ァンタジー小説インフェーブ

こんにちは。このページでは、僕の小説を発表しています。
まだまだ文章を書くのは下手ですが、頑張ります。


悪しき作家とは、読者に理解できない自己の内部での文脈を考慮に入れながら書く連中である。
byカミュ



インフェーブ



第一章

1 草原から
まだ始まり

2 永遠の緑炎
永遠の友として

3 ディル山に向けて
出発の寂しさ

4 戦闘法師
世界のひずみ

5 祠の少女
渦への入り口

6 甲殻生物
インフェーブの力

7 黄金の出会い
無限の定義

8 無限の連鎖
比類なき感性

9 瞑想の暗黒
知識神の復活

10 雨中の剣士
硬質な獣と

11 鬼の予言
獣狩りの途中

12 試練の胎動
火山洞の入り口で

13 脆弱の祝福
舞い降りる神鳥

14 火口の巨人
巨人の戦闘能力

15 瞥見の後
繋がる思念の波

16 特別な存在
途切れた仲間の心

17 都にて再開
雨季は過ぎ去り……

18 鬼の王
魔人が蘇るとき

19 賢者の石の謎
訓練が始まる

20 魔人降臨
揺らぐ未来の希望

21 ロームの樹
琥珀の中の人々

22 デュ・ムドの死闘
上空を震わせる

23 決戦
もっとも強い力……




第二章

1 積層都市
海底の緑炎

2 船団国家
街に向けて

3 琥珀の中の男
選ばれた時




リンク





管理人: 鳥かご 鳩(・∀・)




バナーです