係

Harry Thaw ハリー・ソー

妖艶な女に翻弄された2人の男。彼らを待っていた結末とは?


48号 '96/9/10 伝説の無法者

John Dillinger ジョン・デイリンジャー

銀行強盗で殺人犯の男が庶民のヒーローになったのはなぜか?


49号 '96/9/17 殺人ビジネスの報酬

Joe Peel,Elizabeth Duncan,Childs & MacKenny

ジョウ・ピール、エリザベス・ダンカン、チャイルズ&マッケニー

いつの世にも繰り返される「殺し」のビジネス。殺し屋の素顔とは?


50号 '96/9/24 嫉妬に狂った殺人外科医

Buck Ruxton バク・ラクストン

妻への疑惑に溺れ、妄想を爆発させた優秀な医師の誤算とは?


51号 '96/10/01 「死刑台のメロディ」 アナーキストの悲劇

Sacco & Vanzetti サッコ&バンゼッティ事件

「無実の罪」で処刑された2人のアナーキスト。悲劇はなぜ起こったのか?


52号 '96/10/08 パリの殺人医師 悪魔のバラバラ殺人

Marcel Petiot マルセル・プティオ

第二次大戦下のパリの大量殺人。狂気の医師はペテン師か、愛国者か?


53号 '96/10/15 トランク詰め殺人事件

John Robinson,Tony Mancini,Winnie Judd

ジョン・ロビンソン、トニー・マンシーニ、ウィニー・ジャド

激情に駆られて殺人に走った犯人たちが、トランクに隠したものとは?


54号 '96/10/22 愛と憎しみの保険金殺人

Ruth Snyder & Judd Gray ルース・スナイダー&ジャド・グレイ

「鉄の女」と「言いなり男」。不倫の2人が犯した殺人の結末は?


55号 '96/10/29 フェティシズム連続殺人

William Heirens ウィリアム・ヘイレンス

女性の下着に魅せられ、住居侵入を繰り返す男は二重人格だったのか?


56号 '96/11/05 暴走する狂気 リンチ殺人の真実

Leo Frank レオ・フランク事件

北部出身の裕福な白人を血祭りに上げた、南部の群衆の狂気とは?


57号 '96/11/12 愛欲まみれの毒殺者たち

Herbert Armstrong,Harold Greenwood,Arthur Waite

ハーバート・アームストロング、ハロルド・グリーンウッド、アーサー・ウェイト

不倫に走ったあげく、殺人まで犯したエリートたちが求めたものとは?


58号 '96/11/19 「浴槽の花嫁」殺人事件

George Joseph Smith ジョージ・ジョウゼフ・スミス

無神経で強欲で冷酷な男−−女たちを意のままに操った男の魔力とは?


59号 '96/11/26 悪魔のナイト・ストーカー 戦慄の無差別殺人

Richard Ramirez リチャード・ラミレス

80年代のロスを恐怖に陥れた、ドラッグとロックに酔う快楽殺人者とは?


60号 '96/12/03 大量殺人鬼 真夏の暴走

Richard Speck,Charles Whitman

リチャード・スペック、チャールズ・ホイットマン

1966年夏、猛暑のアメリカで連続して起こった大量殺人の背景とは?


61号 '96/12/10 地獄のフリーウェイ・キラー 人間狩りドライブ

Randy Kraft ランディ・クラフト

ハイウェイ沿いに転がる若い男性の死体。血に飢えた殺人鬼の正体とは?


62号 '96/12/17 愛に飢えた殺人鬼 ヒッチハイカー連続殺人事件

Ed Kemper エド・ケンパー

遺体切断、カニバリズム、米犯罪史上最も話題を呼んだ殺人鬼とは?


63号 '96/12/25 「産児農場」のサディスト 捕らわれた性の奴隷たち

Gary Heidnik ゲイリー・ヘイドニック

ホラー映画さながらの想像を絶する不気味な地下の「産児農場」とは?


64号 '97/01/07 キャンディマンの少年狩り 仮面の下の連続殺人鬼

Dean Corll ディーン・コール

相次ぐ少年達の失踪。背後にうごめく血に飢えた殺人犯の影とは?


65号 '97/01/14 峡谷の殺人鬼 早すぎた仮釈放

Arthur Shawcross アーサー・ショークロス

罪を償って出所してきたはずの男が、なぜ再び連続殺人に駆られたのか?


66号 '97/01/21 血のいけにえ殺人事件 天の声に命令された犯罪者たち

Herbert Mullin,Patrick Mackay ハーバート・マリン、パトリック・マッケイ

天からの啓示か、悪魔の脅迫か。殺人を繰り返す彼らの意外な動機とは?


67号 '97/01/28 殺人マシン 恐怖の流血ドライブ

Paul John Knowles,Harvey Carignan

ポール・ジョン・ノウルズ、ハービ・キャリニャン

殺人を繰り返しながら何千キロもの道程を走破した彼らの生い立ちとは?


68号 '97/02/04 実録・アルカトラズ脱獄計画

Bernie Coy バーニー・コイ

難攻不落のアルカトラズ刑務所に挑んだ命知らずの脱獄囚6人の運命は?


69号 '97/02/12 恐るべき子どもたち

Mary Bell,Steven Truscott メアリー・ベル、スティーブン・ストラスコット

殺人容疑で起訴されたのは、なんと11歳の少女と14歳の少年であった?


70号 '97/02/18 英国最大の誤審事件

Cooper,MacMahon,Murphy クーパー、マクマホン、マーフィー

あいまいな共犯証人と疑惑の警察官が作り上げた裁判のシナリオとは・・・?


71号 '97/02/25 狂気の無差別殺人犯

Pobert Poulin,Julian Knight and Marc Lepine

ロバート・プーリン/ジュリアン・ナイト/マルク・ルピン

平和な日常を血の海に変えた3人の若者たち。彼らを殺戮にかりたてたものは?


72号 '97/03/04 プレインフィールドの屠殺人

Edward Gein エドワード・ゲイン

『サイコ』のモデルとなった殺人鬼の素顔は?


73号 '97/03/11 毒薬への情熱

Graham Young グレアム・ヤング

少年の毒薬に対する異常な興味は、死のゲームへと変わっていった。


74号 '97/03/18 銃弾に散った恋

Bonnie and Clyde ボニーとクライド

若く、向こう見ずなカップル。出口のない恋に生命を賭けた男女の末路は?


75号 '97/03/25 黒こげ死体の真相 生き返った男たち

ROUSE,HEALEY,AND TETZNER ラウズ、ヒーリー、テッツナー

愛人、夫婦仲、保険金。偽装自殺を謀った3人の男の事情とは?


76号 '97/04/01 マフィアの帝王

Lucky Luciano ラッキー・ルチアーノ

殺人と麻薬でニューヨークの夜に君臨した男とは?


77号 '97/04/08 遺伝子が教える真犯人

Colin Pitchfork,Ian Simms and Timothy Spencer

コリン・ピッチフォーク/イアン・シムズ/ティモシー・スペンサー

DNA鑑定という科学捜査の網にかかった殺人者たち


78号 '97/04/15 エリート学生の歪んだ欲望

Leopold and Loeb レオポルドとローブ

ニーチェ思想にかぶれた学生が狙った完全犯罪


79号 '97/04/22 現代の「青ひげ」

Henri Desire Landru アンリ・デジレ・ランドリュー

何十人もの女性を誘惑し、「青ひげ」のおとぎ話のように殺した。


80号 '97/04/29 家庭内殺人の悲劇

Dale Cavaness and Marie Hilley デイル・キャバネス/マリー・ヒリー

息子2人を殺害した医師。そして、夫を毒殺した女。

彼らの肉親殺しの背景にあるものは?


81号 '97/05/06 暗殺の瞬間 標的になった政治家たち

James Earl Ray and Carl Weiss ジェームス・アール・レイ/カール・ワイス

公民権運動指導者のマーチン・ルーサー・キング牧師、ルイジアナ州知事のヒューイ・ロングを暗殺した犯人にはそれぞれ背後関係があったのだろうか?


82号 '97/05/13 名声の代償

Willam Desmond Taylor,Thelma Todd

ウィリアム・デズモンド・テイラー/テルマ・トッド

映画の都ハリウッドを代表する監督とアイドルが死んだ。

きらびやかな世界の裏でうごめく欲望と嫉妬を解明する。


83号 '97/05/20 同性愛カップル無理心中

Kenneth Halliwell ケネス・ハリウェル

時代の寵児ともてはやされた若い劇作家の倒錯した性と残酷な死。


84号 '97/05/27 新聞少年殺人事件

The 'Bridgewater Four' ブリッジウォーター殺しの4人

獄中から無実を叫ぶ男たちの声は法廷に届くのか?


85号 '97/06/03 グラスゴーの連続殺人鬼

Peter Manuel ピーター・マニュエル

注目を浴びたかった男は、殺人を犯し、法廷で自ら弁護士を演じたが・・・


86号 '97/06/10 一家毒殺 愛におぼれた未亡人

GRACE DUFF グレース・ダフ

この美しい女性が本当に自分の家族に砒素を飲ませたのだろうか?


87号 '97/06/17 ハリウッド 死の偽装工作

Paul Bern ポール・バーン

殺人か自殺か? 有名女優を妻に持つ映画プロデューサーの謎の死


88号 '97/06/24 カポネの殺人録

Al Capone アル・カポネ

400人を殺して禁酒法時代のシカゴを支配したマフィアの王者とは?


89号 '97/07/01 殺人への執念

Henry Lee Lucas and the Zodiac Killer

ヘンリー・リー・ルーカス/殺人鬼ゾディアック

全米犯罪史上最悪!? 血に飢えたサイコパスの連続殺人事件とは?


90号 '97/07/08 理由なき快楽殺人

David Spence,Greg Kinghten デービッド・スペンス/グレッグ・ナイテン

酒と麻薬におぼれたティーンエージャーの凶行とは?


91号 '97/07/15 権力との対決 反逆する殺人者たち

The Foster Gang,Gordon Kahl フォスターギャング/ゴードン・カール

被害者意識が高じて国家をあざける凶悪犯になり果てた男たち


92号 '97/07/22 「袋詰め死体」 殺人事件

Donald,Manton ドナルド/マントン

ごく普通の人物が激情に駆られて起こした殺人。

犯行後、彼らは実に無慈悲なやり方で証拠隠滅を図った。


93号 '97/07/29 死のSMゲーム クリケット審判員怪死事件

Peter Plumrey-Walker ピーター・プラムレイ・ウォーカー

逸脱した性の世界に入り浸る男に起きた出来事とは何か?


94号 '97/08/05 死体なき殺人事件

Ball,Onufrejczyk,Camb ボール/オヌフレイチク/キャム

死体を始末して完全犯罪をもくろんだ男たち。その結末は?


95号 '97/08/12・19 危険な関係 倒錯と情欲の殺人

Joe Pikul,Lee Orsini ジョー・パイカル/リー・オーシニ

富豪の男と情欲の女が犯す上流階級殺人事件


96号 '97/08/26 マーダー・ケースブック総索引号


 

戻る