デルジャービン、ガヴリーラ・ロマーノヴィチ
1743-1816

Derzhavin, Gavrila Romanovich
Державин, Гаврила Романович

デルジャービン肖像 詩人。

カザンの貧しい遺族の家に生れ、10年代の末から近衛連隊に一兵卒として勤務し、10年後に仕官に任官した。やがて文官に転じ元老院の下級官吏の地位にあったとき、女帝エカテリーナ2世を賛美した頌詩「フェリーツァによせて」(1782)が認められて一躍抜擢され、以後は県知事、女帝秘書官、元老院議員、司法大臣などを歴任した。晩年はノブゴロド郊外の領地ズワンカ村に隠棲するようになった。

詩作をはじめたのは30歳ごろで、初期の作品はロモノーソフばりの古典主義的色彩の濃いものであった。古典主義の荘重さと軽妙な諷刺の要素を結合させた独特の華麗なスタイルが確立するのは、「メシチェルシキー公の死をいたみて」(1779)や上述の「フェリーツァによせて」、「神」(1784)、「イズマイル占領によせて」(1791)、「高官」(1794)などの頌詩においてである。
上記の最後の三つの作品は海軍士官ゴロブ二ンによって日本に文化年間(1804-18)に紹介され、馬場佐十郎によって部分的にであるが漢詩風に翻訳された。

1790年代以後は抒情詩的な作品が多くなり、「アナクレオン風歌謡集」(1804)に収められた作品には、古代ギリシアの詩人への深い傾倒がみられる。また「正餐への招待」(1795)、「ズワンカ村の生活」(1807)では田園生活が豊かな感性をもって、きわめてリアルに描かれている。デルジャービンは最晩年に戯曲にも筆を染めた。


e-mail:svetilnikru@mail.ru