アクメイズム
akmeizm

1910年代、ロシア革命の前夜に、当時のブルジョア文化の危機的状況のなかに生まれたロシア詩のモダニズム的傾向をいう。主として〈詩人組合(ツェフ・ポエートフ)〉のグループの詩人たち、グミリョーフ、ゴロデツキー、アフマートワマンデリシタム、クズミンM.A.Kuzmin、ゼンケビチM.A.Zenkevich、ナルブトV.I.Narbut、サドフスキーB.A.Sadovskiiらが詩誌《アポロン》(1909-17)を牙域にその主張を展開した。アクメイズムの名称はギリシア語の“アクメ(最高頂)”からきており、アクメイズムに詩人たちは象徴主義の美学に反発して、神秘的な彼岸への探究をやめ、可視的な現実を重視し、具象的な言語で物事を正確に表現しようとした。しかし、そこには社会性が欠如しており、革命後のソ連ではデカダンスの一派として排斥され、文学運動としては消滅した。個々の詩人はその優れた資質ゆえに、ソビエト時代になっても詩人として活躍した。“雪どけ”後、再評価の動きがあらわれた。