−豊かな人生のための四つの法則−

ビル・ブライト 著


自然の世界にいろいろな法則があるように、神と人との間にも次のような法則があります。


神は、あなたを愛しておられ、あなたの人生にすばらしい計画をお持ちです。

神の愛

「神は、実に、そのひとり子〔キリスト〕をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子〔キリスト〕を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」 (ヨハネの福音書3:16)

神の計画

キリストは、「わたしが来たのは、羊〔あなた〕がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」と言われました。
(充実した意義深い人生)
(ヨハネの福音書10:10)

それなのに・・・・・・・・・
なぜ、人々はこの豊かな人生を自分のものにしていないのでしょうか?


人は罪を犯して、神から離れてしまったので、神の愛と計画とを知ることも、体験することもできないのです。

人には罪があります。

「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができない。」 (ローマ人への手紙3:23)

人は本来、神と交わりのできるものとして創造されましたが、神の命令にそむいて、自分勝手な道を進みました。それで、神との交わりが断たれたのです。意識的な反抗とか、消極的な無関心などにあらわれるこの自己中心が聖書のいう罪です。

人は、神から断絶されています。

「罪から来る報酬は死(神との交わりの断絶)です。」 (ローマ人への手紙6:23)


この図は、聖い神と罪ある人間との関係を描いたものです。越すことのできないギャップが両者をへだてています。矢印は、聖い神や豊かな人生を求め続ける人間の努力−善行・哲学・宗教等−を表わしています。

次の第3法則は、このギャップを橋わたしする唯一の道について説明しています。・・・・・・・・・


イエス・キリストだけが、人の罪を解決するお方です。あなたもイエス・キリストによつて、神の愛と計画とを知り体験することができます。

キリストは私たちの身代わりとして死なれました。

「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」 (ローマ人への手紙5:8)

キリストは復活されました。

「キリストは・・・・・・私たちの罪のために死なれ・・・・・・また、葬られ・・・・・・三日目によみがえられ・…・・ケパに現われ、それから十二弟子に現われ・…・・その後、五百人以上の人々(兄弟たち)に同時に現われました。」(コリント人への手紙第一15:3〜6)

キリストだけが神への道です。


キリストは、「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」と言われました。 (ヨハネの福音書14:6)

神と人とをへだてているこのギャップに橋わたしをするために、神が何をしてくださったかを説明しているのがこの図です。御子イエス・キリストが、私たちひとりひとりの罪の罰を身代りとなって受け、十字架の死によって、つぐないをなしとげてくださったのです。

以上の3つの法則を知るだけでは充分ではありません。


私たちは、イエス・キリストを罪からの救い主、主として受け入れる必要があります。その時、神の愛と計画とを知り体験することかできます。

私たちは、キリストを受け入れなければなりません。
「この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」 (ヨハネの福音書1:12)

私たちは信仰によってキリストを受け入れます。

「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことでなく、神からの賜物(プレゼント)です。行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。」(エベソ人への手紙2:8〜9)

私たちがキリストを受け入れる時、新しい誕生を体験します。 (ヨハネの福音書3:1〜8参照)

私たちは、個人的な招きによってキリストを受け入れます。

(キリスト)「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」(黙示録3:20)

キリストを受け入れるとは、自己から神に方向転換し(悔改め)、キリストが私たちの心の内に入ってくださり罪をことごとく赦し神が望まれるような人間に内側からつくりかえてくださることを信じることです。
キリストが神の子であり、私たちの罪のために十字架にかかって死んでくださったということを知的に認めるだけでは充分ではありません。また、感情的体験をしたとしても不充分です。自分の意志で、信仰によってキリストを受け入れるのです。

次の図は二つの人生を表わしています。

    自己中心の生活

    キリストを受け入れた生活

我=自我が心の王座を占めている。
†=キリストは心の外にいる。
†=キリストが心の中心にいる
我=自我はキリストに導かれている。
生活の関心事は自我によって方向づけられ、その結果、調和を欠いたり、欲求不満に陥ったりします。 生活の関心事はキリストによって方向づけられその結果、神の計画と調和するようになります。

この二つのうち、あなたの今の生活を最もよく表わしているのはどちらでしょうか?
もし選ぶなら、あなたの人生としてどちらをお望みになりますか?

キリストを受け入れるには次のようにします。


あなたも今、信じて祈ることによって、キリストを受け入れることができます。 (祈りは、神に話すことです。)

神は、あなたの心を知っておられるので、あなたがどんなことばで祈るかよりも、どういう心で求めているかを見ておられるのです。次のように祈ることによって、あなたも今、キリストを受け入れることができます。

「主イエス様、私はあなたを必要としています。私の罪のために十字架で死んでくださったことを感謝します。今、あなたを私の罪からの救い主、主としてお迎えいたします。私のすべての罪を赦し、永遠のいのちを与えてくださり感謝します。私の心の王座で、私の人生を導いてください。あなたが望んでおられるような者に変えてください。アーメン。」

これは、あなたの心の願いを表わしているでしょうか?
もしそうでしたら、今、祈りましょう。キリストは約束されたように、あなたの心に入ってくださいます。

キリストが心の内に来られたことをどのように知るのでしょうか?

あなたは、キリストを心に受け入れましたか。黙示録3:20の約束によれば、キリストは今どこにいらっしゃいますか。キリストは、あなたの心の内に来てくださると言われました。キリストは誤ってあなたを導くようなお方でしょうか?どんな権威にもとづいて神があなたの祈りを聞いてくださったと知るのでしょうか?
(神ご自身と神のことばは信頼できるからです。)

キリストを受け入れた人々に、聖書は永遠のいのちを約束しています。

「そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。御子を持つ者はいのちを持っており、御子を持たない者はいのちを持っていません。私が神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは、あなたがたが永遠のいのちを持っていることを、あなたがたによくわからせるためです。」(ヨハネの手紙第一5:11〜13)

キリストがあなたの心にいてくださること、そして、キリストは、決してあなたをお捨てにならないことを神に感謝しましょう。(ヘブル人の手紙13:5)。
キリストをあなたの心にお迎えした瞬間から、キリストはあなたの心の内に住んで〈ださり、あなたに永遠のいのちが与えられました。神が約束してくださったのです。そして、神は決してあなたを裏切りません。大切な次のことも心に留めてください。


感情に頼ってはいけません。

私たちのよりどころは、自分の感情ではなく、神の約束のことば(聖書)です。クリスチャンは神ご自身と神のことばとは信頼に価するものであるという信仰(信頼)によって生きるのです。下の汽車の図は、事実〔神と神のことば〕と信仰〔神と神のことばへの信頼〕と、感情〔信頼と従順の結果〕との関係を表わすものです。


客車なしでも汽車は走ります。しかし、客車で汽車を引っぱることはできません。これと同様に、クリスチャンは感情、または気分に頼って生活するのではなく、神ご自身と神のことばの約束は信頼に価するものであると信仰(信頼)して生きるのです。

キリストを受け入れたあなたは、今・・・・・・ 自分の意志で、信仰によってキリストを受け入れた瞬間に、下記のことを含め多くのことが起りました。

1.キリストがあなたの心に入って来られました。(黙示録3:20、コロサイ人への手紙1:27)
2. あなたのすべての罪がゆるされました。(コロサイ人への手紙2:13)
3.あなたは神の子どもとされました。(ヨハネの福音書1:12)
4.あなたに永遠のいのちが与えられました。(ヨハネの福音書5:24)
5.神があなたのために、創造された大いなる冒険の生涯に入りました。
(ヨハネの福音書10:10、コリント人への手紙(5:17、テサロニケの手紙5:18)

キリストを受け入れることが、どんなにすばらしいか、おわかりいただけたでしょうか?この、神があなたにしてくださったことに感謝して今、お祈りしませんか?
感謝することによって、あなたは神に対する自分の信仰を表明することになるのです。

新しく始まった人生を存分に、充実して生きるためには・・・・・・


クリスチャンの成長のために。

霊的成長は、キリストを信頼するところから始まります。
「義人は、信仰によって生きる。」(ガラテヤ人への手紙3:11)

信仰によって生きる生き方は、生活の細部に至るまで神を信頼するようになり、以下のことを喜んで行なうものです。

1.毎日祈りにより神と交わること。(ヨハネの福音書15:7)
2.神のみことばを毎日読むこと。(使徒の働き17:11)−ヨハネの福音書から始める。
3.瞬間瞬間、神に従うこと。(ヨハネの福音書14:21)
4.生活とことばでキリストを他の人にも紹介すること。(伝道)
(マタイの福音書4:19)(ヨハネの福音書15:8)
5.生活の細かい点に至るまで神を信頼すること。(ペテロの手紙第一5:7)
6.日々の生活と伝道が聖霊によって導かれ、力づけられること。
(ガラテヤ人への手紙5:16、17;使徒の働き1:8)


健全な教会における交わり。

神のみことばは、私たちに「いつしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合う」ように勧めています。(ヘブル人への手紙10:25)例えば、薪は何本も一緒にしておけばよく燃えますが、一本だけでおけば、すぐ消えてしまいます。他のクリスチャンたちとの関係でも同じことが言えます。

もし今、教会に行っておられないなら、神のみことばが説かれ、キリストが重んじられている近くの教会に出かけ、牧師をお訪ねください。今週から始めましょう。そして、定期的に出席するようにしましょう。

この大切な発見をあなたの友にも・・・・・・


クリスチャン成長のために特別な資料があります。

この小冊子に盛りこまれている福音にふれて、個人的にキリストを知るようになった方のために、あなたの成長をお助けする小冊子があります。
どうぞお申し込みください。特別の聖書研究シリーズやその他クリスチャンの成長をお助けする資料があります。下記へご連絡ください。

日本キャンパス・クルセード・フォー・クライスト
〒359 埼玉県所沢市小手指町1-42-23 並木ビル2F
   TEL: 0429-26-0868
   FAX: 0429-26-0895


* キャンパス・クルセード・フォー・クライストは1951年、米国カリフォルニア州UCLAでビル・ブライト博士夫妻によって始められた、国際的なクリスチャンの団体です。今日、世界150ヶ国で16000名以上のスタッフ及びボランティアが活動しています。

* この資料の版権は、日本キャンパス・クルセードにあり、全体、部分を問わず、許可なく複製することを禁じます。

あなたのアクセスは  番目です。(97.2.5より)

このホームページに関するお問い合わせは、cskim@geocities.co.jpまで。