ドブロリューボフ、ニコラーイ・アレクサンドロヴィチ
1836-1861

Dobrolyubov, Nikolai Aleksandrovich
Добролюбов, Николай Александрович

ドブロリューボフ肖像 ロシアの文芸批評家。

エンゲルスによりロシアの社会主義的レッシングと評された。司祭の家に生まれ、ペテルブルグの高等師範学校に学ぶ。ベリンスキーに深く影響をうけた。チェルヌイシェフスキーの指導する《ソヴレーメンニク》(同時代人)誌に在学中から筆をとり、卒業後は彼にかわって同誌の批評部門の編集を担当するが、貧困と過労から結核におかされて、25歳の若さで世を去った。

彼の短い生涯をつらぬくものは勤労大衆の運命への強い関心であた。人間への抑圧と搾取は後進ロシアと先進ヨーロッパを問わず彼の容認しえないところであり、勤労人民が自らの力でそうした体制を変革せねばならぬと信じた(「モスクワからライプチヒまで」1859、「ロシア平民の性格づけのための諸特徴」1860)。そこから、専制・農奴制の否定、資本主義の回避、農民革命による農村共同体を基盤としての社会主義の確立のプログラムが形づくられる。文芸批評の領域では新たな“国民性”なる価値基準を導入、国民大衆の生活・関心・要求のリアリスティックにして共感的な表現による解放闘争へ寄与をもって文学の課題となした(「ロシア文学の発達への国民性の参与の度合い」1858、「闇の王国の一条の光」1860)。

他方、文学作品を素材とする現実の諸現象の解析をもって批評の任務となし、これを“現実的批評”と名付けた(「今日という日はいつくるか」1860)。「オブローモフ主義とはなにか」(1859)、「闇の王国」(1859)などはこの“現実的批評”のみごとな実例である。


e-mail:svetilnikru@mail.ru