【くちを】〜【くひや】

−−−−−−−くち(を)−−−−−−−
・口を開かす
(くちをあかす) 相手にものを言わせる。他の人に喋らせる。 用例:
無名抄「くちあかすべくもなく難ぜられければ」 用例の出典:無名抄(むみょうしょう) 鎌倉初期の歌学書。2巻。鴨長明著。建暦元年(1211)頃成立。和歌の風体や表現、詠歌の心得、歌人の逸話や思い出などを記した、80段ばかりから成る随筆風の書。無名秘抄、長明和歌物語とも。
・口を合わせる
(くちをあわせる) 1.相手の話に調子を合わせる。 類:●話を合わせる 2.言うことが違わないように予め話を一致させておく。言葉を示し合わす。 類:●口裏を合わせる
・口を掛ける
(くちをかける) 1.前もって先方に事を通じておく。予め申し入れておく。 類:●渡りを付ける 2.芸娼妓などを席に呼び出す。
・口を藉る
(くちをかる) 口実を作る。託(かこつ)ける。藉口(しゃこう)する。 類:●口に敷く
・口を箝す
(くちをかんす) 1.口を噤(つぐ)んで喋らない。 類:●
口を噤む 2.口を塞ぐ。言いたいうことがあっても言えないようにする。
・口を利く
(くちをきく) 1.物を言う。話をする。 例:「生意気な口を利く」 2.巧みに言う。口が達者である。大言壮語する。3.人々の間で重んぜられる。 類:●幅が利く 4.関係が巧くいくよう取り持つ。第三者が話をする。調停する。仲立ちをする。
・口を切る
(くちをきる) 1.まだ開いていない樽や瓶や箱などの蓋や詮を開ける。2.話をし始める。多くの人たちの中で最初に発言する。 類:●口火を切る 3.遊女などと前もって遊興の約束をしておく。江戸深川の遊里で言った。4.馬を歩かせ始めるために、手綱を緩(ゆる)める。
・口を極める
(くちをきわめる) ありったけの言葉を尽くす。あらゆる言い方で述べる。 例:「口を極めて賞める」
・口を消す
(くちをけす) 1.他言させないようにする。2.前にした証言を取り消す。
・愚痴を零す(ぐちをこぼす) 言っても益のないことを言う。
・口を過ごす
(くちをすごす) 1.暮らしを立ててゆく。生活する。 類:●口を過ぎる 2.余計なことをいう。 類:●言い過ごす●口が過ぎる
・口を酸っぱくする(くちをすっぱくする) 同じことを何度も繰り返して言う。嫌になるほど何回も同じ事を言う。 類:●口を酸(す)くする
・口を滑らす
(くちをすべらす) うっかりして、言ってはならないことを言ってしまう。
・口を窄める
(くちをすぼめる)[=つぼめる] 遜(へりくだ)った物言いをする。言い訳やお世辞を言う。
・口を添える
(くちをそえる) 1.ちょっとひと口飲む。付け差しをする場合などにいう。 
参考:付け差し 飲みさしの杯をそのまま相手に与えること。親愛の気持を表すものとされ、特に、遊里などで遊女が情の深さを示すしぐさとされた。 2.人の言うことなどに、端(はた)から助成の言葉を足して取り成す。 類:●口添えをする
・口を揃える
(くちをそろえる) 1.二人以上の人が同時に同じことを言う。異口同音に言う。2.示し合わせて同じことを言う。 類:●
口を合わせる
・口を出す(くちをだす) 他人のすることに対して、あれこれ言う。 類:●嘴を容れる
・口を垂る
(くちをたる) 卑下した物言いをする。下手(したて)に出て言う。 類:●言葉を垂れる
・口を衝いて出る
(くちをついてでる) 次から次へと自然に言葉が出てくる。
・口を噤む
(くちをつぐむ) 口を閉めて開かない。黙る。 類:●口を閉ざす
・口を尖らす
(くちをとがらす)[=尖らせる] 唇を前に突きだして尖らせる。怒ったり、言い争ったりするときなどの口付き。また、不平不満を表わす顔付き。
・口を拭う
(くちをぬぐう)[=拭(ふ)く] 盗み食いをした後、口を拭いて素知らぬ顔をするということ。何か悪いことや拙(まず)いことをしておきながら、していない振りをする。また、知っていながら知らない振りをする。
・口を濡らす(くちをぬらす) 1.少しばかり飲み食いする。口の中を潤(うるお)す。2.
口を糊す
・口を糊す
(くちをのりす)[=餬(こ)す] 1.「糊す」は粥(かゆ)を啜(すす)ること。ぎりぎりの暮らしの喩え。貧しい生活を送ること。2.食客や居候になる。
・口を挟む
(くちをはさむ)[=入れる] 人が話しているところに横から何かを言う。
・口を塞ぐ
(くちをふさぐ) 物を言わせないようにする。悪事や秘密などを喋らせないようにする。金品を与えて喋ることを封じる。
・口を守ること瓶の如くす
(くちをまもることかめのごとくす) 口(言葉)は慎(つつし)むべきであるという戒め。一度覆(くつがえ)れば元に戻らない瓶の水に喩えた。
・口を毟る
(くちをむしる) 誘いを掛けて尋ねる。問い落とそうとする。 類:●鎌を掛ける
・口を寄す
(くちをよす) 巫女(みこ)が霊魂を招いて自分に乗り移らせ、その口から思いを述べさせる。 類:●口寄せをする
・口を割る
(くちをわる) 自白する。
−−−−−−−くつ−−−−−−−
・履新しいといえども冠となさず
(くつあたらしいといえどもかんむりとなさず)[=首に加えず] 上下貴賤の身分階級を守り、その分を越えてはならないということの喩え。 類:●冠(かんむり)古けれど沓(くつ)に履かず 出典:「史記−轅固生伝」
・屈指
(くっし) 1.指を曲げること。指を折って数えること。2.多数の中で、特に指を折って数え上げる価値があるほど優れていること。 類:●指折り 例:「県内屈指の資産家」
・食って掛かる 
食い付くような勢いで相手に挑み掛かる。激しい口調や態度で相手に立ち向かう。 類:●噛み付く
・靴脱ぎ石
(くつぬぎいし) 玄関や縁側などの上がり口に、履き物を脱いでおくため、また、昇降し易いように置いた石。 類:●靴脱ぎ
・苦爪楽髪
(くづめらくがみ) 苦労がある時は爪の伸びが早く、楽をしている時は髪の伸びが早いということ。 類:●楽髪苦爪
・轡を並べる(くつわをならべる)[=揃(そろ)える] 轡を嵌めた馬が首を並べて一緒に進むということで、二人以上の者が一緒に物事を行なうこと。
・轡を嵌める
(くつわをはめる) 馬の口に轡を嵌める。転じて、金品を贈って、口止めする。
・履を取る
(くつをとる) よく世話をし面倒を見る。後見する。
・履を隔てて痒きを掻く
(くつをへだててかゆきをかく)[=跟(あなうら)を(か)く] 物事が思うようにならず、もどかしがる。 類:●隔靴掻痒(かっかそうよう)
−−−−−−−くと−−−−−−−
・狗盗
(くとう) 犬のように物を盗むということで、こそ泥のこと。 類:●小盗人●草賊
−−−−−−−くに−−−−−−−
・愚に返る
(ぐにかえる) 年を取ったり、分別を失ったりして、愚かになる。馬鹿になる。
・苦肉の策(くにくのさく)[=計(けい)・謀(はかりごと) 敵を欺(あざむ)く手段として、我が身を苦痛に陥(おとしい)れてまで行なう謀(はかりごと)。一般に、苦し紛れに取る策のこと。 用例:雑俳・柳多留−初「ゆび切るも実は苦肉のはかりごと」
・苦にする
(くにする) 酷く気にして思い悩む。 例:「病気を苦にしての自殺」
・国に杖突く(くににつえつく) 昔、中国では、七〇歳になると国中どこでも杖を突くことを許されたということから、七〇歳になること。また、七〇歳であること。 出典:「礼記−王制」 「五十杖於家、六十杖於郷、七十杖於国、八十杖於朝」
・苦になる
(くになる) 心配の種(たね)になる。気掛かりの元になる。 例:「貧乏など苦にならない」
・国に二君なし
(くにににくんなし)[=二人の君あらず] 一つの国に統治者としての君主が二人あってはならない。
・国に盗人家に鼠
(くににぬすびといえにねずみ) 物事には、大小の差こそあるが、必ずそれを害するものがその中に潜んでいる。内部の賊というものはどこにもいるということ。 出典:「徒然草−九七段」
・愚にもつかぬ
(ぐにもつかぬ)[=ない] 馬鹿馬鹿しくて、話にならない。問題にならない。 例:「愚にもつかぬことを言う」
国破れて山河あり(くにやぶれてさんがあり)
・苦に病む
(くにやむ) 酷(ひど)く気にして苦しみ悩む。苦にする。 類:●苦を病む 例:「些細(ささい)なことを苦に役病む」
−−−−−−−くね−−−−−−−
・九年面壁
(くねんめんぺき) 物事を根気よく続けること。 類:●面壁九年 
故事:禅宗の始祖、達磨(だるま)が嵩山(すうざん)の少林寺で壁に向かって九年間、終日坐禅し続けた。
−−−−−−−くの−−−−−−−
・愚の骨頂
(ぐのこっちょう) この上なく愚かなこと。最も馬鹿げたこと。
−−−−−−−くは−−−−−−−
・苦杯を嘗める(くはいをなめる) 苦しく辛い経験をする。苦い経験をする。 類:●塩を踏む辛酸を舐める
・苦は楽の種(くはらくのたね) 苦労はやがて幸福に通ずる元となる。  類:●苦あれば楽あり●楽あれば苦あり
−−−−−−−くひ(か〜や)−−−−−−−
・首が繋がる
(くびがつながる) 免職や解雇を免(まぬが)れる。 例:「どうにか首が繋がっている状態」
・首が飛ぶ(くびがとぶ) 1.
首を切られる。殺される。2.免職になる。解雇される。
・首が回らない
(くびがまわらない) 
借金などのため、どうしても遣り繰りが付かない。
・頚木を争う(くびきをあらそう) お互いに張り合って勝負する。張り合って譲(ゆず)ろうとしない。
・踝を返す(くびすをかえす・きびすを〜) 後戻りすること。引き返すこと。 類:●きびすを返す
・踝を接す
(くびすをせっす・きびすを〜) 隙間なく並んだり続いたりしている。 類:●きびすを接す
・踝を回らさず
(くびすをめぐらさず・きびすを〜) 踵(かかと)を廻らすほどの時間もないという意味で、僅(わず)かな時間内に急いで事を運ぶこと。 類:●踵返らず 出典:「史記
・首っ丈(くびったけ) 首の丈まで深く嵌(は)まるという意味で、ある気持ちに強く支配されること。特に、異性にすっかり惚れこんでしまう様子。 類:●首丈(くびだけ) 用例:洒・多佳余宇辞「帰りてへは、首ったけだが」 
★「くびだけ(首丈)」の変化<国語大辞典(小)>
・首っ引き
(くびっぴき) 1.二人が向き合い、輪にしたひもを両者の首に掛け渡して互いに引き合う遊戯。首引き。2.ずっと、ある一つの物と対して、それを放さないでいること。 類:●首引き 例:「辞書と首っぴきで原書を読む」 用例:伎・
四天王楓江戸粧−二番目「酒と首っ引き」 用例の出典:四天王楓江戸粧(してんのうもみじのえどぐま) 烏亭焉馬(うていえんば)。鶴屋南北と合作。文化元年(1804)。平将門の残党を退治する源頼光の話。蜘蛛の魂が五体に分け入り、秘力を得た辰夜叉御前と悪公家の左大臣高明と源頼光、四天王が争いを繰り広げるとともに、相馬太郎良門兄妹と小女郎狐が「小狐丸」を巡って争う。 人物:鶴屋南北(つるやなんぼく) 江戸後期の歌舞伎作者。四世。江戸の人。1755〜1829。俗に大南北(おおなんぼく)。はじめ初世桜田治助、のち金井三笑に学ぶ。享和3年(1803)立作者となり、文化8年(1811)四世南北を襲名。江戸劇壇の代表的作者となり、生世話(きぜわ)を創始。「東海道四谷怪談」「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」などがある。
・首に撞木杖突かさる(くびにしゅもくづえつかさる) 撞木杖は、獄門台の柱を見たてたもの。首を獄門台に乗せられること。
・首になる
(くびになる) 1.解雇される。罷免される。解雇される。除名される。 類:●リストラされる 2.斬首される。打ち首になる。 用例:浄・長町女腹切−中「たとへ首になるとても、もう取りかへしのならぬこと」
・首に縄を付ける(くびになわをつける) 無理矢理に連れて行くこと。
・首根っこを押さえる(くびねっこをおさえる) 首筋を取り押えて動けないようにする。転じて、相手の弱点や急所を押えて有無を言わせないようにする。 類:●有無を言わせず否応なしに
・首の皮一枚(くびのかわいちまい) ほんの少しのところで、まだ繋(つな)がっていること。可能性が、ごく僅(わず)かだが、残っている様子。
・首の座に直る(くびのざになおる) 1.「首の座」は、打ち首になるときに座らされる場所のこと。首の座に座って、打ち首の刑を受ける。2.決裁を受けるために、相当の覚悟をして、その場に臨む。特に、辞職や解雇の覚悟をして、会議などに臨むこと。
・九百九十九匹の鼻欠け猿満足な一匹の猿を笑う(くひゃくくじゅうくひきのはなかけざるまんぞくないっぴきをわらう) 醜悪または無知な大多数の者が、ごく僅(わず)かな正しい人を謗(そし)ること。また、欠点を持つ仲間が多くいると、その欠点に気が付かないものだということ。 
法話:「今昔物語−五・二三」 天竺(てんじく)舎衛国(しゃえこく)の大木に千匹の猿がいて、九百九十九匹の鼻欠けの猿が、五体満足な一匹の猿を嘲(あざけ)り笑った。

<次頁>―・―<HOME>