【くひを】〜【くも】

−−−−−−−くひ(を)−−−−−−−
・首を集める
(くびをあつめる) 額を付き合わせるようにして相談する。 類:●鳩首する
・首を掻く(くびをかく) 1.首を掻き切る。2.指先で頭を掻くということで、心に決め兼ねたり、失敗したりして困っている様子。また、過ちをして恥じている様子。 類:●頭を掻く 用例:
朝野群載−二二「事畢之後。掻首无益」用例の出典:朝野群載(ちょうやぐんさい) 院政期の詩文集。30巻。三善為康編。永久4年(1116)成立。のちに増補。平安中・後期の詩、文章、各種古文書などを集成、部類したもの。巻10など9巻分は散逸。
・首を懸く
(くびをかく) 斬罪に処した首を獄門台などに曝(さら)す。曝(さら)し首にする。
・首を賭ける
(くびをかける) 失敗すれば地位や命を失うという覚悟で、事の成就に努める。命を賭(と)して事に当たる。
・首を傾げる
(くびをかしげる) 不思議に思ったり、疑わしく思ったりするときの動作。
・首を刻む
(くびをきざむ) 刻印を押す。そうであるという印を刻み付ける。そうであることを標榜する。 用例:
曾我物語−五「男とくびをきざまるる程の者が」 用例の出典:曾我物語(そがものがたり) 軍記物語。仮名本は12巻、真名本は10巻。作者は伊豆・箱根関係の唱導師か。鎌倉中期から南北朝時代にかけて成立か。曾我兄弟の敵討ちに関して発端から後日談に至るまでの伝承を故事などを交(まじ)えて語る。「曾我物」といわれるジャンルのもとになる作品。
・首を切る
(くびをきる) 1.解雇する。2.打ち首にする。斬首する。馘(くびき)る。
・首を括る(くびをくくる) 自分が、死ぬ目的で紐や縄などを首に巻いて締める。首吊り自殺をする。 類:●縊死(いし)する
・首を挿げ替える
(くびをすげかえる) 上に立つ人、要職にある人を更迭(こうてつ)する。
・首を縦に振る
(くびをたてにふる) 承知する。認める。肯定する。
・首を継ぐ(くびをつぐ) 首を切る筈の罪を許す。
・首を突っ込む
(くびをつっこむ) 関心、興味をもち、その事に関係する。また、深入りする。例:「政治に首を突っ込む」
・首を繋ぐ
(くびをつなぐ) 1.首を切るべきところを許す。2.免職、解雇すべきところを許す。また、免職、解雇を免れる。
・首を長くする
(くびをながくする)[=伸ばす] 望み、期待が早く実現して欲しいと思いながら待つ。 類:●待ち焦がれる●鶴首する
・首を捩る
(くびをねじる) 首を横に曲げる。承知しかねる意思表示。
・首を延ぶ
(くびをのぶ) 1.首を差し伸べる。命を相手の処置に任せる気持ちを表わす動作。 用例:保元−下「頸を延て降参せん」 2.待ち遠しい。=
首を長くする
・首を延べ踵を挙ぐ
(くびをのべかかとをあぐ) 首を伸ばし、爪先立って待ち望む。酷く待ち焦がれる。
・首を刎ねる
(くびをはねる) 刀で首を切り落とす。斬首(ざんしゅ)する。
・首を捻る(くびをひねる) 首を横に曲げる。1.疑問、不満、不賛成などで考え込む。 類:●首を横に振る 2.感動を確かめる。
・首を振る
 1.(左右に)不賛成や不満の気持ちを表わす。 類:●
首を横に振る首を捻じる 2.(上下に)賛成の気持ちを表わす。頷(うなず)く。 類:●首を縦に振る
・首を回す
 無理算段をして、なんとか都合を付ける。 類:●遣り繰り算段
・首を横に振る 
承知しない。承服しない。否定する。 類:●
首を捻る
−−−−−−−くふ−−−−−−−
・工夫に落つ 考え付く。会得する。 類:●思案に落つ 用例:浮・
武道伝来記−五「弥工夫(クフウ)に堕(ヲチ)ず、終夜是を思案するに」 用例の出典:武道伝来記(ぶどうでんらいき) 江戸前期の浮世草子。8巻。井原西鶴。副題、「諸国敵討」。貞享4年(1687)刊。敵討の様々なケースを描きながら、武家の行為と心情のありようを探った32章から成る短編小説集。
・工夫を凝らす
(くふうをこらす) あれこれと、思いを巡らす。色々工夫してみる。
−−−−−−−くも−−−−−−−
・雲霧とみなす
(くもきりともなす)[=なる] 死んで火葬され、煙となる。 類:●雲霞(くもかすみ)となる●雲霧に紛(まぎ)る
・苦もなく 
苦労することなく。簡単に。容易(たやす)く。 類:●造作ない 例:「難問を苦もなく解いてしまった」
・雲に梯
(くものかけはし) とても叶えられないような高い望み。特に、恋愛について使うことが多い。
・雲に汁
(くもにしる) 雲に雨気を帯びるということで、雨乞(あまご)いをすると、雲に雨気が生ずるところから、望みが叶う前兆が見えること。また、事の成り行きが段々と巧く運ぶこと。
・雲に飛ぶ薬
(くもにとぶくすり) それを飲むと雲にまでも飛ぶことができるという仙人の霊薬。 出典:「
列仙全伝−二」 出典:列仙全伝(れっせんぜんでん) 明代の王世貞。・・・詳細調査中。
・雲に臥す
(くもにふす)[=起き臥す] 雲を夜具とするような奥深く高い山中で生活すること。
・雲の上人
(くものうえびと) 宮中に勤仕する人で昇殿を許された者。 類:●殿上人(てんじょうびと)●雲客(うんかく) ★狭義には、清涼殿の殿上(てんじょう)の間(ま)に昇ることを許された五位以上の貴族。<国語大辞典(小)>
・雲の裏
(くものうら) 雲の裏側。人の目が届かないところや遠く離れたところ。
・雲の返しの風[=嵐]
 雨雲を吹き返す風。多くは、西北の風をいう。
・雲の垣
(くものかき) 雲が立ち込めて風景を遮(さえぎ)り隠すこと。垣根に見立てて言った言葉。また、美しい垣根のこと。
・雲の梯
(くものかけはし) 1.雲が棚引いている様子を梯に見立てて言った言葉。2.深い谷などの高い所に架け渡した橋。3.宮中を雲の上に喩えて、宮中の階段。4.中国の戦国時代に、城を攻める時に用いた長い梯子。 類:●雲梯(うんてい)
・雲の通路
(くものかよいじ) 天空の雲の行き通う道。 用例:古今−八七二「あまつかぜ雲のかよひぢ吹きとぢよ」
・雲の如し
(くものごとし) 人や物が多く集まることの喩え。
・雲の衣(くものころも・きぬ) 雲を衣に見立てて言った言葉。また、天女などが着ているという衣服。
蜘蛛の子を散らす
(くものこをちらす)
・雲の
t(くものとざし) 立ち込めた雲がtの役目をしていること。雲に覆われた家。 参考:t[=鎖](とざし) 門戸を差し固める用具。
・雲の帳
(くものとばり) 1.雲を帳に喩えていった言葉。2.「禁中(=天子の御所)」を「雲の上」と言ったところから、禁中の帳。禁中の御帳(みちょう)。
・雲の旗手
(くものはたて・はだて) 1.雲の果て。空の遥かな果て。 用例:古今−四八四「ゆふぐれは雲のはたてに物ぞ思ふあまつそらなる人をこふとて」 2.「はたて」の「はた」を旗と解して、雲のたなびく様子を旗が靡(なび)くのに見立てて言った言葉。旗のように風に靡いている雲。 
★(「旗手」は当て字)<国語大辞典(小)>
・雲の黛
(くものまゆずみ) 雲が棚引いているように美しく引いた眉(まゆ)。
・雲の峰
(くものみね) 夏、山の峰のように聳(そび)え立っている積雲。入道雲。
・雲の都
(こものみやこ) 1.雲の中にあるという想像上の都。2.神仙が住むという都、蓬莱山のこと。
・雲は竜に従い、風は虎に従う
(くもはりゅうにしたがいかぜはとらにしたがう) 竜は雲を従えることによって勢いを増し、虎は風を従えることによって速さと威を増す。物事はそれぞれ相似たものが一緒になったり、一緒になろうとして、巧くいくものだ。 出典:「易経−幹卦」 「同声相応、同気相求〈略〉雲従竜風従虎〈略〉各従其類也」
・雲無心にして岫を出ず
(くもむしんにしてしゅうをいず) 「岫」は山の洞穴。自然に従い、何物にも束縛されず、悠々と心静かに生活すること。 出典:陶淵明帰去来辞」 「雲無心以出岫、鳥倦飛而知還」の訓読。
・雲行きが怪しい(くもゆきがあやしい) 1.天候が崩れそうである。2.形勢や情勢が穏やかでない。荒れそうだ。
・雲を上げる
(くもをあげる) 雲が空に広がる。雨雲(あまぐも)がやって来る。
・雲を当て
(くもをあて)[=当所(あてど)・印(しるし) 到底当てになりようのないことを、当てにすること。
・雲を霞
(くもをかすみ) 一目散に走って姿を隠すこと。 類:●雲霞
・雲を焦がす(くもをこがす) 物が勢いよく燃えて、炎が盛んに立ち昇っている様子。
・雲を凌ぐ(くもをしのぐ) 雲を眼の下に見るほど高く聳(そび)えている。
・雲を掴むよう
(くもをつかむよう) 漠然としていて捉(とら)えどころがない様子。 例:「雲を掴むような話」
・雲を衝く
(くもをつく) 非情に背丈が高い。 用例:浮・世間胸算用−三「雲をつくやうな食(めし)たきが」
・雲を遏む
(くもをとどむ) 流れる雲を止めるほど、音曲や歌う声が優れている。
・雲を踏む
(くもをふむ) 1.雲を下に見るところ、つまり高山を歩く。2.宮中を「雲の上」というところから、宮中で生活をすること。
・愚問愚答
(ぐもんぐとう) 愚かな問い掛けと、それに輪を掛けたような馬鹿げた答えという意味から、何の役にも立たない問答のこと。

<次頁>―・―<HOME>