今週の作品は以前も投稿のあったオオムラダンスさんの作品をもとにつくりました。







ワールドカップ、終わっていまいましたね。盛り上がりましたね。

日本中がワールドカップ一色でした。

世界一盛り上がるサッカーの大会と言うことで、

街には世界からやってきたサポーターで溢れすさまじい盛り上がりでした。



かくいうわたしも盛り上がっていました。



ワールドカップに参加するため世界から訪れる人の

受け入れ態勢も日本中の人が参加して行われました。



ホームステイ先の確保、会場近くのホテルの建設、何カ国語にも対応できる

インフォメーションセンターの設置等々。





そんな中、日本代表が決勝リーグ進出を決めた

長居スタジアムのある大阪市も多くの外国人を受け入れるべく

無料の宿泊施設を新たに建設しました(約300人収容を2箇所)。

しかも「野外で大型テレビでのサッカー観戦を」というサービス付き。







しかし、







お役人のやることではよくあることで

大阪市も例外なく「広報が足りない」という失敗をやってくれました。

お陰で合計600人受け入れられる施設にやってきたのは・・・











英国からのお客様、マンデーさん













一人のみ。


















せっかく設置した野外での観戦場所は

















picture

ご覧の通り。











・・・









切なーっ!!!






どうですよ。みなさん。

イギリスから12,13時間もかけてこの遙か遠い日本にやってきて



満点の星空の下、



たった一人でサッカー観戦。










picture














切なすぎる・・・








もしこの写真がメディアで大々的に流れていたら、

同胞をこんな目に遭わせた日本人を

フーリガン達は決して許さなかったであろう。




「ヨクモ、マンデーヲヒトリボッチニシタナ!!」


「アノテレビハヒトリデハデカスギルヨ!!」


「ダカライギリスブラジルニマケタヨ!!」


黙ってはいなかったであろう。


日本のあちこちで宿が取れない、あるいは泊まる金がない外国人がいただろうに、

600人収容できる施設に一人しか招待できなかった大阪市。

マンデーさん、どうか日本を嫌いにならないで下さい。

国に帰ってからイギリス在住の日本人をいじめないで下さい。

マンデーさんの心の傷が治ることを祈って・・・






←前へ