NTTも関西電力もだいっきらい

■2002/06/17 (月) 引っ越し完了
 引っ越しをしていました。本番は昨日の16日でした。しんどかったです。マンションから一戸建 てに引っ越ししたのですが(買ったわけじゃないですよ)反省点としては段ボール55個(?)の引っ越しは個人でやるのは無理!ってこと です。段ボール以外もあるので(本棚やらなんやら)引っ越し業界経験者の人のお手伝いがなかったらどうなっていたことか…。お手伝いし ていただいた方、ありがとうございました。 この引っ越しでNTTの電話回線を引くのをやめてしまいました。回線の権利は持っているのですが、諸々の事情とお金計算の末「携帯ある からいーか」って思いまして中止しました。その件を今回は書きましょう。
 事の発端は、ネットで電話工事の依頼を行ったときのことです。電話番号もとって、工事依頼の予約も取って「これでおっけー」って思っていました。私は某プロバイダーでADSLも入っていたので、ネットで住所変更以来をしてついでにADSLの変更依頼も行っていました(手数 料3000円ですって)そんなときにNTTから電話がかかってきました。工事を行うにあたって立ち会いが必要だとのことです。いままで何度か 引っ越しをしていましたが、マンションだったので局内工事で済んでいました。
「え?立ち会いなんかいるんですか?」と私が聞くと、担当の方が
「ええ、一戸建ての場合はいるんですよ。時間は平日の9時〜5時までです」
「あのー、仕事しているんで立ち会いで来ませんよ。たとえば6時以降とか、土日なんかにはやってくんないんですか?」
「いえ、できません(きっぱり)」
別に担当の方の言い方が悪かったということはないのですが、その役人仕事のような対応にプチッっと来てしまいまして
「じゃあ、いいです。電話いりません」
「えっ?電話いらないってどういうことですか?」
「だって電話工事の為に会社を休むなんてできませんし、そちらがこちらにあわせられないのであれば、電話工事できませんよね。電気やガ スは土日でもやってくれるのに電話ごときに貴重な休みを取られたくないですから。だいいち、電話回線なんかADSLで使うだけで、通話なん かでは使いませんし、だったら関西電力の光ファイバーいれます」
っということで、電話をやめて関西電力の光ファイバーインターネットを申し込みしました。
■2002/06/20 (木) あーいそがしい
 ということで、家ではPHSですごく使いにくい毎日です。しかもつなぎ放題じゃないし…。これもすべて某国営電話会社(あえて)のせい
です。けど、後悔はしていません。だって理論値100MBなんですもん。2ヶ月も待たされますがそのあとには幸せな日々がまっていること
でしょう。もうすこししたらネット電話にも電話番号がつくようですしそしたらあの某国営電話会社もおしまいです。
 その経緯はお話しましたが、決め手になったのは
1、電話を使わない
  月の通話料は200円くらいです。じゃあなんで使っているかというとADSL用の電話回線として使っています。殆どかけないのでマイラ
インなんかも完全無視です。
2、基本使用料が高い。しかもADSLのお金も払わなあかん
  200円の為に月に基本使用料約3000円を払っています。ADSLも月3300円くらいですので大体6000円〜7000円を払って
いることになります。それなら月6000円で100MBを使う方が効率的ですよね。
3、対応がむかついた
おまえら一般企業じゃねーだろって感じです。
まあ、光ファイバーも使ってみないとわかりませんが大変楽しみです。ファイナルファンタジーやりたいなーって気分です。
■2002/06/21 (金) 公共料金って
 電話代のことを考えていると、今度は携帯電話のことを考えずにはいられません。というのも、今のPBG4を買った時に調子にのってカード 型のPHSも買ってしまいました。いまは、つなぎ放題のコースがありますが当時はバケット代1200円込みの基本料3000円のコースし かなかったのでそれにしました。が、月のPHS代が16000円位になるとなんじゃそりゃって感じです。携帯も月10000円を楽々超え ると月の通信費にいったいいくらつかってんねんと思うことしばしです。当時、携帯が15000円、PHSが16000円、家の電話が33 00円、プロバイダー関係で3000円かかっていましたから合計すると月37300円になります。給料手取りの2割近くってどうよって おもいませんか?そのなかで、基本料金みたいに定額でかかるものが携帯が5000円、PHSが1800円、家のネット環境で6000円で す。結局固定費が高すぎるのが問題です。このあたりを一本化してシンプルにしたかったのでまず電話をやめました。こんどは携帯とPHSの 考え方の見直しをおこないたいと思っています。
 某国営放送の料金というものも考えものですよね。公共の電波に金をとろうっていうのがなんにせよむかつきます。私は払いませんが、引 っ越しをすると必ずあらわれますよね。集金の人が、どうやって目星をつけるのかわかりませんが私のところにはまだ来ていません。かって に電波を垂れ流しておいて見ようが見まいが関係無しに徴集するって、なんかこう書いていると「某国営放送って悪いことしてるなー」って 感じしません?ケーブルテレビに入っている人は衛星放送代を強制徴集だっていう話を聞きました。PPVなら話はわかりますが調子にのんな っていいたいです。ある人が「みんなが強制的に払うのなら自分も払うけど、払ってたり払ってなかったりする人がいると、絶対に払いたく ないって思う」と言ってました。日本人らしい真実だな−とおもいます。
■2002/09/11 (水) 関西電力おまえもか1

 だいぶ前にNTTとけんかして固定電話を止めたという話をした事があります。一戸建てだと配線設定工事をせんなならんとかおっしゃっ て、その工事は平日の9時〜5時じゃなきゃだめとかいうサラリーマンにとってひどい話でした。このお役所仕事が!って感じなんですが、 その対応策としてほとんど使わない固定電話をやめてしまって携帯だけにしました。これ自体は最初嫌がるかなーとも思ったのでしたが、ほ ぼオッケーでした。宅急便やさんなどは不在時に家の前から電話をかけてくれるのですれ違う事なくコミュニケーションがとれるのでよかっ たなーなんて思っています。それはそれで成功であったという認識をしています。
で、代わりに関西電力の光ファイバーにしようと思って申込みをしたらばってん「2ヶ月かかりますー」っていわれて「三秒で配線引いてこ い」ともいえず、ADSLのときもそれくらいかかったので「しょーがないかー、じゃーまーとりあえず2ヶ月待つかー」とか思っていたの が6月1?日。引越しとほぼ同じ日でした。
 それから2ヶ月たった8月末に「光ファイバーの敷設にきましたー」といって「家の前まで」配線をしに来てくれました。もう一度いいますと、家の前までです。決して家の中にではありません。それがお盆明け頃だったような気がします。それから約1ヶ月いまだに音沙汰もありません。なんかキーワードを入れると工事の進展具合がわかるとか言うのがあるので見ても「各種申請中」が出るだけです。っていうかこんなの進展状況といえるかボケ!進展っていうのは例えば、どの書類がどういう理由でどこに行ってていつ頃申請のオッケーがでるかっていうことだ!そんな子供だましで納得する奴がいるか!それは納得したんじゃなくてあきらめたんだ!
 関西電力様も工事の遅れについて心を痛められているようで2ヶ月を越えるような場合は1ヶ月分無料っていうはっきりいって意味のないサ
ービスをしています。なめてんのかおまえら。
というわけで、先日k-opticom(関西電力のネット関連会社ね)に電話しました。担当は島でんさん(仮名)でした。

「あのー、いったいいつになったらはいるんですかー?」
「ちょっとお待ち下さい。」
……暗証番号等を確認して……
「光ファイバーが関西電力以外の電柱を通るためにそれの申請を現在しているところです」
「なんでそういう連絡が私のところに入ってこないんですか?いつになったらはいるんですかー?」

■2002/09/11 (水) 関西電力おまえもか2
「2ヶ月以上遅れて3ヶ月も越えそうだというのに、事情説明一つないんですか?」
「いえ、大変申し訳ありません(汗っ)工事の方に確認してご連絡差し上げます」
「いやいや、だからなんで今までないんですか?私が電話しなけりゃそのままだったんですか?」
「いえ、大変申し訳ありません…」
って感じで話が進んでまいりました。立場的にあたりまえですがこちらになんにも非がないので言いたい放題です。っていうか当たり前でしょう。ペーパーバック屋さんのように仕事しないんだから(PB屋の納期って通常1ヶ月くらいなんです。今時印刷でそんなかかるかい!)普通の会社で納期が2ヶ月かかるといわれたのが3ヶ月以上かかるって考えられます?これって個人だからってなめてるとしか思えません。昔2ヶ月以上かかったADSLが今では10日間くらいで開通します。これもみんなが不満を言ったからで、それは光ファイバーにもあてはまるんでしょう。「どうせ、ネットのヘビーユーザーだからまたしとけや」っていうのが見え見えじゃないですか。私は知りませんがISDNの時もそんなんやったやろなって思ってしまいます。各種届け出等あるのでしょうがそれはこっちは知った事ではありません。2ヶ月は納得しましたが3ヶ月とは聞いてませんので。「仏の顔も3ヶ月まで」って感じです。
というわけで
「2ヶ月以上だと1ヶ月無料ってことは3ヶ月越えたら当然2ヶ月無料ですよね」
「いや、そういうことはしていないんですけど…」
「なんでですか、そっちの責任で遅れているんでしょ、当然遅れた分だけペナルティを受けるべきでしょう」
「いえ、ですけれどもそのような事はおこなってませんし」
「じゃあ、そのあいだのPHS代を払って下さい」
「そのようなこともやっておりませんので…」
「あなたたちが2ヶ月でできるっていうから固定電話もやめてるんだから、遅れたらそのペナルティをうけるのは当然の事でしょう?」
「……」
そのあと延々と会話は続くのですがめんどくさいのでやめます。結局個人に対しての顧客満足であるとか、最低限の情報提供などはする気もないというのが関西電力の考えなんだというのがよく分かりました。東京電力も一緒なんですが聞かないと答えない。聞いても答えない。個人をなめんのもたいがいにせーよって思いません?で、今日あたり電話が来て「今週末にいけます!」とかいったりしたらもっとムカツク。
■2002/09/12 (木) おかげさまをもちまして?
っていうか、開通かい!
おととい関西電力はk-opticomの島でんさんとお打ち合わせをさせていただいたところ、昨日の1時過ぎに工事会社の方からお電話いただきました。
「誠に遅くなりまして申し訳ありません、各所との調整や配線チェックが済みまして明日以降で宅内工事を行える事になりました」
「そうですか、ところでなんで急に開通したんですか?」
「いえ、それはメインからの配線チェック等を行っておりまして、それが不完全ですとなんたらかんたら…」
「で、なんで私が電話したら明日つながるようになったんですか?」
「いえ、それは…」
「正直、電話をかけたからいきなり明日になったんでしょう?圧力かけたのは認めますよ。けど書類やら申請やらの関係で遅れているという説明をされたのに、いきなり書類が通ったりするんですか?」
「それは…」
「私が電話したらいきなり開通するってことは、私が言わなかったらもとずるずるのばされていたってことですよね、そっちの怠慢で工事がのびていたってことですよね」
「…」
「いや、別にあなたに怒っているわけではないですよ、あなたは関連の下請けの会社さんでしょ」
「そうですが…」
「そんなあなたに言ってもしょうがないんですけど、関西電力さんの考えっていうのがよく分かりましたので、とりあえず土曜日に工事に来て下さい」
「土曜日ですか?いえ、ちょっと確認してお電話させていただきます」
「じゃーよろしく」
というわけで、土曜日に開通する事になりました。ほんとにひどい会社ですよね。これで、「すみませんが、来週くらいに開通します」とかいわれたら、まだ、怒りながらも「まだ、書類が通ってないのかな?」とか思うのですが、いきなし明日とかいわれたら、どう考えてもできるのにやらなかったってことがばればれでしょう。ほんとに、電話しなかったらどうなっていたことやら。
関西電力は「いくら遅れても1ヶ月分無料でいいんだからこんなのほっとけや」って思っていたに違いありません。こんな奴等に生活基盤たる電力事業をまかせていいのでしょうか?いわれないと(指摘されないと)やらない(調査しない)っていうのはホント東京電力の件とおんなじですよね。しかもおととい電話した時
「あなたじゃ話にならないから上を呼んで下さい」っていったら
「上に話しても同じです」
とかいうような会社ですから、情報が上に伝わるわけがありません。あーまたむかついてきた。

半村良目録  日記バックナンバー